Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 「パ・リーグがネット中継有料化へ」に見るネットコンテンツのありかた | トップページ | 仕事仲間が減っていく... »

2010年3月29日 (月)

中途半端に「メジャー」になっちゃったアーチストは「メジャー」という肩書きにこだわる傾向がある。

今日ある事務所の社長との打ち合わせの最中、もしかしたら自分がかかわるかもしれないアーチストが実はまだ某メジャーの契約下にいることがわかり、現時点では開始したくてもできない状況だという。

意外に知らない人が多いと思うので「メジャー」として契約したところですぐにデビューできるとは限らないし、実はタイアップやメジャー側が「売れる」という状況にならないとCDはでない。しかも最悪なのは昔なら「アーチスト育英金」なるものが出たが今はそんなものビタ一文出ないから、結局アルバイト等をしないと生活していけない。例えていえば給料0で手に縄をかけられて身動きできない状況ーはっきりいえば「飼い殺し」(それもエサなしの)状態である。実は「メジャー」として契約したアーチストは意外にこういう状態の子が多いのだ。特にこの某メジャーS社はそういう傾向が強い。(私も昔のアーチストで経験がある)

普通に考えれば「だったらいっそのこと契約を解除したら」と思うが、ところが事務所社長によるとそれをやったらこのアーチストは自殺しかねないほど絶望するという。その社長はかなり困った表情でこれを話していたが、実はこういう例はものすごく多い。

私も昔ある「メジャー」アーチストの事務所とつきあいがあったが、そのアーチストは一度オリコン上位に入った経験があるものの以後ははっきりいってそれほど目立った活躍はしていない。しかし「自分はメジャーだ」というプライドだけは人一倍持っていて、はっきりいって時々「てめえ何様だ」と思いたくなることがあった。あえていうがこういう中途半端に「メジャー」になっちゃったアーチストは「メジャー」という肩書きにこだわる傾向がある。

ちょっと考えれば「世の中が見えていない」ということになるのだが、変な意味のプライドがジャマをして現実が見えなくなっているんだな、ということがわかる。実はこういう傾向が「メジャーレコード」を付け上がらせているといってもいい。

私にこういう相談をしてきたのはどうも私のブログを読んでくれたかららしい。しかしこれだけプライドによって現実が見えなくなってしまう人間の目を覚ますのは簡単ではない。でもせっかくこのアーチスト、いい声質で曲もいいのにもったいないと思うのも事実。

さて、どうしたものか think

ちなみにこの事務所とは今後何をやるかはこれからだけど協力しましょうということで合意した。これからの弱小プロダクションと制作会社は業務提携しないと生き残れない。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。