Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 会社のホームページへの広告見直しーアクセスは量じゃなく質だ | トップページ | 芸術性と商業性(大衆性)の融合した音楽 »

2010年9月27日 (月)

向谷 実+中西圭三 の「音楽産地直送」

向谷実さんと中西圭三さんがUstreamで音楽制作の現場を公開し、リアルタイムでで楽曲を完成させていく姿をインターネットで配信する「音楽産地直送」の試みをするという。

TwitterとUstreamで曲が誕生、向谷 実氏が試みた「音楽産地直送」とは

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20100614/1032100/

音楽制作の現場をUstreamを通じて可視化することによって以下のことを行なうという。

    1. 向谷氏自らがUstreamを配信し、Twitterを通じて視聴者とともに放送を作っていく
    2. 中西氏をはじめ、プロジェクトに賛同したアーティストが続々と参加
    3. 打ち合わせなしの作曲現場をリアルタイムでUstream配信
    4. できあがった曲をMP3ファイルで無料配布し、視聴者から歌詞を公募
    5. リアルタイムで歌詞を修正。視聴者からのアイデアがそのまま生かされる。向谷氏いわく「見ている人全員がプロデューサー」
    6. ネット経由の同時演奏ソフト「NETDUETTO」(開発中)を使い、ギタリストの斉藤英夫氏がギターパートに参加
    7. 作成したデモテープをMP3ファイルとして無料配布
    8. アーティストが参加する本格的なスタジオ収録を実施
    9. セッティングからトラックダウンまで、スタジオ収録の3日間を丸ごとUstream配信
    10. パートごとにUstream配信。8つのチャンネルで同時中継するマルチUstreamストリームを実施
    11. Ustreamに詳しいゆすとら氏がマルチストリーム視聴のための専用Webサイトを開設
    12. 完成した楽曲はiTunesなどで直接販売され、シングルチャートの上位にランクイン
    13. JASRACなどの著作権管理団体を通さず自主配信。DRMをかけずに配信する
    14. ボーカルやギターなどが独立したトラックを別ファイルにしたパッケージを販売

このことに関して向谷さんがネット放送で詳細に述べています。詳細はAppleclipをご覧下さい。podcastingもできます。

http://campaign.otsuka-shokai.co.jp/appleclip/ac/no80.html

さて以前奥田民生がレコーデイング(宅録)を「公開する」コンサートを開くという記事を書いたが向谷さんはそれをUstreamで公開するということらしい。また随時twitterで進行状況もアップするらしい。

まあ前の記事でも書いたが、我々はレコーデイングの現場の人間なのでいうがレコーデイング作業というのはものすごく地味な作業である。知らない人が見れば時々「訳のわからない」作業に見えるだろうと思う。

ただこういうことで音楽制作の現場というものが一般の人に理解してもらえる、というのはいいことだと思う。これによって音楽というものは簡単にできるもんではない、ということが一般の人にわかってもらえればいい。
それでアーチストの権利というものを大事にしたい、という風に考えてもらうきっかけになれば、と思う。

さて、実は来月この件も踏まえて上記のネットラジオAppleclipの主宰者である佐藤さん主催の勉強会があるが、4年前に私が参加した「マーケテイング庵」というコミュニテイのイベントである。来月末になると思うがこれに関してまた報告しようと考えています。

|