Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 変わりつつある音楽制作ビジネスの「形」 | トップページ | 新曲"So Happy Dream"のPV(プロモーションビデオ)撮影 »

2012年11月22日 (木)

タワーレコード渋谷新装オープン前日に行ってきました

本日業界仲間に誘われてタワーレコード渋谷の新装オープン(実際のオープンは明日の23日)に行ってきました。

最近レコード店に行かなくなった人が多い中でどのような店つくりで魅力的なレコード店にしようとしているのか、見てみました。実は私自身もタワーレコード渋谷に行くのはすごい久しぶりです。何年行ってないかなあ。

店内の売り場にはほぼ1メートルおきのタブレットによる音楽試聴機が据えられております(場所によってはタブレットでないところもあります)

Tower5

今でこそ当たり前に試聴機がありますが、つい10年前これを置くだけでレコード会社はもう反発、反対したんですね。ちょっとでも新しいことをやると過剰反応する、そんな体質がいろんな意味でレコードショップの発展も阻害してきました。

ついでに先日の記事で紹介したスマートフォンのアプリ CoverARt Playerが定着すればこれだけ多くの試聴機を置かなくてもいいとは思いますが、まだそれは時間かかるでしょうね。

かつては上の階にあったカフェが二階に移りました。なかなかいい感じのカフェで落ち着きます。すぐ横に洋書や音楽やアート関係の書籍売り場もあります

Tower2

今日はプレスや業界関係の人対象の入場でしたが、カフェでは食事や飲み物が出されました。
なかなか食事もおいしいのでカフェを二階にしたのは正解かもしれません。やすらぎのひと時を過ごせます

イベントスペース、かつては地下一階にありましたが地下一階最上階の8階の2つになりました。

地下一階のイベントスペース ライブハウスですが内装がきれいになりました。

Tower4

Tower0

DJブースもあります。

そして最上階の八階

Tower3

121122_151401

これ以外に各フロアには小さなライブスペースがあり、常時インストアライブが各フロアでできるようになっています。

音楽好きな人がいつでも行って楽しくなるように作られていると思います。

ちなみにタワーの各フロアは以下のようになっています。

地下1F  イベントスペース Cut up Studio

1F         ニューリリースやおすすめCD

2F    タワーカフェー  洋書

3F        J-pop  インデイース アニメ

4F        Hip-Hop  Soul  Club系 World music etc

5F   Rock(洋楽) Blues Oldies

6F   Jazz 、Soundtrack Easy Listening

7F   Classic  New age

8F   イベントスペース Spce Hachikai

品揃いもいい感じだと思います。心なしかCDもありましたがDVD(ミュージックビデオ)の売り場のスペースが大きく増えたのも時代を感じました。勿論映画のスペースもあります。

やはり配信全盛といっても長編映画丸々一本ダウンロードするのは大変ですからね。メデイアパッケージ不要論を唱える人たちで長編映画二時間分ダウンロードした経験のある人ってどれだけいるんでしょうか?(たぶんそんなにいないと思いますが)

いずれにせよ配信全盛の時代とはいえ、全館で音楽を楽しめる空間にはしていると思います。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。