Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« i-tunesで早速映画をダウンロードしました。 | トップページ | J-popに関する一考ー「売れセン」という概念放棄の勧め »

2010年11月19日 (金)

INTER BEE2010 に行ってきました。

昨年は行けませんでしたが昨日納品等が終わったこともあり、、幕張メッセのINTER BEE 2010に行ってきました。勿論プロオーデイオのところです。

うちから幕張までは遠いんですが、武蔵野線経由でいくと30分以上短縮できることがわかり、今回はそれで行きました。

101119_130801

2年前にはPro toolsの8.0の発表でしたが、僅か二年でPro toolsの9.0の発表です。時代背景を反映してか、Avidのブースが一番賑やかで大きかったです。まあ当然でしょうね。

まあPro toolsは8.3以降はIntel Mac仕様なので、どちらにしてもMacを買い換えないと導入できないわけですが、とりあえず現在7.3.1のTigerでもそんなに不便は感じていないのでまあ当分はまだ現行のシステムで行くでしょう。

ミキサーコンソール関係ではPAミキサーによるライブレコーデイング機能が充実してきて、もはやPA卓とレコーデイング卓の差はなくなっていますね。これからはライブ映像とそのサウンドトラックも高音質が求められますから当然の流れでしょう。

あとデジタルミキサーはPro toolsが完全に業界標準になってしまったせいか、殆どがMAを始めとするポスプロか、放送局用の仕様になっています。これも時代の流れでしょう。とはいえ、寂しい気がしますね。プロオーデイオの主役がポスプロの方に移行しているんですから...  とはいえ、うちの会社も劇伴、映画音楽等にメインをシフトさせようとしていますから、人のことはいえないんですが...

まあその辺りはPro toolsの9.0以外は特に目新しいのはなかったのですが、個人的には他のブースと比べて目立ちませんでしたが、3D音響(立体音響)に関して面白いプロセッサーがありました。Pro toolsともRewire経由でプラグインできるものです。あとバイノーラルのマイク等の情報もあり、その面でははるばる行ったかいがありました。現在うちの会社としては立体音響のノウハウを仕事に復活させようとしており、その面ではよい情報を得ることができました。この分野は映画、ゲーム、そして遊園地、施設等に応用できますので...

ちなみに弊社が今までやってきた立体音響のページです。サウンドが聴けます。
http://www.hybridmusic.jp/3Dsounds.htm

遊園地、博物館用のサウンド、デザイン
http://www.hybridmusic.jp/sounddesign.htm


|