Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 「ビジネスのかたち」にこだわる愚かさ | トップページ | また偉大なミュージシャンの訃報 ジョン ・ ロード »

2012年7月16日 (月)

創造する、というのは非効率的なプロセス 新自由主義的な「効率第一主義」も業界衰退の原因

興味深い記事を目にしたので下に引用させていただく。

なぜ効率ばかり追求すると利益が減るのか
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20120715-00010000-president-nb

■なぜ日本の会社はiPadを作れなかったか

                 いま、企業が成功を収めようと思ったら、アップルのiPadのように極めて革新性の強い商品を作り出すか、リッツ・カールトンのように突出したサービスを提供するか、ふたつにひとつしかない。
 ところが、日本の会社の多くは、どちらもできずに伸び悩んでいる状況だ。なぜ、そうなってしまったのかといえば、ひとことで言って、効率を追求しすぎたということだろう。

 たとえば、私の専門分野である編集の仕事を例にとると、編集者の多くはあまりにも多忙な日々を送っている。短いサイクルで、年間に何冊もの本を出さなくてはならないからだ。
 毎週のように企画会議があるが、毎回毎回、新しい企画、面白い企画をひねり出すのは大変だ。そこで、多くの編集者がインターネットを頼ることになる。面 白そうな著者はいないか。若者の間で流行しているものは何か。人気の高い著者は誰か……。インターネットは一見、ネタを効率的に収集し効率的に企画を考え るために最適のツールのように思える。

 しかし、である。編集者の多くがインターネットを使ってネタを検索するようになってからというもの、企画会議で提案されるアイデアは、ほとんどが似たり寄ったりのものになってしまったのである。世の中が、過度に効率を追求するようになった結果である。
 そして皮肉なことに、効率的に儲けようとすればするほど、画一的なものしか生み出せなくなっていき、企業の売り上げも利益も下がっていく。近年の日本の電機メーカーの業績悪化が、その見本だろう。

■非効率こそ結果として効率的 

では、どうすればいいのか。参考になるのは、たとえばザッポスの経営だ。ご存じの方も多いと思うが、ザッポスは創業わずか10年目で年間売り上げ 1000億円を達成した靴の通販会社である。ザッポスのCEOトニー・シェイの商法は「顧客を熱狂させる」とまで言われているが、その実態は脱マニュアル の経営である。

 一般的に電話による注文受け付けの場合、機械的な音声ガイダンスがあり、最後に登場するオペレーターもマニュアル通りの対応しかしない。ところがザッポ スにはマニュアルが存在しないのだ。オペレーターは顧客と自由に会話を楽しみ、時には1件の注文を受け付けるのに6時間も費やすことさえあるという。
 マニュアルとはまさに、効率を追求するツールの象徴である。誰がやっても、最短の時間で同じ結果が出ることを目的に、マニュアルは作られる。ところが ザッポスのやり方は正反対なのだ。そして、脱マニュアルの経営が、全米の顧客を熱狂させている。現代は、非効率こそ結果として効率的であるという、パラ ドックスに満ちた時代なのである。

 革新的な商品やサービスを生み出せるのは、従来型のエリートではない。むしろ、いわゆる職場の「異端児」だ。
 1日中イヤホンを耳に突っ込んで音楽を聴いている奴。いつも外回りと称して社外をうろついてばかりいる奴。仕事はろくにしないのにフェイスブックの友達 の数が異様に多い奴。社内ではぱっとしないのに社外では有名な奴……。こんないささか怪しげな連中こそ、実は、斬新な商品やサービスを生み出す可能性を秘 めている。もちろん、結果的には単なるダメ社員で終わるかもしれないが、少なくともルーティンの仕事を効率的にこなすだけの優等生よりも、将来会社に大き なメリットを与える可能性は秘めている。

