Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 記事「作曲家とレコード会社が骨肉の争いを繰り広げ…」について | トップページ | 音楽業界と映像業界 »

2012年11月14日 (水)

InterBee2012(プロオーデイオ)

仕事が一段落したのと、一応毎年行っていることもあって恒例の国際放送機器展(Inter Bee)に行ってきました。

121114_141001


家から幕張までどうがんばっても二時間近くドアtoドアでかかってしまうのと、今年は私が期待した立体音響関係の会社が都合により出展を見合わせた、というのもあり、行こうかどうか迷っていたんですが、まあ貴重な情報を得られれば、というのがあり結局行くことにいたしました。

私の場合は職業柄、プロオーデイオの分野に限られます。映像機器関係の記述はありませんのであしからず

かつてプロオーデイオで中心的な存在だったSSLことSolid State Logic レコーデイングスタジオではpro toolsに主役を奪われてしまいましたが、まだ放送局用コンソールとして健在のようです。

Ssl_interbee2012

それでもいくつか面白いのだけピックアップしますと

Avidのブース、昨年はサンミューズのと二つに分かれていたのですが今年はなぜか共同でブースで出展しています。共同ブースにしても昨年より小規模になったように見えるのは私だけでしょうか?

121114_135201

サンミューズとの共同ブースということもあってか、pro toolsのいくつかいいプラグインの話を聞きました。特にUnveilというリバーブの残響音を取るプラグイン、なかなか良かったです。折を見てプラグイン導入を検討してもいいかも

あとipadやタブレットの流れでしょうか? いつか出るんじゃないかとおもったんですがやはり出ました。 Mackieから出ましたタッチパネルでフェーダーを動かすデジタルミキサーDLシリーズ

だけどタッチパネル、時々感度が悪くなる時があるんですが、これは大丈夫なんですかね?

121114_133801  Touchpanelfader;

あといくつかありましたが、面白いと思ったのはこんなもんでしょうか?
それにしても毎年同じこと書いている気がしますが、年々プロオーディオの展示スペースが減ってるような気がします。レコーデイングソフトもオーデイオのレコーデイングというよりは、映像のポストプロを想定したものが大半でした。ものの一時間半で全部見終えてしまいました。いくつか興味深いのがあったもののやはり新しめに欠けた面は否定できないですね。

まあ時代の流れといえばそれまでですが、プロオーデイオの世界の人間としては寂しさがあります。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。