Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 「選ぶことに慣れていない」「あと1クリックができない」日本人 | トップページ | 昨今の事業ー受託と「実業」について »

2012年6月29日 (金)

音楽で人生の節目を語る

最近このブログでややネガテイブ的な記事が多かったような気がするのでたまにはポジテイブな記事を

■人生の節目、音楽通し語る TV番組続々
http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201111010372.html

人生と音楽を切り口にしたテレビ番組が相次いで始まった。登場人物が、人生の節目と結びつく曲を挙げ、語りで掘り下げる点で共通する。テレビ局にとっては番組の新スタイルを探る試み。ネットの発達で音楽があふれかえる中、聴き手本位の新たな聴き方ガイドという側面もある。

■歌ゆかりの場所へ心の旅

 著名なミュージシャンの音楽人生を、ゆかりの場所を巡り紹介する「ミュージックトラベル」が10月、BSジャパンで始まった。本人が挙げた「大切な10曲」にまつわる心の旅、といった仕掛けだ。

 <中略>

 星俊一プロデューサーは「歌だけやバラエティー仕立ての音楽番組は飽きられている。出演者の曲だけでなく、影響を受けた曲のような周辺情報、旅感覚も入 れて、お得感を出した」。大げさな演出のない落ち着いたつくりはターゲットの40~60代を意識した。音楽で人生を振り返れるだけの経験を重ねた世代だ。

 さきがけは、NHKのEテレが7~9月に放送した「ミュージック・ポートレイト」。歌手の今井美樹と作家の村山由佳、バレエダンサーの熊川哲也と歌舞伎 役者の市川亀治郎など、表現者2人が「青春の影」「運命の出会い」など10のテーマで選んだ曲を聴きながら、体験を語り合う。

 

「教育テレビなので、音楽を題材にした歌番組でないものを考えた」と渋谷義人プロデューサー。「世代を問わず聴かれるヒット曲はなくなっても、人が音楽に思いを込めることには変わりがない。それなら音楽と人生に光をあててはどうかと思った」という。

<中略>

「人生と音楽」をテーマにした番組がなぜ増えたのか。    

 大阪市立大学の増田聡准教授(音楽学)は、「音楽が作り手のアイデンティティーを示すものではなく、聴き手のアイデンティティーを構築するものとして受け止められるようになった現れ」とみる。    

 CDは売れなくなっても、「涼しさを感じる10曲」といった用途別アルバムは人気がある。「音楽情報があふれ、選択の新たな指針へのニーズが高まっている、テレビ番組でいえば、『人生と音楽』がその一つなのではないか」


非常にいい傾向だと思う。
もうくだらん「バラエテイ化」した音楽番組は古いということだ

音楽を単なる消耗品のような扱いで、ヒットヒットなどというものより、人それぞれの人生観にとって重要な音楽というものがある。 そこに目を向けるようになり始めたのはすばらしい傾向だ。 そのことによって音楽がその人の人生にとって宝になり、そこから音楽を文化として尊重する気風が育つのだと思う。

ここから日本の音楽文化が立て直しのきっかけになればいいとおもう。

こういう番組はおおいにこれからやるべきである。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。