Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 3年越しのプロジェクト正式終了!! | トップページ | ITの急激な発達でも社会は進歩していない »

2009年7月26日 (日)

今のインデイースは昔のインデイースではない

まず、日付が変わって昨日渋谷Club Crawlでの奥津恵でのライブ、無事終了いたしました。ご来場いただいた方、ありがとうございました。m(_ _)m

 さて、先月と今月の二回にわたってVibirthと渋谷FM共同取材のイベントで現在インデイースでもトップクラスのアーチストたちと同じイベントでうちの奥津恵が競演したのですが、他の共演者の方からも恵の歌はとても好評でした。そして前回と今回のイベントで改めて驚いたのは出演者たちの演奏レベルの高さでした。

 「今のインデイースは昔のインデイースではない」-このことは今一部の音楽業界関係者にとっては「何をいまさら」といわれるくらい実は周知の事実なんですが、それでも「インデイース」という言葉の響きはまだなんとなくマイナーというイメージを持っている人が少なくありません。

 もしあなたが「インデイース」 と聞いて例えば二十年前のイカ天のバンドのようなイメージ、あるいはうす汚いライブハウスでアングラでひとりよがりな演奏をする超マイナーなバンド、等のイメージをまだ持っているとしたらそれは大変な間違いであることを指摘しておきたい。確かに私たちがバンドを若い頃バンド活動をしている時は、知名度や観客の動員力は勿論、音楽の面でもメジャーとインデイースは明確な差がありました。それこそメジャー=一軍、インデイース=二軍といってよかったですね。しかし今は違います。勿論そういうバンドやユニットもまだ存在しているのは事実だが、少なくとも今の「インデイース」 のトップアーチストといわれる人たちはこと音楽の質という面に限って言えば、メジャーと遜色ないどころかその辺のメジャーよりよっぽどクオリテイの高い音楽をやっているといっていいです。先月と今月のD-nextのライブでの恵以外のアーチストを見て、ほぼこの点については確信というか確証を得ることができました。

 ちょっと前の時代だったら先月のアーチストも今日出演したアーチストも全員文句なしにいわゆるメジャーデビューができたでしょう。しかし今のメジャーレコードはもはやこういう人たちを育てる力は残念ながら殆ど残っていないといっていいです。

よく「最近の音楽はつまらない」とか「ジャンクミュージックばかりだ」という発言を聞きます。しかしそういう人たちは地上波のテレビで垂れ流しになっている「メジャー(!?)」の音楽しか聞いていないからであって、実は見えないところでレベルの高いアーチストはいっぱいいるということが知られていないからだと思います。

つまりこれだけは声を大にしていいたいのです。

地上波のテレビやラジオで流れている音楽が世の中に存在する音楽の全てでは決して

ない

ということです。今の日本の音楽はジャンクミュージックばかりだと思っている方は、実は「見えないところで」クオリテイの高い音楽が存在していることを見逃しているといって過言ではありません。地上波のテレビで流されている音楽は「操作」された情報でありテレビ業界と音楽業界という既得権益で縛られている人たちによって、恣意的にコントロールされた情報や音楽しかないし、そういう音楽しか存在できない、といっても過言ではありません。

情報に対して受身的になるクセがどうしても抜けない日本人ですが、もしあなたが良質の音楽に飢えていて今の音楽はつまらない、ジャンクミュージックばかりだというのなら前述のVibirthを始め、ネット等「良い音楽を捜してみる」ことを私は強くおススメいたします。私たちが若い頃はデイスクユニオン等で何か面白い音楽はないか、と探したもんでした。そういう行動を今こそ見直してみてもいいのではないでしょうか?必ず今までと見方が変わるはずです。

繰り返します。今の音楽はつまらないとお思いなら「良い音楽を捜してみる」ことを是非やってみましょう!!。すぐには気に入った音楽は見つからないかもしれませんが、捜すというのは実は楽しいことでもある、ということを実感していただければ幸いです。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。