Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« Vienna Special Edition Full 導入 | トップページ | マーケテイング庵「音楽産業の現状と今後を研究&トークセッション」 »

2010年10月22日 (金)

Vienna Ensemble 追加導入

先日導入したソフトシンセのVienna

やはりマルチチンバーでないと使い辛いのでVSL(オーストリアの会社)のホームページからVienna Ensemble vers 2 をダウンロードしました、

101022_182502

現在Vienna の日本代理店のクリプトンフューチャーメデイアVienna Ensemble PROというのが発売されていますが、これはメモリーを補うために複数のマックをクラウド的につなげるためのソフトです。というのもVienna のライブラリーをmidi16チャンネルフルに使うのはメモリーの大きさからいって一台のマックでは到底不可能、という現実問題があるためですが、まあ大オーケストラの場合は現実問題として一度にマルチチンバー再生というのは無理かもしれません。
まあどっちにしろ、Vienna Ensemble PROはIntel Mac以降の動作環境なので、私のG5 dual (メモリー増設8G)ではどのみち使えませんが、

私がダウンロードしたのはフリーソフトのVienna Ensemble vers 2です。いまだTigerの私ではこれでじゅうぶんです。非常に快適にマルチチンバーができます。プラグインも使ってないですがあります。たぶんあまり使わないかな。

101022_182601


まあTigerで現行のPTも快適に動いているので特に変えるつもりはないですが..


|