Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月30日 (土)

第七回映像クリエーターBBQ大会@晴天、三度目の正直

恒例の第七回映像&クリエーターBBQ大会が小田急線の和泉多摩川の河川敷にて開催されました。

110730_125002

ここのところ雨にたたられ5月は途中撤収、6月は中止となり今日も天気がかなり危ぶまれたんですが、途中から日が差してとてもいい天気、暑いくらいでした。

110730_134601

110730_145201

本日は雨を見越して小田急線の高架下に陣取りましたが、開催時は寧ろBBQ日よりでした。実は今日を逃すともうBBQ大会を開く日程を組めないということもあり、本日の決行になったんですが、本当によかったですね。
主宰者と私は現在提出しているNHK番組の企画でいっしょに動いているんですが、テレビ関係の映像制作関係者は10月の番組改編からみで8-9月はメチャクチャ忙しくなるのが本日決行の理由でもあります。

110730_152101

110730_152601

一番もりあがったのがスイカ割り大会でした。二個のスイカが割られましたが、スイカ割りで割ったスイカって結構おいしかったですね。

今回私が誘った面子です。ナレーターさんボーカリストさん、カフェの店長さんと幅広いです。

Img_2940

Img_6359

いずれも真ん中が私です。

というわけでリベンジ成功 (笑)

さて、このBBQの主宰者と現在共同で作業している新コーナー企画の最初の映像は8月中旬にはNHKの編成会議で披露されて正式にオンエア日程が決定します。この企画は決して単発に終わらせることなくシリーズ化させたいと思っております。今回のBBQ大会はある意味その出陣式だったかもしれません。

具体的内容はいえませんが、音楽文化をある意味変える、ことになるかもしれない企画です。ご期待下さい。

| | コメント (0)

2011年7月24日 (日)

エイミー・ワインハウス自宅で遺体で発見

自分の誕生日の日に、(一般的にはアナログ放送終了の日?(笑)) 訃報の記事を書くことになろうとは

■R&B歌手、エイミー・ワインハウスさん死亡
http://bit.ly/qNfR07

■Singer Amy Winehouse found dead
http://bit.ly/oJr7qg

兼ねてからアル中、薬物中毒といわれ先日のセルビアでのコンサートも泥酔状態でステージに上がりファンからブーイングを受けたという。リハビリ施設から出所して二週間もたたないうちにこのようなことに。死因は不明というが原因は明らかだろう。やはりどうしてもやめられなかったらしい。

奇しくもジャニスジョっプリン ジミヘン、カートコバーン、ジムモリソンといった音楽の伝説的アーチストと同じ享年、でも残念ながらまだ彼らのレベルに達しないまま故人となってしまった。才能があるのに本当に残念である。

今年は本当に訃報の記事を書くことが多い。

心からご冥福をお祈り申しあげます

| | コメント (0)

2011年7月22日 (金)

中村とうようさんを悼む

昨日はライブイベントだったのであまり書けませんでしたが、音楽業界にとって大変悲しいニュースが飛び込んできました。

音楽評論家の中村とうようさん、自宅から飛び降り自殺か
http://www.asahi.com/national/update/0721/TKY201107210520.html

知る人ぞ知る「ミュージック・マガジン」を作った人、エスニックやワールドミュージックを積極的に日本に紹介し、日本の音楽界に多大な功績がある方でなぜ自殺? 何かの間違いではとも思ってしまいます。

私も「ミュージック・マガジン」の愛読者の1人で、正直必ずしもとうようさんの評論、特に知る人ぞ知る「とうようズ・トーク」、にいつも賛同したわけではなかったんですが、それでも音楽に対する多くのデイベートを巻き起こし結果的に日本の音楽のさまざまなムーブメントを巻き起こした方でした。2010年12月に「ミュージック・マガジン」社を退社されましたが、昨今の音楽業界の惨状におそらくさまざまに思うところがあったのではないでしょうか?

79歳という高齢でなぜ自ら命を絶つ行為に及んだのかわかりませんが、非常に残念です。

心からご冥福をお祈り申しあげます。と同時に故人の音楽文化に対する多大な貢献に心から敬意を表するものです。

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

映画関係者交流会

久々ですが、映画関係者を中心とする交流会が秋葉原で行なわれましたので蒸し暑い中でかけました。

268234_206780332708237_100001288156

前回の交流会では多くの人脈を獲得することができ、その中の1人と現在さまざまなプロジェクトを進行させております。今回もそれ以上の人脈を獲得し新たな仕事に結びつけることができればと思います。結局映画音楽の仕事は映画監督とどれだけ多くの人脈を作るかによりますので...

