Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 怒涛の一週間が終了して | トップページ | ロックの名曲のオーケストラアレンジ »

2009年3月18日 (水)

マスタリングをMerging Pyramixで行ないました。

ここ数日全く身動きができない状態でしたが、ようやく先ほど納品が終わりました。coldsweats01

さて月曜日は実はマスタリングと音声コンテンツ収録の現場のダブルヘッダーだったんですがマスタリングは新作ミニアルバムのマスタリングでした。こういう時代だからこそ音のクオリテイのこだわりたいと思いシングルビットのマスタリングを行ないました。長年のつきあいのマスタリングエンジニアのS君のスタジオで行ないました。

090316_130901

090316_135501 システムはスイスのMerging社のPyramix(左)でWindowsベースで動きます。マスタリング素材は24bitのaiffで持参し32 bitの音質で編集、今回はにぎやかな曲からものすごく静かな曲までバラエテイに富んでいるので、逆に高音質のマスタリングでないと恐いんですね。 私の知る限りでは今最高音質のマスタリングが行なえると思います。

090316_132001

音の取り込み中、-コンプレッサーやEQを通したあとMergingに入れ込みます。

090316_141301

曲を何曲か入れ込んだ状態です。

以前にも書きましたがデジタルの音の方はどんどんハイスペックになっていくのに今はmp3が主流になりつつあるというのは大きなパラドックスですね。またデジタルというだけでmp3とCDが同じ音と思っている人たちが驚くほど多いのも問題です。実際はmp3ははっきりいってジャンクフードの音のレベルですし、やはりジャンクフードレベルの音ばかり聞いていたら感性も想像力もどんどん退化してしまいます。CDもデジタル技術草創期に作られた規格なので、先日のソニーのBlue Spec CDじゃないですが、一刻も早く高品位なサウンドを一般の人たちが手軽に聞ける環境を再構築してもらいたいと切に願います。

弊社のマスタリングにご興味のある方はこちら

http://homepage1.nifty.com/hyb-music/mastering.htm 

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。