Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 収入減を嘆く前に少しは見るに堪える番組を | トップページ | グラミー2009 ロバートプラント/アリソン・クラウス 五冠!! »

2009年1月20日 (火)

販促のためのノベルテイCD

私の会社は勿論一般の市販用のCDも多く発売し、また他の会社の依頼によって作ったりしておりますが、実は企業のための販促品、広告代理店用語ですとノベルテイまたはインセンテイブ用のCDも多く作っております。 たぶん企画のみ、というのを含めると日本で一番多くこの手のものに関っているのではないかと自負しております。スポンサーの企業名も結構有名ところが多いです。

ご興味ある方はこちらをご覧下さい。
http://homepage1.nifty.com/hyb-music/cd_ordermade.htm

Classic1その中でここのところ毎年やっているのはある金属メーカーの展示会の時に配る「クラシック音楽のCD」です。写真は昨年やらさせていただいたジャケットです。2000枚作ったわけで今年は曲目を変えて再度制作しています。音源は弊社でつきあいの長いあるクラシック音楽の事務所の契約を経てご提供いただいております。
昨年は「のだめ」ブームでベートーベンの第七番でしたが、今年はなぜかベートーベンの第六番の「田園」。勝手な解釈ですがおそらく昨今の「エコブーム」の影響があるんでしょうか。

さて、こういうCDのありかたは別に珍しいことでは必ずしもありません。皆さんおぼえていらっしゃるかどうかわかりませんが、ビッグアーチストのプリンスがある新聞社のノベルテイ(付録)に自作のアルバムCDをつけた例があります。

アルバムの無料配布は増える? プリンスがニューアルバムを無料配布
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2007/08/post-b770.html

勿論「無料配布」といっても誤解しないでいただきたいのはプリンスのCDを実質的にこの新聞社が「買っている」ためにこういうことができるわけで、わかりやすくいえば地上波のテレビ番組は見るのは無料ですが、実際にはスポンサーが「買っている」のと全く同じことになります。したがってコンテンツは無料というイメージを持っている人は多いようですが実際には無料ではなく、別の人が「買っている」わけであります。

今回のクラシックCDも全く同じです。ただこれは特殊なケースであることは確かでだからこれをもってこれから「全てのCDはこれから無料配布されるだろう」などという議論が出てくるとしたらそれはあまりに早計であり、短絡的だと思います。そう話は単純ではありません。

まあ最近「無料の」地上波テレビ番組の低レベル化が叫ばれていますが、無料とはいえ音のプロとして恥ずかしくない音を心がけています。音も24bitに立ち上げマスターはDDPにしてあります。

尚、余談ですがベートーベンの「田園」はあの有名な「運命」とほぼ同時期に作曲されました。殆ど同時進行で全く違うイメージの交響曲が作曲されていたわけですが、実はこういう場合の方が作曲作業としてはやりやすいと思いますね。ちなみにベートーベンが聴力を失って自殺まで考えたいわゆるハイリゲンシュタットの遺書の時期の後だったのですが、今日マスタリングして思ったのは、そうしたハードな時期にベートーベンは自分のための「ヒーリング」を目的にこの「田園」交響曲を書いたのでは、という感じもしますね。私自身もどちらかというと自分の精神的疲れを癒すためにヒーリング音楽を書いている時がありますから、同じかもしれません。ハードな時期を過ごしたり、メチャクチャパワーが必要な音楽を書き終えた後は静かな曲を書きたくなる時ってありますからね。

<お知らせ>

最近またスパムコメントが増えましたため当分の間コメント書き込みを中止にします。特に若干一名(ログは大阪ですが)執拗にスパムを繰り返す輩がいますので、非常に迷惑ですからやめてください。

|