Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« アナログ復権?ユニバーサルミュージックが超高音質LPレコード「100% Pure LP」を発売!! | トップページ | 音楽配信に関するイメージの事実誤認ーi-tunesのシェアはわずか一割 »

2012年10月 6日 (土)

7 7 映画祭で私の音楽担当作品「だから私は眠れない」上映

先日もお知らせしましたように日本映画クリエイター協会短編映画祭(通称7 x 7映画祭というそうです)で私が音楽を担当したショートフィルム「だから私は眠れない」が上映されました。(主演:橋元 優菜) 

771_2

以前もご案内しましたように七人の監督が旬のアイドル・タレント7人を主役に競作するショートフィルムフェスティバルですが、それぞれ監督が好き勝手に作る映画らしくかなり個性的、というかいろんな意味で面白い映画祭でした。

121005_212301

7人の監督と7人のグラビアアイドル全員が出そろった写真

最近映画音楽関係の仕事がすっかり定着したせいか映画の見方(というか聴き方?)がすっかり変わった自分に気づきました。要するに他人の作曲家が他の映画でどうフィルムスコアリングをしているかをを見ちゃいますね。このシーンでどういう音楽を創っているか等々、を注意深く聴く癖がついてしまいました。結論からいいまして私以外の皆さんは割と正統派というか劇伴音楽でもかなりオーソドックスな作り方をしている印象を持ちました。一方今回の私の手がけた作品は「夢」の世界を描くというちょっと特異な世界ということもあり、かなり作り方が違いますね。結局ミニマル系と環境音楽でフィルムスコアリングしたのは私だけだったのでー要するに本質的に自分はオーソドックスではないということがわかってしまいました。

あとこの「だから私は眠れない」のエンデイングはバッハのコラールをジャズ風にアレンジしたものなんですが、監督がそれを気に入ってくれて結局フルトラック最後まで使っていたのには驚きました。実はどうせエンドロール部分だからどうせ途中でF.O.されるだろうと思って後半のピアノのアドリブ部分はかなり適当に弾いていたんですね。こんなことならもっときちんとソロの部分を弾いて丁寧にレコーデイングしていればよかった、と現在大いに後悔中(+_+:)

Yuna1

まあこれは監督の短い中にもかなりやりたい放題やっている遊びの企画ですが、実はこれから重たいテーマの教育映画の音楽を二本手がけなければならない。脚本はまだ途中までしか読んでいないけど結構重い(+_+)

というわけでこれからまた忙しくなります。まあありがたいことですけど..

DVD 8月27日発売決定いたしました。


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。