Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 音楽を始めとするコンテンツのコピーと無料配布について | トップページ | スタジオ新レイアウト »

2010年10月 6日 (水)

スタジオ改造に着手します

まあ「スタジオ」といってもそんなおおげさなもんじゃないんですが(笑)

実は自宅の「スタジオ」ブース(半畳)はもう12年くらい使っているんですが、やはり老朽化もそうですし、天井が低いんでデモ用とか簡単な「音声コンテンツ」を作る面では十分ですがやはり空間が狭い分何か音が篭ってしまうし商品レベルとしては正直辛い、ということで家のリホーム作業も行なっている折、ついでにこのブースも一畳くらいにして天井も高いのに変える方向で現在検討しています。

これによって、最近うちでよく受注するボイスオーバー系を始めとする音声コンテンツの制作作業を、クライアントの要望がない限り殆どを事務所内のスタジオで行なうことが可能になります。また簡単な歌モノやCMソングも外のスタジオを使わずここでできるようにして、コスト力をつけようと考えています。昨今のコスト要求状況は本当にきついですからね。

今日その業者の下見等が行なわれましたが、その結果ブースを広くする分スタジオのレイアウトをかなりいじらないといけないことがわかり、その作業も着手、いろいろとそろえなければならないことが判明。 まあ自宅のリホームの時もありましたが、いろいろと想定しなかったことが出てきます。考えてみればスタジオのレイアウトなど自宅にもどってから一度も変更していないのですが、当時はA-dat(もう忘れている人もいるでしょう?)中心のスタジオだったのだが現在はPro tools ,よく見るとそれに伴い使わなくなっている機材も結構あるんですね。この機会に全部処分しようと思っています。

尚、実はこの中で断腸の思いで処分しないいけなくなったのはEmuE III です。電源を入れても「System Error」が出て立ち上げることができない。修理するところはなくはないですが、診るだけで二万円、しかも直る保証はなく(HDだったらもうお手上げ)、しかも修理する場所は家から結構遠方に位置しています。電源故障という話もありましたが、どうもハードデイスクがシステムを読み込めなく電源自体は問題なく入っている、ということでHDの可能性が高いと判断、しかも部品自体がもはや存在しない、ということもあり修理作業はかなりリスクが高いと判断せざるを得ませんでした。

 このE III はある意味自分にとって「戦友」に近いほど自分の作品の多くに関わっており、処分するのは断腸の思いですが、この状況下ではもはやいたし方ない。当面はソフトシンセ、特にViennaのライブラリー強化を考えますがもう1台くらいラックマウントでいいからハードのサンプラーの導入も考えています。自分の独自のサンプリングライブラリーも構築したいので...

とにかく折角の機会なので思い切ってやってしまおうと思います。EmuE III はお名残おしいけど...


|