Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月25日 (土)

長調と短調と作曲家のきまぐれ

気がつけば8月も最終週に明日から入ります。まだ暑い日が続いていますがそろそろ夏休み気分を取り払わなければなりません。

今年からとある大手楽器メーカーの海外の音楽教室のために音楽教材の制作をしていますが、そこにはピアノの音階や音程を覚えるための曲のアレンジ等をやっています。今年の春やったものの修正や追加作業をこれからやりますが、まあ当初想定した以上に作業があるのでどうやって効率よく進めるか思案中です。

さて、音楽の勉強の際、必ず長調、短調というものを習います。今回は子供用の教材なので基本はハ長調イ短調をはじめとしてフラットやシャープが少ないキーの曲のみですが、調性(ハ長調とイ短調etc)は理論上は長調短調含め24種類あります。

バッハに「平均律クラービア」という曲集がありますがこれは、24種類の調性による曲があります。(これ以外にショパンの前奏曲24種類の調性の前奏曲で作られています)

このようにクラシック曲は20世紀の初頭くらいまでは「交響曲第九番ニ短調」といったようにいわゆる器楽曲には必ずナニ長調(もしくは短調)という調性がついていました。

ところが実はこんな曲があります。この曲はベートーベンのバイオリンとピアノのためのソナタ「クロイツェルイ長調作品47ですが



この曲の第一楽章ですが、イ長調なのはバイオリンソロのイントロ(序奏)部分のみであとは明らかにイ短調になっています。これってイ短調のソナタといってもいいんじゃないか? と思うんですが要は作曲がこの調性だといえばそうなっちゃうんですね。作曲家がイ長調といえばイ長調なんです。(笑)

続きを読む "長調と短調と作曲家のきまぐれ"

| | コメント (0)

2012年8月23日 (木)

違法配信対策!! インターネット上でアーティストの権利を守ろう!

一応音楽業界人の端くれですので以下の映像を貼り付けます。ぜひ皆さんでご覧になってご理解を賜りたく

私たちの愛する音楽は、アーティストの才能やクリエイティビティから生まれたかけがいのない財産です。
ところが、近年、インターネット上において、楽曲の違法配信等アーティストの権利を侵害する行為が氾濫しています。

CPRAでは、アーティストの権利保護のため、アーティストの権利や、インターネットで禁止されている行為などを正しく理解してもらうため"MUSIC GUARDIANS"と銘打って、普及啓発活動をしています。

私のブログを毎回読んでくださっている方は音楽業界の体質にいろいろと問題がある点を指摘しているのはご存じのとおりだと思います。また音楽コンテンツのありかたを含め、ビジネスモデルの変革についても言及してきました。

しかしそれは音楽のインターネットにおける権利放棄やアーチストの権利を守るという行為を否定するものでは全くありません。ビジネスモデルの変革を主張してもコンテンツビジネスは権利ビジネスです。この基本を取り違えてはいけません。

一部の論調にネット内で音楽等の権利のコントロールを放棄すべきだ、とか音楽はコピーし放題にすべきだ、などという主張がいまだに根強くありますが、権利ビジネスである以上商材をコントロールするのは当たり前の話です。それをけしからんなどという主張の方がおかしいと思いますし、そもそもコンテンツビジネスの本質を理解していない発言だと思います。

ぜひ皆さんのご理解をよろしくお願いします

| | コメント (0)

2012年8月18日 (土)

Sting -The Soul Cages

先日のSting Live in Berlin を聴いて の記事でも書きましたがお盆期間中なのでポリスやStingのソロアルバムをいろいろと聴きまくりました。

その中でStingのアルバム"The Soul Cages について述べようと思います。

Soulcages

このアルバムは1991年に発表されたアルバムですが、なんで二十年も前のアルバムを今更レビューするのか、とお思いの方も多いと思いますが、実は結構個人的な事情も入っています。

このアルバムはStingが父親の死をきっかけに作られたアルバム、ということもありStingのアルバムの中では比較的暗く、重いという評価があるのですが、私はStingの作品の中でも最高傑作の1つではないか、と考えます。

続きを読む "Sting -The Soul Cages"

| | コメント (0)

2012年8月17日 (金)

ブログ記事を書く意味について

すでにご存じのとおり私は2つのブログ記事を書いている。いわゆる典型的なブロガー、しかもかなり重症なレベルにまで来ている。

■Kyojiの音楽ひとりごと(当ブログ) http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/  

■Kyojiのよろずひとりごと
             http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/

しかし書いているうちに何のためにこんなことをしているのだろう、という迷いのようなものも自分の中にあった。ひどい時は2日に一度くらいの頻度で書いていた時もあった。 そんなに書くのは「ヒマ人」の証拠ではないか? とも思った。特にこのことによって私自身が特に嫌悪するネットの「バカでヒマ人」と同類に思われてしまわないか?

