Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« ショパンにワルツが19曲もあったなんて | トップページ | 原点にもどってー制作屋にもどって正解と実感する今日この頃 »

2012年4月10日 (火)

旧山手どおりと西郷山公園を通って

今日は4つもそれもいずれも渋谷界隈で打ち合わせがあったのですが、一部打ち合わせと打ち合わせの間が空いていたのでかつて自分が住んでいた場所の近くの旧山手通りの近辺を少しぶらつきました。

Yamate1

この目黒区の大橋ー青葉台方面に私は10年くらい住んでいました。現在の実家に引っ越してからもう13年の月日が経ち街は変わってしまいました。

ずいぶんお店も変わりました。しかしこの旧山手通りは思ったほど変化していません。モンスーンカフェも健在でしたし

Monsoon_daikannyama

旧山手通りには多くのアパレル本社が今もあります。

Yamate2

しかし特に以前も書きましたが大橋と246の辺りは巨大なインターチェンジができた関係で大きく変わりました。大橋近辺はもはや私が住んでいた時とは全く違う街です。

勿論物事がいろいろと変化していくのは避けられません。どんなものでも同じ状態でいることなどありえません。ただ問題はよく変化するか、悪く変化するか、です。 

そして音楽の世界はいうまでもないですが悪い方向に変化してきました。そして良くなる兆しは現在の段階全く見えていません。私がこの大橋ー青葉台地域に住んでいた時は音楽業界がまだ健在な時期で、私自身羽振りもよかった時代でした。そういうこともあってか何となくこの地域にまだ愛着がありますし、引っ越して十数年たつにも関らずこの地域に来ると何か落ち着きます。しかしその時と現在ではまさに隔世の感が正直あります。その意味でも街の変遷ぶりは私にとって何か象徴的です。

正直いって私がこの地域に住んでいる時と現在では現在の方がかなり内容のある仕事をしているように思いますし、仕事の頻度も多いかもしれません。しかしいかんせん、制作予算がこの時期と比べるとひどい場合は1/10(!!)になっています。だから仕事の手間の割りには売上、収入額は格段に低くなっているわけです。

さらにはこの時期と比べ仕事の範囲が格段に広がっています。現在は私自身、作曲や編曲だけでなくサウンドエンジニアやデイレクターの仕事を同時にこなしています。昔と違い今や音楽では1人何役が当たり前になっています。

たとえば映画では映画監督が撮影や音声とかを同時にやる、なんてことはまず不可能です。物理的に不可能です。せいぜい脚本を兼ねるくらいですね。映画や映像を作るには大勢の人間が必要なのです。

しかし音楽は1人で創ろうと思えばできます。まあボーカル等は複数必要ですがインストなら一人で充分制作可能です。またInter FMはDJが自らミキサーのフェーダーを握りデイレクションも行ないます。(アメリカのラジオの大半はそれで番組を作っています)このように音楽はかなり少ない人数で創ろうとしても可能です。

つまり予算削減、とそれに対応した徹底したコスト削減、 一人何役当たり前

これが今の音楽制作の現状です。
これだけのコスト対応、適応して果たして今うちの会社がかつてのように大橋ー青葉台地域にオフィスを構えて維持できるかどうか

たぶん無理でしょうね。残念ながら音楽制作というのはそれほどまでにもうからない仕事なのです。

しかし私は何とかそれを変えたいと思っています。そのための方策を現在ない知恵を絞って対策をたてようとしています。

気分を変えて西郷山公園です。私が音楽やアレンジの構想を練っている時によく仕事場からここまで散歩していました。この西郷山は文字通りあの西郷隆盛の家の一部でした。

ここからのながめは最高です。

Saigoyama0

今日は花見の人たちでいっぱいでした。

Saigoyama2

公園内でのグリーンカフェ、私が住んでいた頃にはこんなものはありませんでした。

Saigoyama1

またこの地域に住んでいた頃のような音楽コンテンツがもうかる世の中にしたいものです。私は引き続きそのための戦い(悪あがき?)を続けたいと思っております。



|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。