Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 音楽業界に関して質問をいただきました。 | トップページ | QueenがPaul Rodgersで十三年ぶりにアルバム »

2008年8月31日 (日)

コンテンツ学会というのができるようです。

コンテンツ学会
http://contents-gakkai.org/

というのができるようです。

呼びかけ人は

・堀部政男(一橋大学名誉教授)
・杉山知之(デジタルハリウッド学校長)
・玉井克哉(東京大学先端科学技術研究センター教授)
・中村伊知哉(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)
・和田洋一(スクウェア・エニックス代表取締役社長)
・金正勲(慶應義塾大学DMC機構准教授)

10月11日、秋葉原コンベンションホールにて設立会及びシンポジウムが開催されるようだが、自民党の麻生太郎や民主党の原口一博も来るという。原口はともかく麻生まで来るとは何か胡散臭い感じも何となくする。「学会」というからには学問的な部分があると思うのだが一体何をやるのだろう? 詳しいことをご存じの方は教えてください。

デジハリやゲーム会社の人がいるようだが、ここで気になるのは著作権や知財関係の専門家といえる人間がいないこと。例の総務省のコンテンツ会議と同じ、ハードやIT系会社主導で行われると思われても仕方がない。音楽配信や映画配信のビジネス本格化までもし視野に入れているとしたら、映画関係者や音楽関係者も入っていないとおかしいだろう。その業界関係者の参加はあるのだろうか?

気になるのは映像制作や音楽制作の関係者はともにこの官やハード、IT系の「コンテンツビジネス推進」の流れに対してどうしても受身や「守勢に立っている」様に見えてしまうこと。もし今回の「コンテンツ学会」がアーチストやクリエーターの権利を軽視するような方向にいけば取り返しのつかない事態になるかもしれない。

そうならないためにも、音楽関係者、映像関係者が積極的にこうした動きに参加してほしいものだ。スクエアの和田さんやデジハリの杉山さんだけだとコンテンツ制作者の権利がいいようにやられてしまう可能性がある。

興味ある方のため設立記念発起会のお知らせです
=========================
コンテンツ学会設立総会・シンポジウム
・日時:2008年10月11日(土)
  13時30分~14時:発起人を対象とした設立総会
  14時30分~16時30分:設立シンポジウム
  終了後、設立記念パーティーを開催
・登壇者:会長・副会長候補、および麻生太郎氏、原口一博氏
、コンテンツ関連4省庁をはじめとした各界からのゲスト
・会場:秋葉原コンベンションホール
・地図:http://www.akibahall.jp/data/access.html
・費用:無料(設立記念パーティーのみ会費制:5000円程度)


|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。