Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 音楽配信に関する一考ーDRMフリーのAmazon配信開始に鑑み | トップページ | パッケージに関する一考ーCD,DVD等は決してなくならない。 »

2010年11月12日 (金)

iTunes映画配信開始 1000本以上を販売・レンタル

アップル:日本の「iTunes Store」で映画配信を開始 1000本以上を販売・レンタル

http://mainichi.jp/select/biz/bizbuz/news/20101111dog00m020065000c.html

i Tunes映画配信開始。「1,000本は始まりに過ぎない」 -Appleに聞く。「ソニーが参加するのであれば歓迎」(AV watch)

http://av.watch.impress.co.jp/docs/topic/20101111_406172.html

まあ正直ついに来たな。という感じ。

アメリカでは映画はもはや配信が中心になっていた関係でブルーレイに関してそんなに関心がわかなかったというが、日本で本格的にサービス開始になりこれが日本の市場にどう影響するだろうか。

一応これから音楽の面で映画に関わろうと思っているのでこの問題は私にとっても大いに関係が出てくる。ファイル形式はi-tunesである以上mpeg4だろうが、気になるのは平均二時間ー二時間半くらいの長さになると思われるコンテンツをダウンロードするのにどれだけ時間がかかるのだろうか。 自分は仕事でファイル形式が違うとはいえ二時間以上のmpeg2ダウンロードするのに半日以上かかった記憶がある。(私の環境は光ファイバーで1Gである)しかし映画一本ダウンロードするのにそんなに時間がかかったらとても普及しないだろうから、何らかの方法で高速ダウンロードできるようにしているのだろう。

こういうニュースでまたパッケージ不要論が台頭すると思われるから次の記事でその点について論じようと思う。

 iTunes Store(Japan)

|