そういう懸念をなかなか払拭できなかった。

しかし今日友人がブログでそんな懸念は実は杞憂であると思わせてくれる記事を紹介してくれた。 内田樹氏の著書「期間限定の思想」からの一節である。

僕が毎日沢山のものを書くのは、基本的には理解したいからなんです。なにか自分に言いたいことがあって、それを皆さんにお伝えするためではないんです。たとえばあるニュース記事に違和感をおぼえるとします。とりあえず、パソコンに向かって、それについてだらだらと書いていくうちに、自分が違和感をおぼえたみちすじというのがわかってくる。最初から何か「意見」があって書きはじめるわけではないんです。じつは書き出す前は何もわかっていなくて、最後まで書いてみてやっとわかる、そういうものってあるじゃないですか。 それがぼくにとってはひとつの「おはなし」なんです。 その「おはなし」を書かなければ、僕はそのことについて理解できなかった。「おはなし」を通じて自分が何かを知ったということです。書くというのは、自分の内面にあるメッセージを伝える、というのではなく、自分が何を考えているのか、ということを確認する作業なんです。自分が間違っている時は、文章に書くと変なんです。だから書くということは自己発見・自己修正のための大事な手続きだと思います。 (同書251ページより)

なるほど と思った。

続きを読む "ブログ記事を書く意味について"

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

Google ハングアウト 高音質ストリーミングの必要性の提唱

■ミュージシャンに朗報―Google+ハングアウトに追加されたStudio Modeで高音質のライブ・ストリーミングが可能に
http://jp.techcrunch.com/archives/20120813google-hangouts-studio-mode/

正直Googleのハングアウトのサービス自体使っていないのですが,、普段私たちがいかに日常的に「ひどい音」で音楽を聴いているかが下の映像ではっきりわかると思います。PCのスピーカーよりヘッドフォンだとよりはっきりわかります。

これだけデジタル時代といわれておきながら日常的にひどい音で聴かされている現状を考えますと、この音再生環境で音楽を心から好きになれ、といってもやはり無理があるかな、という気がします。実際音楽を聴く環境は20年前と比べて明らかに著しく悪劣化しています。音楽に対する考え方を改めるにはまずはこの動きを何とか止めることでしょう。
よい音楽をよい環境で聴くことがいかに素晴らしいことか、ということを我々音楽人がもっともっと啓蒙家していかないといけないと思います。このGoogleの真サービスがその第一歩になってくれればと期待しています。

これだけデジタル技術が発展しているのにジャンクフードレベルの音質のmp3しか氾濫していないというのは時代のパラドックス以外の何物でもないでしょう。とにかく音楽の良さをもっと理解してもらうためにはmp3環境が主になっている現状を打破しないといけないと考えています。スタジオで作られた新鮮な音楽の音質を日常的に経験できる環境になれば世の中の人の音楽に対する考え方は確実に変わっていくと確信しています。

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

2012年ロンドンオリンピック閉会式ーイギリス音楽の祭典

17日間にわたって数多くの感動を与えてくれたロンドンオリンピックが閉幕しました。日本の金メダルは7個でしたがメダル総数は最多の38個(!)。素晴らしい活躍だったと思います。選手の皆さんお疲れ様でした。そしてありがとうといいたいです。

さて閉会式ですが開会式でビッグネームのアーチストの出演が少ないなどとぼやいていた人も今回は満足したのではないでしょうか? テーマは「イギリス音楽のシンフォニー」というだけあって今回はあらゆる年代に向けて数多くのアーチストが出演しました。あまりにたくさん出演したので全員きちんと覚えられたかどうか正直アヤシイです。(笑)、一応控えるだけ控えましたが見落としがあるかもしれません。その時はあしからず...

閉会式オープニング   エミリーサンデ
              ペットショップボーイズ
              ワン デイレクション
              スペルバウンド
              レイ デイビス(元キンクス)

エミリー・サンデが二回出ましたが最近の若い人の人気アーチストから元キンクスのデイビスまで、すでにイギリス版紅白歌合戦の装いになっていましたが、まだまだこれは手始めにすぎません。それにしても久々にレイデイビス、やはり声が少し出ていませんでしたね。最近あまり歌っていないんでしょうね。ボーカリストって歌わないとすぐに声が落ちますから...

後半はクイーンのボヘミアンラプソデイーのイントロ部分から世界平和を祈る意味もあったのでしょう。少年少女の合唱団の「イマジン」の合唱から実際のジョンの映像、そしてジョンの顔の人文字のパフォーマンスのあとジョージマイケルのパフォーマンスに始まり次のアーチストが次々に出演しました

続きを読む "2012年ロンドンオリンピック閉会式ーイギリス音楽の祭典"

| | コメント (0)

2012年8月10日 (金)

Sting Live in Berlin を聴いて

もう一昨日の話になりますが、WOWOWで2年前に行われたStingのベルリンでのライブのオンエアを見ました。

スティング ライブ・イン・ベルリン
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/051530/

いやー素晴らしかったですね。久々に本物のアーチストのパフォーマンスを見せてもらいました。やっぱりいい音楽を聴いているといい気分になりますね。

そしてしばらく忘れていたことを思い出させてくれたステージでした。

最近のStingを見ると古いルネッサンスの曲を歌ったり、クラシックオーケストラを使ったりしたり「クラシック志向」が強くなっているようなイメージがあります。しかしこのベルリンのオーケストラのパフォーマンスを見ていて何となくステイングが何をしようとしているのがわかったような気がします。Stingがソロになってから私が一番好きな曲の"What shall I cry for you?"を見るとわかります。

ポリスを解散してソロになりはじめた時の「ブルータートルの夢」はステイングがジャズのアルバムを作ったと勘違いしていた人が多かったようですが、実際はファンダメンタルな部分は全く変わっておらず、単にジャズやクラシックのいいエッセンスを貪欲に吸収していたようです。それは今回のクラシックオーケストラライブで特にソロになってからよくいっしょにやっていたサックスのブランフォードマルサリスをツアーメンバーに入れていることからもわかります。

続きを読む "Sting Live in Berlin を聴いて"

| | コメント (0)

2012年8月 6日 (月)

避暑地でブラームスを思う

珍しくクラシックの話題です。

暑い日が続きますので上越の方に避暑に行ってきました。
車で移動しましたが東京から高速飛ばして3時間半、結構近いです。

Joetsu3

CDはロック系も多数持参しましたが、避暑地に行くということで結構ブラームスとか持って行っています。

私はいわゆるロマン派の「前期」といわれている作曲家ーショパン、メンデルスゾーン、シューマンetcーとかはあまり興味がないんですが、なぜかブラームスは昔から聞きます。ロマン派の中の「古典派」とかいわれているんですがなぜか肌に合うんですね。同時代のワーグナーが「音楽の表現を大きく変えた」と音楽史家から評価されているのと比べると地味ですが、なぜか私は好きです。もっとも最近は再評価され始めて、ワーグナーとは別の意味で新しい表現を開拓した、という評価も出ています。(きっかけはシェーンベルクの評論ですが...)

しかし正直そんなことは私にとってどうでもよくて、要はブラームスの曲にどこか避暑地的な雰囲気があるように感じるからでしょう。事実ブラームスの最盛期の作品の大半は避暑地で書かれています。それが何となく作品の雰囲気に反映している感じがするんですね。

実際山の風景とブラームスはよく合います。特に交響曲第一番の四楽章、交響曲第二番なんかはまさに山荘での避暑地という感じがしますね。

続きを読む "避暑地でブラームスを思う"

| | コメント (0)

2012年8月 2日 (木)

(批判覚悟の上)あえて提案する。音楽の地上波タイアップ廃止のすすめ

以前こういう記事を書いた。

欧米では地上波のタイアップが殆どない点とインデイースのツール充実の現状を見て
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2012/03/post-34a2.html

地上波のテレビに有名アーチストの音楽が使われるのは欧米でも別に珍しいことではない。
但しその条件、背景は日本と欧米では根本的に違う。

改めてここで言うまでもないが日本の場合は音楽事務所乃至レコード会社が地上波,BSのテレビで音楽を露出するために「プロモーション目的」と称してJASRACの「特例事項」の中にあてはめ著作権料や原版の使用料を辞退するだけでなく、
事務所側が「協賛金」と称して莫大な金額の広告料を放送局側に支払うシステムだ。(NHKとて例外ではない) この場合言うまでもないがアーチストにも作曲者にも権利料はビタ一文支払われない。

