Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« お知らせ:当ブログのコメントとトラックバックのポリシー | トップページ | よい音楽はマスメデイア以外で多く見つけられる »

2009年10月 7日 (水)

いつのまにか、知らないうちに自分の作品にJASRAC管理番号が...

このブログでは既存の音楽界等の批判をしたり、時には批判の矛先がJASRACにも向いている時がありますが、実は私はJASRACの正会員の資格保持者でした。

それが今から12-13年前と記憶していますがJASRACが会員から会費を徴収することになり、正会員は年間当時は2万4千円(今少し、金額が変わっているかもしれません)徴収されることになってから、正会員の身分を返上し現在はただの信託者という立場になっています。正会員になりますと、JASRACの評議員に対する選挙権、被選挙権を得られるほかJASRACの保養所を始めJASRACの職員と同じ福利厚生も得られる、ということらしいのですが、別に私自身はそれを必要としていなかったし、JASRACの評議員などになりたいとも選びたいとも思わなかったため、そのために決して安くない会費を払う点を躊躇したという背景があります。

だいたいJASRACの総会とかいった事あるけど、殆ど時間の無駄だしある議事に関して、JASRAC会員の派閥からいろいろな「勧誘」がある等、かえってめんどくさいことの方が多いことがわかったという点もあります。JASRACの作曲家、作詞家の間でもかなりドロドロとした部分があるんですね。私はそういうのに関るのは好きじゃないので、その手の人たちからは距離を置いています。

まあクラシック系とか演歌系の人はJASRAC会員という肩書きに結構こだわるみたいです。実際その手の人たちは名刺にそれを刷りますからね。でも私のようにゲームや劇伴、映像の音楽を作っている人間からするとJASRAC会員という肩書きは実は場合によってはかえってジャマになることもあるんです。詳細はここではいえませんが、いろいろと複雑な事情があるんですね。だから私は信託者という立場のみにとどめています。一方では自分の会社で音楽出版の機能もありますので、別にJASRAC会員という肩書きにこだわる理由はないんですね。 

でも会員の名簿の信託者というカテゴリーには私の名前がまだあるはずです。そして昨日私が奥津恵のために書いた曲が知らない間にJASRAC管理曲になっていたことが判明しました。i-tunesの窓口になっているvibirth経由でわかったんですが、今までの経験では普通作品を発表する際には然るべき段階で「作品届け」というものを出してから正式に管理曲、信託曲になるんですが、今回の事態は私が信託者として名前があるために配信等のインタラクテイブやその他のロイヤリテイの収入が発生した時点で、自動的に登録され、JASRACの信託曲になってしまうようです。音楽配信時代になってからそういう点が結構変わっているんですね。不覚にも知りませんでした。

実は私が奥津恵のために書いた曲であえて作品届けを出していないのは理由があります。それはJASRAC信託を拒否しているというよりは、まだ曲のプロモーション方法としてタイアップの余地をまだ残しておきたいという点もあります。なぜなら地上波のタイアップは多くの場合放送局系の出版社がからむからで、うちの会社が作品届けを出してしまったら、その余地は完全に消えてしまうからです。

従来の「古典的」な音楽プロモーションを批判している私ではありますが、しかしそういった方法を完全に排除しているわけではありません。曲のプロモーションに当たっては、自らオプションを削るよりはいかなるプロモーションチャンネルも排除しないという風に柔軟に考えることが必要だからです。

音楽によるネットプロモーションに関してさまざまな試行錯誤を行なっている私ですが決して古典的な音楽業界のプロモーション方法の常套手段までは完全に否定はしていません。問題はそれだけしか考えない、そうした古いビジネスモデル以外一切考えない、という点がもっとも大きな問題なのです。

とはいえJASRAC管理曲と判明した以上はそう長い間宙に浮いた状態にするわけにもいかないので可能な限り早い時期に決断をしなければなりませんが..、

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141327/46421783

この記事へのトラックバック一覧です: いつのまにか、知らないうちに自分の作品にJASRAC管理番号が...:

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。