Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 偉大なイメージクリエーター石岡瑛子氏逝去 | トップページ | 退院一週間で自分の生活革命中 »

2012年1月29日 (日)

映画交流会@お台場ー東京カルチャーカルチャー

私自身は一作曲家としてこれから劇伴、映画音楽の作曲の活動に主軸を置くつもりもあり、また少しずつではありますがその分野で成果も出始めてはいます。

そのきっかけを作ってくれたのは私の知り合いの映画プロデユーサーは定期的に企画している映画関係者の交流会で、今回は病み上がりの身ながらやはり入院で出遅れた部分を少しでも取り戻すべく寒い日ながら出かけました。それにしてもここ数年暖冬が続いたせいか今年の寒さはかなり身に応えますね。特に退院したての病み上がりの体には

毎年会場は違うのですが今年はお台場のZepp東京の二階(観覧車の真下)の東京カルチャーカルチャーで行なわれました。

418816_310005692385700_100001288156

最近、どこの業界でも交流会というものが多いですが、多くの交流会は得てして人数を集める目的で全く関係ない分野の人もいたりしますが、(保険関係とか司法書士とか、最近は特に何をしているわけでもない学生も多い)この交流会は完全に映画に関わっている人間のみが参加しています。映画監督、プロデユーサー、脚本家、撮影のカメラさん、メイクさん、圧倒的に多いのは役者さん、モデルさん。等で音楽関係者は私ともう1人(しかも私の知り合い)のみでした。

勿論顔見知りの人も少なくなかったですが、大半は初対面の人でした。一応映画監督をしている人7人と名刺交換しましたが、この中で実際本当に仕事に結びつく人が果たしているかどうか。出てきて欲しいとは思いますが。

映画というのは総合芸術で異なった分野のクリエーターコラボレーションだと私は考えています。役者さん、衣装さん、メイクさん、カメラさん、音楽、その他大勢いますが、クリエーターというのはみんなあくの強い人種なので、そういう人たちをうまくまとめあげよい作品を作り上げるための交通整理をするのも監督の仕事だと思います。したがって監督と各分野のクリエーターさんはきちんとした信頼関係を築いていかないとよい作品というのは決してできません。

今回名刺交換した監督の中でそういう信頼関係を築ける人が出てくることを期待します。


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。