Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« レコーデイング終了 | トップページ | 「コンテンツ制作者に冷たい日本」ーデジタルコンテンツは「文化」であってただの「ファイル」ではない »

2008年6月18日 (水)

最新マスタリング事情

さて、先日のレコーデイング終了を受けてCDを作るためのマスタリング作業を開始、今回は事情によりCDを2種類作ります。というわけで二枚のCDのマスタリングを行います。

ご存じない方のためにマスタリングとはどういう作業か、簡単にご説明しますと録音、TDiし終えた音の素材をCDという製品にするための作業でいわばここで作る音の作業、ここでの音質調整作業が最終的に製品の音となる、CDを作る上では最も重要な工程のひとつです。これはパソコンのCDライターで単にまとめる作業とは違い、曲をより迫力を持たせたり、曲間の調整、音質のその他の調整を行うもので、業界ではマスタリングエンジニアという人たちがいて、いわば音楽をCD上でいかによい音で聴かせるか、はこの人たちの腕しだいで決まってしまいます。料理等に例えて云えば食材や料理をいかにおいしい状態でお客さんに出すか、いかに「おいしく」見せるかという料理の最終工程に当たります。その作業のためのスタジオをマスタリングスタジオといいます。

このマスタリングスタジオは長い間”Sonic Solutions"というMACOSのソフトで作られるのが業界ではもっとも一般的で、今でも業界のスタジオの6割がこの”Sonic"を使っています。一部のスタジオではWindowsのWave labなるアプリケーションを使っているようですが、正直それほど”Sonic"と比べて飛びぬけてよい音だったという印象はありませんでした。しかし最近

Pm20with20tft

MERGING Pyramix 6.0(写真)が急激に注目されているようです。これはWindowsベースで動くソフトでマスタリングにもレコーデイングやシーケンスソフトも内臓しているいわばpro toolsに近いソフトですが、マスタリング用としてプロの現場で急激に普及しているようです。仕様は32bitでPCM44.1kHz~384kHz,DXDおよびDSD(1-bit 2.8MHz) まで対応可能というかなり驚異的なスペックといっていいです。音を聴きましたが本当に実在感、空気感がはっきりしています。アコーステイックな音をマスタリングしたりするのにはとてもいいでしょう。

このMERGINGなる会社はスイスの会社のようで「クラシック音楽」をよりよい音で録りたいという開発者の思想がこのアプリケーションソフトに反映されているようです。既にV社やS社のメーカーのマスタリングスタジオで導入されているようで、これが業界標準になる可能性があります。もしそうなれば32bitのマスタリングが業界標準になるかもしれません。まあCDにするには16bitに下げられるのですが、それでも元の音が違うと作られた音の印象がかなり違います。

ちなみにこのMERGING Pyramix 6.0で作った音の空気感、音の広がりはmp3ではきちんと再生されないでしょうね。まあ音楽配信やネットでの音楽戦略については追々このブログで書きますが、音楽配信がmp3で行われる限りは、ネットで本当の音楽の価値は伝わらないのではと最近考えるようになりました。例えは悪いですがこのマスタリングスタジオの音を一流レストランの料理だとすれば、mp3はやはりジャンクフードのレベルにしかならないと思います。まあインターネットのスピードが現行のFTTHより更に10倍以上早くなり、aiffかwavが配信で当たり前のように扱われるようになれば話は別ですが、mp3のレベルの音中心だと、音楽配信が本当にCDにとって変わるという考え方には私はどうしても懐疑的になってしまいます。

最後にこのソフトを使っているマスタリングエンジニアが私に言ったことがとても共感します。本当のよい音を作って世の中に出す、その使命を忘れてはならない」 最近いわゆるメジャーレベルからもメジャーとは名ばかりの音のクオリテイでCDを発売しているところが少なくありません。ですから確かに音楽のクオリテイの低下が叫ばれているのはわかりますが、こういう考え方を持っている人間がまだ音楽業界にいる、ということはもう少し多くの方に理解していただきたいです。私自身もそういうことを心がけて仕事をしていきたいと思います。

ちなみにもうひとつお勧めのマスタリングソフトですがMAGIX社のsequoiaです、コストパフォーマンス重視ならこちらでしょうね。これもWindows仕様でなかなかいい音です。いずれにせよマスタリングに関してはMAC OS中心からWindowsに移行しそうです。もともとOSX用の”Sonic Solutions"があまり評判良くなかったこともマスタリングの世界でのMAC離れが始まったのですが...

http://www.samplitude.com/eng/seq/uebersicht.html

ちなみにpro toolsiに関してはMACもWindowsも可能ですが、やはりWIndowsを使うとあまりよい音にはなぜかなりません。それにWindowsでpro toolsを使うとすぐにフリーズやクラッシュすることが多いようで、その関係で私もMACを引き続き使っています。一応MAC暦20年なので...

弊社のマスタリングにご興味のある方はこちら

http://homepage1.nifty.com/hyb-music/mastering.htm

|