Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 音楽産業のマーケット調査不足ー中二病について | トップページ | 総選挙の日だからあえて書いてやる。もはや日本人にとって音楽はゴミでしかない、ということだ。 »

2012年5月27日 (日)

私のサウンドコンテンツビジネスー消耗品ではなく付加価値のあるサウンド

すみません、この記事は半分宣伝に近いものになってしまうのですが...

もう発売自体は10年前に行なわれているんですが、愛犬と飼い主がいっしょにリラックスできるペットミュージックなる作品を世に発売いたしました。

Relax  ペットミュージック-リラックス(VICG-60258)
                      税込\2100

この商品はどういう中身かは以下の映像をご覧下さい


ペットミュージック ラヴリードッグ-やすらぎのテーマ

詳しくはこちら。音の試聴もできます。
http://homepage1.nifty.com/hyb-music/pet.htm

お買い求めはこちら ■パーフェクトワン

http://perfect12345.gejigeji.jp/list-0001.html

理解しがたいかもしれませんが、要は和太鼓の単純なビートが犬を落ち着かせる性質がある、ということを発見し、それとヒーリング音楽を合体させて作ったのがこの作品です。

とはいえ、この商品、はっきりいってCDショップーレコード店で売る商品ではない、とこともありこの商品のマーケテイングについてさまざまな試行錯誤を行なったのですが、レコード会社の体制やさまざまな事情で長い間頓挫の状態が続いていました。
それが昨今、日本商工会経由の異業種ビジネスマッチングでこの商品を拡販したいという会社が出ましたので、

それにあわせてPVを製作したり等の新たな販促計画を打ち出しました。うまくいくことを祈っていますが、成功すれば音楽業界では数少ない異業種ジョイントの成功例となります。

尚、この商品をI-tunes等の配信に出すことは全く考えていません。

なぜならこれは和太鼓のビートによる効果という付加価値をつけた商品だからです。

インターネットは確かに便利ですが、世界じゅうをフラットにする性質があります。それは例えどんな付加価値がついた商品でも、あるところでは無料コピーされ配信でどんどん広まり等、要はいずれデフレスパイラルに巻き込まれ、価値を低下させることは免れないからです。

つまりインターネットとは万物を100均の消耗品にしてしまう性格があるのです。最近のJ-popの大半がもはや100円ショップの消耗品と同様な存在になりつつあります。

私ははっきりいってそんな商売にはもう興味がありません。みすみす自作が100均の消耗品になることがわかっているところには出すつもりはもうありません。

私が今考えているのはいかに自分の作品に付加価値をつけるか、その一点です。

それがサウンドコンテンツのビジネス、しいては音楽業界を復活させる方向に行くと信じているからです。

まだまだこれ以外にもさまざまな構想があります。昨年「シャキーン」でやったこともそうですし、今立体音響のメソードを利用したコンテンツの制作も打ち出そうと考えております。そういった中で新たなサウンドコンテンツのありかたについて模索を続けようと思っております。

このペットミュージックもそうした商品の一環です。

よろしければ以下のページもご覧下さい

ペットミュージックの詳しい説明はこちら。音の試聴もできます。
http://homepage1.nifty.com/hyb-music/pet.htm

お買い求めはこちら ■パーフェクトワン

http://perfect12345.gejigeji.jp/list-0001.html

こんな映像もあります。

ペットミュージック 子守唄(ブラームスの子守唄)

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。