Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 格闘もむなしくMac G5dual 復旧断念 | トップページ | FM世田谷「ペットワンダーランド」出演 »

2011年6月 3日 (金)

私のMac歴

さて、昨日一昨日のMac G5 Dualのダウン。正直さすがに凹みましたがもうこうなると現実を受け入れざるを得ません。とくにもうすこしOveranxiousになるのをやめて、心を冷静に平穏になって仕事に取り組もうなどといっていた矢先だけに、ちょっとショックは大きかったですが、ものは考えよう、これで音楽制作環境を強化するチャンスと捉えて向こう一週間、スタジオの復旧作業に取り組もうと思っています。今はちょうど私自身の人生の勝負をかける時期、突然の出費は会社の経営状態がよくないだけに痛いですが、ここでやめるわけにはいかないので全身全能を振り絞ってこれからのことに取り組もうと思います。

Mac G5 Dualを導入してからだいたい6年ですが考えてみればほぼ6年ごとに私の仕事道具であるMacの機種が変わっています。振り返ってみますと

1.Mac Plus (中古) 1989-1991

System 4 : この当時のMacは今思うとオモチャみたいなもので、しかも中古(それでも当時は高かった)だったのでそれほど長くは使っていません。もっぱらmidi関係の仕事に使いましたが結局当時はYamahaQX1での作業が主でした。

2.Mac SE30 1991-1997頃

System 6 : 数あるMacの中でも名機といわれるMac SE30。個人的には仕事としても一番好調な時期だったこともあって一番よい思い出があります。カラーモニターですらなかったんですが速くフリーズすることも殆どありませんでした。このSE30はいまだにうちの物置に大事にしまってあります。

3.Mac Power PC LC(中古) 1997-1999頃

OS7: 個人的には中古で安く買ったとはいえ、失敗したと思った機種でした。フリーズや「予期せず終了」が凄まじいほどあって使い辛かった機種です。個人的にも音楽業界の状況が急変して苦しい時期だったこともあり、この機種にはよい思い出は殆どありません。尚、これに懲りて中古はいくら安いとはいえ、以後買うのをやめました。やはりいずれも2年もっていませんので

4.Mac Power PC G3 1999-2005

OS8 : LCの状況に困っていたのとたまたま比較的安価でMac Power G3が手に入ったので迷わずこれにスイッチしました。始めは重宝しましたがこの時期はAppleの機種が目まぐるしく変わった時期で(あれよあれよといううちにOSXに)結局機種自体が最後の2-3年は完全に時代遅れのものになっていたことがわかりました。尚、このG3は現行のシルバーではなくあのカラフルなリンゴのマークの最後の機種だったと思います。

5.Mac Power PC G5 Dual 2005-2011

OSX(Panther からTiger) : 私の人生の中ではSE30の次に活躍した機種かもしれません。この機種でリリーズの復活CD映画「俺たちの世界」そして奥津恵の作品等重要な仕事をすることができました。それだけに昨日の起動不能はかなり精神的に参りましたがまあそういう時期が来たのだと今は諦めるしかありません。

6.Mac Pro Quadra 2011-

OSX(Snow Leopard) : まあもうすぐLionになるそうですがとにかく今度の機種もG5 Dualと同じくらい、いやそれ以上の活躍を期待したいし、そうなってもらわないと困ります。

新しいMacは今週末くらいに来るそうです。楽しみというより緊張感が走ります。

「Macを買うなら…」でおなじみの、秋葉館オンラインショップ
もちろん話題のiPodも本体を含め関連商品充実!

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。