Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« Sting Live in Berlin を聴いて | トップページ | Google ハングアウト 高音質ストリーミングの必要性の提唱 »

2012年8月13日 (月)

2012年ロンドンオリンピック閉会式ーイギリス音楽の祭典

17日間にわたって数多くの感動を与えてくれたロンドンオリンピックが閉幕しました。日本の金メダルは7個でしたがメダル総数は最多の38個(!)。素晴らしい活躍だったと思います。選手の皆さんお疲れ様でした。そしてありがとうといいたいです。

さて閉会式ですが開会式でビッグネームのアーチストの出演が少ないなどとぼやいていた人も今回は満足したのではないでしょうか? テーマは「イギリス音楽のシンフォニー」というだけあって今回はあらゆる年代に向けて数多くのアーチストが出演しました。あまりにたくさん出演したので全員きちんと覚えられたかどうか正直アヤシイです。(笑)、一応控えるだけ控えましたが見落としがあるかもしれません。その時はあしからず...

閉会式オープニング   エミリーサンデ
              ペットショップボーイズ
              ワン デイレクション
              スペルバウンド
              レイ デイビス(元キンクス)

エミリー・サンデが二回出ましたが最近の若い人の人気アーチストから元キンクスのデイビスまで、すでにイギリス版紅白歌合戦の装いになっていましたが、まだまだこれは手始めにすぎません。それにしても久々にレイデイビス、やはり声が少し出ていませんでしたね。最近あまり歌っていないんでしょうね。ボーカリストって歌わないとすぐに声が落ちますから...

後半はクイーンのボヘミアンラプソデイーのイントロ部分から世界平和を祈る意味もあったのでしょう。少年少女の合唱団の「イマジン」の合唱から実際のジョンの映像、そしてジョンの顔の人文字のパフォーマンスのあとジョージマイケルのパフォーマンスに始まり次のアーチストが次々に出演しました

何度も書きますが見落としがあったかもしれません。あしからず

上記のジョージマイケル に続きまして スーパーモデル8人によるファッションショーがあり

スパイスガールズ 
(ビクトリアもいたので旦那のデービッドで夫婦で開会式と閉会式に出演したことになります)
カイザー・チーフ
ニックメイソン+マイクラザーフォード+若手ミュージシャン2人

ピンクフロイド"Wish you were here"をやりました。なぜかギルモアとウオータースがいなかったですね。リックライトも故人となりピンクフロイドのメンバーはニックメイソンのみでした)
アンレノックス( 元ユーリズミクス!! )
ファットボーイスリム
Jessie J
Tao Cruz

Eric Idle
( モンテイパイソン!! 久々に姿を見せてくれました。感動!!)
Muse

そして会場を盛り上げるために何とフレデイーの映像が出ました。生きていて本当にこれと同じことをしてほしかったー

London_heikaishiki2

そしてブライアンメイ登場!!

ギターソロのあとロジャーテイラーのドラムも加わり、Jessie JWe will Rock youを演奏!! 会場の盛り上がりが頂点になったところで閉会式のセレモニーならびに次の開催地のブラジル・リオデジャネイロに移る際にさすがにサンバに始まり、マリーサモンチそしてサッカーの神様ペレが登場しました。

このあとなぜかTake thatが出演したあとにやはりトリの出演だった

ザ・フー

ロジャーダルトリー衰えていませんでしたね。ピートタウンゼント、頭がハゲてしまいましたが(笑) ギターでちゃんとジャンプしてくれました。

まさに「イギリス音楽のシンフォニー」というテーマにふさわしくあらゆる年代向けのミュージシャンが登場しました。さながらイギリス版紅白歌合戦でしたが日本のそれとはくらべものにならないですね。

それにしてもロイヤルバレーもありましたし、出演ミュージシャンも豊富、そして俳優も、こうしてみるとイギリスは本当に文化が豊富だなと思いうらやましくなります。どこかの国とはえらい違いだ、といわざるを得ません。1960年代以降は音楽の都はウイーンではなくロンドンです。そしてまだそうあり続けています

London_heikaishiki

すばらしい閉会式だったと思います。今回は「イマイチ」などという人はいないんじゃないでしょうか?

鎮火式の時は寂しさを感じましたねー  二週間半とても楽しませてもらいました。選手にもボランテイアの人たちにもありがとうといいたいです。また四年後.....

2020年のオリンピックはどこで開催されるかわかりませんが、たぶん某都知事のオリンピックの精神を全く理解していない不規則発言とか先日の室伏の選手委員の問題とかあるから東京になるのは難しい気がしますね。
また今回の開会式、閉会式を見てイギリスに比べると日本の音楽文化の実態はあまりに貧弱すぎるので個人的には恥ずかしいからやってほしくないです。 今回の出演ミュージシャンではヤードバーズ系が全く出ていませんでしたが、それでもあれだけの音楽豊富なものにできるのはイギリスの音楽層の厚さはやはりすごいと思います。
というわけで少なくとも日本の音楽が現状のままでは私は日本人は世界に対して恥をかくだけなのでやってほしくはないと考えています。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。