音楽はDTM DAWの発達により打ち込みのインストであれば1人で作ることは充分に可能です。というか予算の関係で今たいていの場合そうせざるを得ません。僅かにボーカルやどうしても生音を録らなければならない場合にのみ複数の人間が必要になります。

しかし映画というものは絶対に1人ではできません。監督がカメラも主演も兼ねて、なんてことはありえないですね。そしてそれが映画というものを作るのに多大な予算を調達せざるを得なくなる、という事情にもなります。

かつて映画1本作るのに最低一億は必要、といわれましたが今はデジタル技術の発達により大幅なコストダウンができ、最近は1/10の最低一千万くらいにまで下がったようです。しかしそれでも映画製作の資金を調達するのは簡単ではありません。

その面で映画業界も厳しいですが、それでもはっきりいって音楽業界よりはまだ機能して、きちんと回っています。少なくとも回っていますから。音楽業界はもはや音楽の業界ではなくなっていますからね。

それにもはや音楽単体だけでは、音楽を広げるのは難しくなっています。結局映像媒体の中に音楽を入れないと音楽は広がっていかない。音楽単体だけでは動かないんですね。これは悲しい現実です。

そんなわけで今まで多くの種類の交流会に出席しましたが最近映像関係に特化している理由はここにあります。そして今の所それはポジテイブな流れを作っています。

| | コメント (0)

2011年7月 9日 (土)

KONTAKT4.0をようやく本格稼動

先月、MACのスノーレパード環境に移ってから過去のEAST WESTのColossusバンドルを利用可能にするためにソフトサンプラーのKONTAKT 4.0を導入。

しかし実はインストールDVDデイスクがご覧の通りでロードしてもエラーの状態(キズがあるのがわかりますでしょうか?)

110629_181601

結局部分インストールのみにしておいて、欠陥のあるインストールDVDデイスクのReplacementをNative Instrumentにおくってもらい。先日ようやく完全な形でインストール。稼動しました。

Ca3c0019

KONTAKT 4.0はソフトシンセ音源のプリセットも豊富です。まだ全部の音を聞いたわけではありませんが、結構使い勝手がよさそうです。実は現在CGショートアニメ"Legend"の音楽を手掛けていますが、、早速いくつかのプリセットを使いました。

しかしこのKONTAKT 4.0を導入した目的は、単にプリセット音源を再生するソフトシンセではなく、自分でオリジナル音源、プリセットを作ることができるソフトサンプラーのユニットであるという点です。

110709_123401

音源はCDから直接ではなく、いったんPeak Studio Prowavaiffに変換しなければなりませんが、

110709_123501

無事自分の作りたい音源を取り込み、編集することも可能です。E IIIなきあと、そういう機能のあるソフトサンプラーの導入の必要性が生じていました。実はこの機能は先日企画会議で通ったある番組のコーナー企画に絶対必要なものでした。

今回のCGショートアニメ"Legend"のテーマ曲もpro toolsでmidi打ち込みを行い、KONTAKT 4.0Vienna Instruments のソフトシンセをフルに使いました。

何にせよ音楽制作環境がパワーアップしました。

| | コメント (0)

2011年7月 7日 (木)

私の戦略転換の背景ーネット広告と既存のマスメデイア広告に関して

私もテレビやラジオCMの仕事をしたことがありますし、大手広告代理店とも仕事を何回もした実績がありますので、いわゆる既存のマスメデイアの広告やその効果について全く知らないわけではありません。
一方では私の関係のブログやホームページにはアフィリエート広告GoogleAdwords Adsenseについても長年使っていますのである程度のことはわかっています。

さてご存じのように私はアーチストや音楽のプロモーションを考える上で従来の「ロングテール」的な方法から、既存のマスメデイアでのプロモーション中心に舵を殆ど180度転換しましたが、今日はそれは広告効果の再分析の結果であるということをここでご説明しましょう。

さて、ここで多くのネットユーザーのみならず広告代理店関係者にすら広く信じられているインターネットの広告とマスメデイア広告に関する広告効果に関する見解について改めて検証してみたいと思います。

それは
「インターネットの広告効果はマスメデイアの広告効果よりすぐれている」
という観点

確かに費用対効果という点では、マスメデイアはマスにたいしてどんぶり勘定的に広告を発するのに対し、インターネット広告は特にアフィリエート広告はクリックに関する課金、場合によっては実際の成約に対する場合のみ課金されますから効率という数字の面ではそのとおりかもしれません。

しかしだからといってマスメデイアの広告はもはや無用の長物でインターネット広告さえやっていればいいのか、  といいますとことはそう単純ではありません。

そのポイントをいくつか整理したいと思います。

続きを読む "私の戦略転換の背景ーネット広告と既存のマスメデイア広告に関して"

| | コメント (0)

2011年7月 1日 (金)

堀江淳さんのライブを見に行きました

さてBigtimeシリーズの関係でおつきあいで昨日Studio Cube 326 Arkで堀江淳さんのライブを見に行きました。

Horiejun

堀江さんといえば昔「メモリーグラス」の大ヒットで知られますが、多くのアーチストに楽曲を提供した作曲家としても知られています。
実物を拝見したのは始めてですが、本当に華奢でやせている方で、実際男性ものの洋服のサイズは大きくて着れないそうです。だからあれだけ女性的な感じの声が出るのかもしれませんが..

会場では「メモリーグラス」の演奏の時には実際に水割りが配られましたが本人は水割りはあまり飲まないそうです。
まあ世間では一発屋とかいわれていますが、最近被災地を回られて「ありがとう」という曲を歌って被災者の方を感動を与えているようです。私も始めて聴きましたが非常に心に染み入るいい曲です。こういう音楽が広まらない今の日本はやはりどこかおかしい、何かが間違っていると思います。まあこういう曲を今のマスメデイアは扱わないという体質も問題だし、世の中の人がマスメディアに露出している音楽が世の中の音楽の全てだと考える傾向が強いのが問題だと思います。このブログで何回も論じていますがどうすればこれを変えられるのでしょうか?


| | コメント (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »