Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« スペインのクリスマスソング | トップページ | アナログ盤を楽しむ »

2009年10月25日 (日)

違法コピーが音楽業界衰退の原因ではないと誰がいったのか?

さて、先週の加藤さんの衝撃的な自殺がまだ波紋を呼んでいますが、何人からか以下の反応が帰ってきました。いずれも匿名希望ですがポイントとなる点なのであえてここにコメントの概要を記させていただきます。いずれも言い回し方は違いますが同じ内容のことをいっています

一般消費者と称するSさん

「権利や知財についても一消費者でしかないので詳しくはわかっていませんが、既にP2P共有ソフトなどが蔓延している今現在でも、売れるものはしっかり売れていますよね。

ある程度制作側の権利を蔑ろにする要因の一つなのかもしれませんが、今現在を見ていると(違法コピー)それが致命的なものだとは考えられないんです。」

一般消費者 Hさん

「音楽業界は衰退の責任をネットばかりに押し付けていて不愉快だ。違法コピーはあるにせよ、それが業界衰退や崩壊につながっているとは到底思えない」

さて、SさんとHさんには次のデータを見ていただこうと思う。日本レコード協会が3年前から行なっている携帯の違法ダウンロード数を調査したデータです。誤解のないようにいっておきますが、これは日本レコード協会を始め音楽の権利者団体と携帯の3主要キャリア(NTT docomo, au, softbank) が共同で2006年末から調査を開始したものです。念のためにいっておきますが、この調査で日本レコード協会がこのデータに対して何らかの操作を行なう、なんてことはまずありえないことを付け加えておきましょう。

アンケート関連団体

社団法人日本レコード協会
社団法人日本音楽著作権協会
社団法人日本芸能実演家団体協議会・実演家著作隣接権センター
社団法人日本音楽事業者協会
社団法人音楽出版社協会
社団法人音楽制作者連盟
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社

http://www.riaj.or.jp/release/2006/pr061221.html

その1年後に発表された調査結果は我々にとっても驚くべき内容でした。
http://www.riaj.or.jp/release/2007/pr071225.html
http://www.riaj.or.jp/release/2007/pdf/0804032.pdf

もう2年近く前のデータですが何とこの時点で違法な携帯電話向け音楽配信は有料配信を上回っていたことが判明しました。

・違法音楽ファイルの推定ダウンロード数
年間で約3億9,900万ファイル以上と推定され、直近1年間(2006年10月~2007年9月)の有料「着うた」「着うたフル」ダウンロード数の3億2,700万回を上回る。
・違法サイトの認知・利用率
違法サイトは、全体の82.5%が認知し、37.1%が利用している。昨年に比べ10代後半.20代で利用率が増加している。
・違法音楽ファイルの利用頻度
昨年はダウンロード対象は主に「着うた」であったが、今回は「着うたフル」が上回った。また、10代で違法「着うたフル」のダウンロード曲数が大幅に増加している。
・違法サイトへの音楽ファイルアップロード経験率
違法サイト利用者のうちのアップロード経験率は14.0%である。

さらに1年後発表の同じ要領での調査では

http://www.riaj.or.jp/release/2008/pr081224.html

http://www.riaj.or.jp/release/2008/pdf/081224.pdf

ようやくしますと、

違法サイトの全体の利用率は昨年から横ばいであるが、10代後半の利用率が昨年に引き続き増加傾向にある。違法音楽ファイルの推定ダウンロード数は、年間で約4億714万ファイル以上(昨年は3億9,926万ファイル)と推定され、直近1年間(2007年10月~2008年9月)の有料「着うた」・「着うたフル」ダウンロード数の3億2,900万回を上回る。

この状況に危機感を持ったのか、昨日まで携帯サイトによる着うた(R)」・「着うたフル(R)」の違法配信に関する利用意識調査のアンケートを行なっている。

以上のことから「合法」である有料配信を違法ダウンロードが大幅に上回ることが判明した。これは例えていえばデパートやスーパーの商品の半分以上が万引きや窃盗にあっているのと同じ状況なのです。通常万引きは1%超えるだけで経営を圧迫するから、いかに凄まじい状況であるかおわかりでしょうか?

違法コピーが音楽業界衰退の原因ではないと誰がいったのか?少なくとも私はそんなことを云った覚えはありません

S君、H君にこの話をしても「信じられない」(H君などは「こんなデータ嘘に決まっている」とハナから資料を見ようともしなかった)が、残念ながら違法ダウンロード、コピーの状況は想像以上に深刻であることがおわかりいただけるでしょうか? 

これに友達からの「無償コピーをもらう」などという数など調査しようがないのでわからないが、これもCDや有料配信を大きく上回る可能性が高いと思われる。以前、私は違法コピー、ダウンロードも業界の衰退の一因にはなっていると書いたが、ここまでいくと「一因になっている」などというレベルを遥かに超えている。音楽業界の問題はいろんな面で多いが、まずこの件を早急に解決しないとそもそも他の問題の解決策すら考える余裕がなくなります。

私が加藤さんの記事をブログに上げたときに、から騒ぎー1人で騒いでいる、などと思った人がいたようだが、決してそうではないことがこれによってわかっていただけるでしょうか?

実は最近、電車や喫茶店、飲み屋に行くと「お金をかけないでダウンロードする方法」に関する雑談を私もよく小耳にはさむようになりました。それも一度や二度ではありません。「i-tunesだとお金かかるからやめた方がいい」などといい大人が発言したことさえ、聞いたことがあります。それが犯罪である、という意識は全くないようです。それだけに事態は深刻です。

ネットや携帯の犯罪の始末に終えないことは「被害者の顔が見えない」だけに犯罪を犯しても罪悪感が生じない点でしょう。一向に収まる気配のない2ちゃんでの「殺人予告」もそうだが、それをやったらどういうことになるか、ということに対する想像力の欠如が原因でしょう。そして仮に検挙されたにしても詐欺罪や性犯罪同様、再犯性が極めて高いのも実情です。

認めたくない人はいるでしょうが、「違法ダウンロード」は間違いなくエンタテインメント業界の滅亡の危機に追い込んでいます。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。