 一見、社業と無関係な突飛なことを考えつく変人社員を抱え続けることができるかどうか。企業の未来は、その「ムダ」にかかっている

要は新自由主義、市場原理主義のように効率を徹底追及した結果、画一的で面白くない商品しか生み出せず、「人間性」を徹底排除した結果「何の面白みのない」サービスしか提供できなくなってきていることが原因だろうと思う。 実際ITにせよ商品にせよ「そこに人間が介在することを意識すべきだ」などといったらIT系や市場原理主義者から「バカじゃないのお前」みたいな反応が返ってきた経験がある(こんな回答すること自体、ちゃんと市場調査をしていない証拠だと思うんだが、だからネットマーケテイング系の奴らは信用できない)

それにしても市場原理主義、新自由主義というのは一般に云われているほど成功例が多くないにも関わらず、いまだに多くのエコノミスト、財界人、マスコミの論客が新自由主義的な効率第一主義に固執し結果として経済を閉塞状態に陥らせているのが実態ではないかと思う。上記の文章からすると何よりも効率を優先する」新自由主義、市場原理主義では経済の回復させることはできないということだろうと思う。

さてそもそも音楽にせよ映画にせよ、文化、クリエイテイビテイなどは効率とは本来無縁の世界のはずである。クリエーターの現場を知らない人間は理解できないかもしれないが、そもそも創造する、というのは極めて非効率的なプロセスである。効率を第一として制作を進めるとそこにクリエイテイビテイの入る余地はない。最近特に顕著なのは「クリテイビテイ=非効率=悪」という図式で音楽制作を行っている点。それが「どのアーチストも同じような音」になり画一的な音楽=消耗品化とつながっているのではないだろうか。つまり音楽を初め映画産業全体が現在衰退している最大の原因は制作現場に新自由主義的な「効率第一主義」をもたらしたからではないかと思う。

だからはっきりいってネットマーケテイングの連中に斬新な発想で市場分析をする、なんてことは期待できない。なぜなら彼らは「効率」の面でしか市場分析をしないからである。特に日本のネットマーケテイングの連中からは絶対にi-padのような発想はできないといっても過言ではない

も上記のような記事が出始めたというのはそうした「効率第一主義」的な傾向に対して疑問を感じ始めた人が多くなった証拠かもしれない。エコノミスト、経済学者の多くはいまだに「新自由主義」に替わる経済理論がない」ことを理由に 「効率第一主義」的な発想でしかものごとを論じないが、彼らでは日本経済の復活の筋書きを描くことができないということだろう。

|

コメント

なぜ効率ばかり追求すると利益が減るのか (プレジデント) ―【私の論評】変人を揃えることではなく、成果をいかにあげさせるかが本質なのだ!!

こんにちは。効率ばかり追求すると利益が減ることは、何も今に始まったことではなく、昔から知られているいることです。特に、ドラッカー氏が「マネジメン」という書籍を出してから、かなり広まったことです。そうして、ドラッカー氏は、上のプレジデントの記事のように読む人を惑わせることなく、的確に論考を展開していました。このような効率性の罠から逃れるため、ドラッカーは以下のように語っています。「知識労働者の生産性と、自己実現をいかに測定するかはわからない。しかしわれわれは、この二つを向上させるための方法については、かなりのことを知っている」(『実践する経営者』)。そうして、4つの秘訣をあげています。これらの秘訣を無視して、変人社員を揃えたからといって、それがすぐに、成果に結びつくとは考えられません。上の4つの秘訣を取り入れていなければ、混乱するばかりで、結局全員がダメ社員ということになってしまうかもしれません。くれぐれも、順番を間違えないように。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2012年7月17日 (火) 09時44分

yutakarlsonさん

はじめまして 貴重な情報ありがとうございます。とても参考になりました。上記のブログの記事はみなさんもお読みになることをお勧めいたします。

確かに変人を集めることだけを考えたりしてはダメですね。順番は間違いないようにしないと

しかしドラッカー氏のこの見解が広まっているにも関わらず、日本のエコノミストやマーケテイング関係者、とりわけネットマーケテイング関係者の口から出てくるのは「効率」に関することや、市場原理主義的な言質が大半なような気がします。

これは日本のマーケテイング、経済学のレベルがそれだけ低いということでしょうかね? いまだにフリードマン経済学礼賛論みたいなものは大手を振って日本の経済学会ではまかり通っているような気がしますが..

投稿: Kyoji | 2012年7月17日 (火) 12時10分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。