Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 「聞く」音楽から「体験する」音楽へ | トップページ | 今日の天気のように寒い「仕事がない」音楽業界 »

2010年3月 8日 (月)

オスカー2010年 NFLファンの私は"Blind side(邦題「しあわせの隠れ場所」)がおすすめ

今日は仕事で外出していたので始めの部分しか見れませんでしたが、司会がステイーブマーチンとアレックボールドウインの二人の息が結構合っていた印象があります。
「アバター」のキャメロン監督とキャメロン監督の元妻のキャスリン・ビグローの一騎打ちとなりましたが結果は以下のとおり、元奥さんのピグロー監督がいろいろとゴタゴタがあったにもかかわらず圧勝となりました。

▽作品賞
「ハート・ロッカー」

 ▽監督賞

キャスリン・ビグロー(「ハート・ロッカー」)

 ▽主演男優賞

ジェフ・ブリッジス(「クレイジー・ハート(原題)」)

 ▽主演女優賞

サンドラ・ブロック(「しあわせの隠れ場所」)

 ▽助演男優賞

クリストフ・ワルツ(「イングロリアス・バスターズ」)

 ▽助演女優賞

モニーク(「プレシャス」)

 ▽オリジナル脚本賞

「ハート・ロッカー」(マーク・ボール)

 ▽脚色賞

「プレシャス」(ジェフリー・フレッチャー)

 ▽長編アニメーション賞

「カールじいさんの空飛ぶ家」

 ▽長編ドキュメンタリー賞

「The Cove」ルイ・シホヨス監督

 ▽外国語映画賞

「瞳の奥の秘密」(アルゼンチン)

 ▽美術監督賞

「アバター」

 ▽撮影賞

「アバター」

 ▽衣装デザイン賞

「ヴィクトリア女王/世紀の愛」

 ▽編集賞

「ハート・ロッカー」

 ▽メイクアップ賞

「スター・トレック」

 ▽作曲賞

「カールじいさんの空飛ぶ家」

 ▽主題歌賞

“The Weary Kind (Theme from Crazy Heart)”(「クレイジー・ハート(原題)」)

 ▽音響編集賞

「ハート・ロッカー」

 ▽音響録音賞

「ハート・ロッカー」

 ▽視覚効果賞

「アバター」

 ▽短編アニメーション賞

「Logorama」

 ▽短編実写映画賞

「The New Tenants」

 ▽短編ドキュメンタリー賞

「Music by Prudence」

さて、今年のノミネート作品の私のおすすめは実は「アバター」でも「ハートロッカー」でもありません。やはり映画の王道をいっている作品でしかも実話の"Blind side(邦題「しあわせの隠れ場所」)です。
これは今年入団したNFLのボルテイモア レイヴンスOT(オフェンシブ・タックルーオフェンスチームのフロント5人で「司令塔」クオーターバックを守るのが役目)の実在の選手、マイケル・オーア( Michael Oher)の半生を描いたストーリーです。マイケル・オーアを保護して養子にしたリー・アン・トウーイーさんサンドラ・ブロックがやってます。
黒人のスラム街のホームレス少年を保護し、養子にして実の子同様に育てマイケルをプロのNFL選手にした、というおとぎ話のような実話を映画にしたものです。まだ人種差別意識の強い南部州でのできごとを、事実を淡々と描いているのが余計に感動を呼びます。
ちなみに"Blind side"のトレーラーです。



ちなみに実在のリー・アン・トウーイーさんはこういう感じの人です。


実在のマイケル・オーア選手です。(Baltimore Ravens)

7c09e7b8c0d7477ab103c54f14269c4bas

アメリカンフットボールを知らないと理解できない部分もありますが、純粋に感動できる映画としておすすめです。見て損にはならないと思います。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。