Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 多摩テック本日閉園と1人勝ちのデイズニーリゾートに見る「コンテンツ」の価値 | トップページ | いつのまにか、知らないうちに自分の作品にJASRAC管理番号が... »

2009年10月 4日 (日)

お知らせ:当ブログのコメントとトラックバックのポリシー

いつも当ブログーKyojiの音楽ひとりごとーにアクセスしていただきありがとうございます。さて、ここでのコメントの書き込み、発言ですいずれもいきなりは公開されません。

とりあえずこちらで内容を確認してから公開する価値があるかを申し訳ないですが私の独断で判断させていただきます。勿論明らかにスパム(アダルト、出会い系が多いですが..)とわかるものは公開されません。ですからコメントやトラックバック書き込みが可能になったからといって、すぐには公開されないので当ブログを攻撃しても無駄ですからスパマーの皆さんそのつもりで。

あとここはご安心いただきたいのですが、私の記事に対する反論、質問、批判etc etcはたとえ私と明らかに見解が違うものであっても特定の個人攻撃や誹謗中傷の表現がない限り公開いたします。

ここで最近ネットで「批判」と「誹謗中傷」を区別できない輩が最近増えていますので、ここでその私なりの定義について申しあげたいと思います。

まず「批判」というのは論点、主張の中の問題点を指摘するということです。そこには非難というニュアンスがある場合がありますが、ポイントは問題点が明確化するかどうか、であります。たとえ私と見解が異なる主張であってもその問題点の指摘が明確にあった場合は私は誹謗中傷とは絶対に受け取りません。ですから当ブログで私の見解に反論、批判する場合は必ず私の主張のどこに問題点があるかを指摘して下さい。そういう内容のあるものならいつでも受け付けます。

「誹謗中傷」にはそういった問題点の指摘はありません。そこには必ず論点とは無関係な人格、容姿、その人間の社会的立場といったもの等を傷つける表現があります。時には感情的な表現が入る場合があり、そうなるともう大人の対応ができなくなります。ブログ炎上は多くの場合このパターンになっています。はっきりいって議論は感情的になったほうが負けです。そういう発言は非建設的極まりないし、発言した人自身も頭が悪く見えますのでやめましょう。

以上の点をご理解の上、今後ともKyojiの音楽ひとりごとをよろしくお願い申し上げます

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141327/46388476

この記事へのトラックバック一覧です: お知らせ:当ブログのコメントとトラックバックのポリシー:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。