Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« ピアノ音源ーソフトシンセとハード音源に関して | トップページ | 誰がホイットニーを殺したのか?何が彼女に死に追いやったのか? »

2012年2月13日 (月)

グラミー2012年 Whitney Houston永遠に、ビーチボーイズ、マッカートニー

既にご存じのようにグラミーの前日にホイットニーヒューストンの訃報という非常に悲しいニュースが飛び込んできました。

ホイットニー・ヒューストン、死亡当時の状況が報じられる
http://www.mtvjapan.com/news/music/20514

そうした追悼モードの中、第五十四回グラミーが開催され、ミュージシャンたちの楽しいパフォーマンスもたくさんありました。とくに二十数年ぶりに結成された伝説のバンド、ビーチボーイズ、やポールマッカートニー(今年70歳!!)のパフォーマンス、そしてポールを紹介した時のステイービーワンダーがポケットからハーモニカ取り出して、ビートルズのラブ・ミー・ドゥーの一節を吹いた等話題が多かったですね。(しかし正直いってポールの声、私はかなり衰えを感じてしまいました。声がもうお爺さん声になり始めている)

あとトニーベネット{85歳!!)がキャリー・アンダーウッド「デユエッツ」のナンバーを披露していましたが、本来ならエミーワインハウスとの共演を見たかったですね。今年一年、音楽関係者の訃報が多すぎました。

そして今年一年でなくなった人たちー墓銘碑コーナーにステイーブジョブズが入っていました。itunesやipodによる変革で大迷惑を被った人もいる筈なのにちゃんと称える姿勢はさすがですね。たぶんオスカーでもちゃんとリスペクトすると思います。ITの世界の人間で芸術の世界でここまで尊敬されるのは彼ぐらいのものでしょうね。ただ、気がかりなのは最近のi-cloudは音楽の権利を阻害する可能性も出てきている点。この辺りをAppleはどう展開させるんでしょうか?

あと毎回同じことを書きますが、やはり日本と欧米での音楽文化を尊ぶ姿勢の違いを感じます。アメリカのカントリー、R&B ロック音楽が生活に根ざした文化として尊重されている点、そして元々そんな生活に根ざした音楽文化などない、日本の音楽を単なる消耗品としか考えないスタ ンス。あまりにも違いすぎてしまい悲しくなってしまいます。

ちなみに最優秀ロックアルバムを受賞したfoo fighters のデイヴ・グロールが受賞の折に次の発言をしたことが印象に残っています。

「今回のアルバムはコンピューターとか一切使わず、テープで録った。音楽は精密なコンピューターでやるのでもなく、変に正確であればいいというものでもなく、心と頭でするもんだということを示したかったー 

日本の音楽業界人に聞かせたい言葉ですが、たぶん殆どがその意味を理解できないのではないか、と思います。それほどまでに日本の音楽業界には音楽が何たるかを理解していない人間が多い、ということだと思います。デイレクターといっても単なる弁当の手配屋でしかなくなっていますしね。

今年の主な受賞者は以下のとおり。今回はAdeleが6部門受賞とAdele旋風が吹き荒れました。

Record Of The Year(最優秀レコード)

Adele  Rolling In The Deep

Album Of The Year(最優秀アルバム)

Adele 21

Song Of The Year(最優秀ソング)

Adele  Rolling In The Deep

Best New Artist(新人賞)

Bon Iver

その他はこちらをご覧下さい。
http://www.grammy.com/nominees

当たり前ですが、受賞者は厳正なる審査員、ファンの投票をベースに受賞決定しています。某事務所の圧力とか金とかそんなものは無関係です。(笑) わざわざこんな当たり前なことを言わなければならない日本の現状が悲しいですね。(汗)

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。