Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« あえて問う!! 次世代パッケージの形を語ることは本当に時代遅れなのか? | トップページ | 「よい音楽」が正当に評価される世の中に »

2009年9月27日 (日)

沢尻エリカの解雇

一応私は取るに足らない事務所の経営者ではありますが、スターダストプロダクションの今回の解雇決定は極めて当然だと考えます。

■エリカ28日にも解雇…復帰映画もパ~
http://www.daily.co.jp/gossip/article/2009/09/27/0002390148.shtml

■エリカ様窮地、所属事務所が契約解除通告
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090927-548447.html

芸能界も音楽界も「自由奔放な世界」と勘違いする人が多いけど、実はマナーとか素行の悪い人間ははっきりいって嫌われます。普通の社会とその点は全く変わりません。
ましてイメージを売り物にしているタレントが事務所と契約関係もない特定のブランドの「広告塔」と受け取られる行動を取ってしまったらそりゃまずいでしょう。夫の高城氏も広告の世界でCMの仕事とかたくさんしているんだからその程度のことはわかるはず。こりゃ事務所は怒っても仕方がない。

まして先日の押尾や高相と同じ場所にいたら事務所でなくても疑念はわくはず、仮にその結果はシロであってももうじゅうぶん振り回された、うんざりだ、勘弁してくれ、という感じになるでしょう。

結局面倒くさいことはみんな嫌いますからね。

押尾と同じでルックスがよくても性格が最悪だとやはり哀れな末路しか待っていないでしょうね。起こるべくして起きたことでしょう。

|