Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 言論を守るべきテレビ局が俳優の言論や思想を封鎖していいのか? | トップページ | 格闘もむなしくMac G5dual 復旧断念 »

2011年5月28日 (土)

会社の決算と転機に来た会社のwebプロモーション

私ごとだが、会社の決算がだいたい終わった。あとは清書するだけ。

二年連続ひどい決算書になってしまった。普通の会社なら倒産だろう。そのくらいひどい。

これというのも5年前から仕込んでいたあるコンテンツ事業が完全な失敗に終わったこと。こういう事態を見透かしてさまざまな手をうったつもりだったがことごとく失敗した。まあそれを今云っても仕方がない。

幸いにして今これからやろうとしていることがある程度見えてきているが、それがある程度回ったにしてもこの現状から脱するにはまだ足りないかもしれない。

私の会社は音楽関係の会社にしてはかなりネット対策を率先してやってきた会社だと思う。そして一時はそれがかなり成功した時期があった。だがそれもここ数年は低調である。特にAdwordsに関しては年々効果が薄れている感じがする。少なくとも広告費の割には効果が上がってない。

その対策のためにGoogleの「オンラインセミナー」なるものを受けたことがあるが、正直あまりこれだ、という話はなかったし実際それによって成果は上がらなかった。はっきりいって特にここ数年はかなりの無駄なお金をGoogleに支払っていたことになる。今年度は大幅にこれを見直す

意外に知られていないがホームページは露出やアクセス数が多ければいいというものではない。一番大事な点は「どういう人」「どれだけ」見るかが重要なのだ。特にB to Bの場合はそうだ。つまり「見てもらいたい人」、「すぐ仕事に結びつきそうな人」をできるだけ多く誘導するにはどうすればよいかを考えるのが重要だ。どんなにアクセスが多くても仕事に無関係な人、どシロウトの人、勘違いする人、などが大勢見たって何の効果もあがらない。実際一番困ったのはAdwordsで露出が増え、確かに問い合わせも増えたがその中で「勘違い」の問い合わせーナンセンスインクワイアリーがものすごく増えたこと。これは業務にも大きく支障をきたした。

また問い合わせに関する成約率も年々落ちている。いずれにせよ根本的な戦略変更が必要だ。そこの部分を強化して「既存の業務」の方も可能な限り方策を取るしかない。

勿論、パッケージビジネスにもはや将来はない。そして音声等のコンテンツビジネスはコストダウン圧力が予想以上に強く年々苦労している。インペグなど震災以来、自粛ムードもあり再開のめどがいまだに立っていない。

とにかく今年度の決算は昨年や一昨年のようなことは避けたい。一応今ある方向性は堅持しつつ、さらに方策を足さなければならない。

それにしてもコンテンツビジネスで多大な利益を得ようとするとかなりのリスクを負うことを覚悟しなければならない。またリスクの少ない請負になると今度はコストを叩かれてしまい、非常に薄利なビジネスをやらざるを得なくなる。

コンテンツビジネスをこんな風にしてしまったのは誰なんだろうか。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。