Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 日本人は音楽が好きなのではなく音楽をめぐるシチュエーションが好きなだけではないか | トップページ | おめでとう トレントレズナー »

2011年2月28日 (月)

第八十三回オスカー受賞者と感想

さきほどロサンジェレスのコダックシアターにて第八十三回オスカー授賞式が閉幕しました。

主な受賞者は以下のとおり

作品賞        King's Speech

監督賞        トムフーパー (King's Speech)

主演男優賞
     コリン・ファース(King's Speech)

主演女優賞     ナタリー・ポートマン (Black Swan)

助演男優賞     クリスチャン・ベール (The Fighter)

主演女優賞     メリッサ・レオ  (The Fighter)

最優秀アニメ作品  Toy story 3

撮影賞         Wally  Pfister (Inception)

編集賞         Angus  Wall and Kirk Baxter (Social network)

最優秀歌曲(主題歌) Randy Newman (Toy story 3)

最優秀音楽       Trent  Reznor and Atticus Ross  (Social network)

その他全部書くスペースはありませんので、他部門の受賞者を知りたい方はこちら (英語です。)
http://www.oscars.org/awards/academyawards/83/nominees.html

これに関する感想は続きを読んでください

結果的には一番大きな賞をKing's Speechが取りましたね。現エリザベス女王のお父さんの話しですが、やはり「イギリス的」なものに何となく動く傾向が今回もありました。映画としては私的には「ソーシャルネットワーク」の方が映画としてよくできていた印象がありますが、あの早口がご年配方には辛かったんでしょうかね? 

「ソーシャルネットワーク」のデビッドフィンチャーは「エイリアン3」の時はちょっといただけない、という印象を持ちましたが、ゲームやミュージックビデオを手掛けた監督ならではのテンポの良さを映画として昇華していった感じがします。

あとやはり私は映画音楽を一番注目していましたが、ナイン・インチ・ネイルズ のトレントレズナーが取ったというのは個人的にはうれしかったですね。まさか劇伴を手掛けるとは思いませんでしたがやはりアンダーグラウンド的なとんがった音が今の映画音楽には必要かもしれません。特に「ソーシャルネットワーク」のような映画には

とにかく私は傍観者ではなく実際の参加者になりたいと考えています。

 

|