それに対し欧米では、いや日本以外の殆どの国ではアーチストの音楽を番組テーマを使うのに「ライセンシング」といって放送局からアーチスト側に使用料(内容によってはかなりの金額)が支払われる。本来音楽を始めとするコンテンツビジネスというのは「権利ビジネス」でもあるのでこれが本来、当たり前の姿なのである。金額はケースバイケースだがこの場合メジャーアーチストもインデイースも基本的に関係ない。映画、テレビ、CMその他でアーチストの音楽の使用されればその使用料が必ず発生する、のが本来のありかたである。そしてそれはアーチストの重要な収入源にもなったりしている。

つまり前にもいったが日本のこの現状の方が異常なのだ。

いくら
「プロモーション目的」と称しても、この本来のありかたとはあべこべになっている状態は「権利ビジネス」という観点からしても異常である 。しかもこれはJASRACという公的信託期間の承認のもとに行われている。こんなバカなことをしているのは世界中でも日本だけである。ほかの国で同じことをしている、という例は私は聞いたことがない。あったら教えてほしい。

上記の例からアメリカではたとえメジャーでない、いわゆるインデペンデントのアーチストでも
「ライセンシング」の収入を得ることは珍しいことではない。
しかし日本ではこの「タイアップ」があるために
インデペンデントのアーチストが「ライセンシング」の収入を得るなどほぼ不可能といっていい。

これが結果的に日本のアーチストの権利や収入を結果的に制限しているのも事実。いい加減やめさせないともはやアーチストの生活は成り立っていかないところまで来ている。

続きを読む "(批判覚悟の上)あえて提案する。音楽の地上波タイアップ廃止のすすめ"

| | コメント (2)

2012年8月 1日 (水)

現在使用中のインターネットの音楽ツールをリストアップ

かつて音楽のインターネットプロモーションを批判的に論じた、と受け取られる記事を書きましたので、それらを過剰評価するつもりはありません。そして何度も書きますが最終的には「リアルな」プロモーション、テレビやラジオを通したプロモーションが現在に至ってももっとも効果的であるという考えに変わりはありません。

しかし音楽をプロモーションするツールがネットを通じて多くあり、それらが手軽にできることも確かであり、大半は安価、もしくは無料でできるものもありますのでやはりそれらは利用しない手はありません。

実はあまりにたくさんあって私自身もわけがわからなくなり始めています。
いくつかに絞るもことも考えましたがそれぞれ目的や性質が違いますので結局

使えるツールは可能な限り使う

という方針の方が賢明です。

私自身頭の整理をする意味もありますので、現在使っている音楽のツールサイトをリストアップしておきます。尚、有料サイトには 無料サイトは無印にしておきます。

<国内>

・Vibirth   http://www.vibirth.com/
国内のインデペンデントアーチストの総合プロモーションサイト。CDやi-tunes amazonの音楽配信のデイストリビューションを初め、イベント企画、その他プロモーションのさまざまな企画も付録としてついてきます。運営は日本コロンビアの経営母体の㈱フェイスでメジャーデビューしている人もいます。インデペンデントといっても元メジャーのアーチストも多数おりアーチストのクオリテイは高いです。

・monstar FM  http://monstar.fm/
Vibirthと同様の機能をもっていますが、Vibirthよりはちょっと弱いかも。弊社奥津の音源を一部入れてはいますが最近は殆ど使っていません。適当な段階で撤退しようと考えています。

・OK music   http://okmusic.jp/
ソーシャルネット付の音楽プロモーションサイト。販売や配信サイトへのリンクもつけられ,たまに「オーデイション」やコンペの掲載もあり。参加は無料なので登録して損はないと思います。

・クレオフーガ http://creofuga.net/
作曲家のコンペ、コンテストのサイト。登録者は私が見たところ大半がアマチュアかアマチュアに毛の生えたレベルの人たちだと思います。私は基本はコンペに出さない主義なんですが稀に主旨にあう(かもしれない)ものにはダメ元で出しています。
でもこのサイトに登録した本当の目的は自分の持っている音源ライブラリーを関連のクレオフーガバンクの著作権フリーライブラリー登録し、業務用チャンネルに流せるのであれば流そう、というのが主目的です。

・クレオフーガバンク   http://creofugab.net/top
正直このサイトがどれだけの販売力を有しているのかは未知数ですが、単純にメジャーで大々的には出さなくとも映像などのVPその他業務用の分野で使用可能な音源を配信するサイト。個人的に問題だと思うのはもっぱらmp3専用でwav等の配信がないこと。これは業務用の使用としては少し問題があるような気がするのですが、いずれにせよ今後の動向はよく見ておく必要はあると思います。

続きを読む "現在使用中のインターネットの音楽ツールをリストアップ"

| | コメント (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »