Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月23日 (月)

「コンテンツ制作者に冷たい日本」ーデジタルコンテンツは「文化」であってただの「ファイル」ではない

慶応大学の岸さんのコラム

「コンテンツ制作者に冷たい日本」(日経ITプラス)

http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMIT12000023062008&landing

先週は、コンテンツに関係する政策面での2つの注目すべき出来事があった。一つは「知的財産計画2008」の決定であり、もう一つはダビング10の急転直下の開始合意であるが、これらを通じて一つの事実が明確になった。日本の政府と関係者はやはりコンテンツ制作者に冷たい、ということである。(岸博幸の「メディア業界」改造計画)

この総務省の委員会で、権利者側がダビング10の開始を容認、つまりダビング10と補償金を分離し、一方で補償金については新たな合意もどきが喧伝されてしまったため、権利者側がやむを得ず譲歩してまとまった、ということである。早い話が今まではダビングしてもメーカーか補償金が下りたが、ダビング10では少なくとも今の現状ではびた一文それが出ない。役人の空手形と口約束にいとも簡単に篭絡されてしまった、というのが現状のようだ。だが、岸さんもいってるように役人の空手形と口約束ほど当てにならないものはない。

ここでもう一度声を大にしていいたいが、

コンテンツというのは文化である。 

決して消費財ではないし、消費財であってはならない。コンテンツはデジタルでも「ただのファイル」ではなくアーチストが身を削る思いで作った文化なのだ。そこを理解しない人がこの国では本当に多い。「ファイルの一種だからコピーして何が悪いの? 何をしようが私の勝手でしょ?」という人がいかに多いか。

コンテンツの流通というのは文化、ソフトウエアを作る人間の制作環境が充実し、権利者とユーザー双方がハッピーになる条件で行わなければならない。しかし岸さんがここでも書いているように

この国の政府や関係者は、本当にコンテンツを強化しようなどと考えてはいない。「デジタルコンテンツの流通」という流行りものを追求したり、自分たちで作った合意をとにかく実施したりという目先の利益のために、コンテンツ制作者を平気で犠牲にする人ばかりなのである。

前にも書いたが彼らの視点からは「デジタルコンテンツは文化だ」という視点が全く欠けている。単なるファイルの一種くらいにしか思っていない。そういう人間が委員会の大半だから困るのだ。

今、ネットではこの「デジタルコンテンツの流通」「ネット世界の発展」のためなら全てのことが正当化されるという雰囲気がある。だが、前にもいったようにコンテンツ権利者をないがしろにし、コンテンツ制作者の制作環境(実はかなり今既に悪くなっている)が悪化することはコンテンツの質を低下させ、最後にはコンテンツ、文化そのものが崩壊する危険性を持っている。つまり、結局は「デジタルコンテンツの流通」によるビジネスチャンス今のままではデジタルコンテンツビジネスそのものが崩壊する危険性を帯びているということである

勘違いしてほしくないのは私はコンテンツ制作者としての正当な報酬について論じているだけであって、決してどこかの政治家や官僚のように既得権益を守ろうという観点からこのことをいっているのではない。そこはくれぐれも勘違いしないで欲しい。私は心のそこからデジタルコンテンツビジネスが発展して欲しいと思っている。しかしこのままではコンテンツビジネスの明日はない


|

2008年6月18日 (水)

最新マスタリング事情

さて、先日のレコーデイング終了を受けてCDを作るためのマスタリング作業を開始、今回は事情によりCDを2種類作ります。というわけで二枚のCDのマスタリングを行います。

ご存じない方のためにマスタリングとはどういう作業か、簡単にご説明しますと録音、TDiし終えた音の素材をCDという製品にするための作業でいわばここで作る音の作業、ここでの音質調整作業が最終的に製品の音となる、CDを作る上では最も重要な工程のひとつです。これはパソコンのCDライターで単にまとめる作業とは違い、曲をより迫力を持たせたり、曲間の調整、音質のその他の調整を行うもので、業界ではマスタリングエンジニアという人たちがいて、いわば音楽をCD上でいかによい音で聴かせるか、はこの人たちの腕しだいで決まってしまいます。料理等に例えて云えば食材や料理をいかにおいしい状態でお客さんに出すか、いかに「おいしく」見せるかという料理の最終工程に当たります。その作業のためのスタジオをマスタリングスタジオといいます。

このマスタリングスタジオは長い間”Sonic Solutions"というMACOSのソフトで作られるのが業界ではもっとも一般的で、今でも業界のスタジオの6割がこの”Sonic"を使っています。一部のスタジオではWindowsのWave labなるアプリケーションを使っているようですが、正直それほど”Sonic"と比べて飛びぬけてよい音だったという印象はありませんでした。しかし最近

Pm20with20tft

MERGING Pyramix 6.0(写真)が急激に注目されているようです。これはWindowsベースで動くソフトでマスタリングにもレコーデイングやシーケンスソフトも内臓しているいわばpro toolsに近いソフトですが、マスタリング用としてプロの現場で急激に普及しているようです。仕様は32bitでPCM44.1kHz~384kHz,DXDおよびDSD(1-bit 2.8MHz) まで対応可能というかなり驚異的なスペックといっていいです。音を聴きましたが本当に実在感、空気感がはっきりしています。アコーステイックな音をマスタリングしたりするのにはとてもいいでしょう。

このMERGINGなる会社はスイスの会社のようで「クラシック音楽」をよりよい音で録りたいという開発者の思想がこのアプリケーションソフトに反映されているようです。既にV社やS社のメーカーのマスタリングスタジオで導入されているようで、これが業界標準になる可能性があります。もしそうなれば32bitのマスタリングが業界標準になるかもしれません。まあCDにするには16bitに下げられるのですが、それでも元の音が違うと作られた音の印象がかなり違います。

ちなみにこのMERGING Pyramix 6.0で作った音の空気感、音の広がりはmp3ではきちんと再生されないでしょうね。まあ音楽配信やネットでの音楽戦略については追々このブログで書きますが、音楽配信がmp3で行われる限りは、ネットで本当の音楽の価値は伝わらないのではと最近考えるようになりました。例えは悪いですがこのマスタリングスタジオの音を一流レストランの料理だとすれば、mp3はやはりジャンクフードのレベルにしかならないと思います。まあインターネットのスピードが現行のFTTHより更に10倍以上早くなり、aiffかwavが配信で当たり前のように扱われるようになれば話は別ですが、mp3のレベルの音中心だと、音楽配信が本当にCDにとって変わるという考え方には私はどうしても懐疑的になってしまいます。

最後にこのソフトを使っているマスタリングエンジニアが私に言ったことがとても共感します。本当のよい音を作って世の中に出す、その使命を忘れてはならない」 最近いわゆるメジャーレベルからもメジャーとは名ばかりの音のクオリテイでCDを発売しているところが少なくありません。ですから確かに音楽のクオリテイの低下が叫ばれているのはわかりますが、こういう考え方を持っている人間がまだ音楽業界にいる、ということはもう少し多くの方に理解していただきたいです。私自身もそういうことを心がけて仕事をしていきたいと思います。

ちなみにもうひとつお勧めのマスタリングソフトですがMAGIX社のsequoiaです、コストパフォーマンス重視ならこちらでしょうね。これもWindows仕様でなかなかいい音です。いずれにせよマスタリングに関してはMAC OS中心からWindowsに移行しそうです。もともとOSX用の”Sonic Solutions"があまり評判良くなかったこともマスタリングの世界でのMAC離れが始まったのですが...

http://www.samplitude.com/eng/seq/uebersicht.html

ちなみにpro toolsiに関してはMACもWindowsも可能ですが、やはりWIndowsを使うとあまりよい音にはなぜかなりません。それにWindowsでpro toolsを使うとすぐにフリーズやクラッシュすることが多いようで、その関係で私もMACを引き続き使っています。一応MAC暦20年なので...

弊社のマスタリングにご興味のある方はこちら

http://homepage1.nifty.com/hyb-music/mastering.htm

|

2008年6月15日 (日)

レコーデイング終了

ここ数日スタジオでしたが、昨夜未明というか今朝早く(終了朝の3時, 帰宅は朝の4時ーもう空は明るくなってました(^^;))レコーデイング無事終了しました、例のpro toolsのオケの件は無事解決、その後は滞りなく作業が進みました。それにしてもなかなか予定通りには進まないものですね。結局当初予想した以上の時間がかかってしまいました。まあなんでも簡単にものはできない、ということでしょう。 関係者及びスタッフの皆さん、そしてリリーズのお二人、お疲れ様でした。

ところでスタジオに入る前の昨日東北地方で大変な地震があったようです。親しい人間の何人かは東北に住んでおられるので心配でしたが皆さん無事でなによりでした。今回の地震で多くの方が亡くなられたようですね。謹んでご冥福をお祈りしますと同時に、被害や怪我をされた方には心からお見舞い申し上げます。

情報によると今回の東北地震、揺れの加速度は観測史上3度目だそうです。震度6強というと大人でも立っていられないほどの揺れといいますから、本当にすごかったんでしょうね。

揺れの加速度、観測史上3番目 (毎日新聞)http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20080615k0000m040059000c.html

これだけの揺れが東京に来たらどうなるか、と考えるだに恐ろしいですね。自然の力というのは恐ろしいものです。

改めて被害に遭われた方にお見舞い申し上げます

|

2008年6月12日 (木)

pro toolsのクロックソース

今日はちょっと技術的な話です。

昨日レコーデイングを行ったのですが一つ問題が起こり、3曲録る予定が2曲しか録れませんでした。

原因はpro toolsデータのエラーによるもので、オケの音源が正しく再生されずスタジオ内で対応しようとしましたが結局、再度データを作り直すしかなく無念にもその曲のダビングを断念せざるを得ませんでした。

実はうちのスタジオはpro toolsとO2Rの組み合わせなのですがクロックソースをpro toolsのdigi002のa-datの方にしています。基本的にはそれで問題ないはずなのですがたまに設定でO2Rとpro toolsのサンプリング周波数が違うと今回のようなことが起きるようです。

例えば02Rがinternal clockの44.1KHZでpro tools内での録音の設定が48KHZだと、クロックソースのエラーで音源も正しく録音できず、テンポも不正確になってしまいます。時々いくつかの業務の都合上、48KHZでpro toolsを設定する場合があるとO2Rとのクロックソースが気がつかない時にずれてしまうことがあるんですね。今回もそれが原因のようです。

始末が悪いことに自分のスタジオで作業している時はなかなか気づかないものなんですね。外のスタジオで作業して初めてわかるという状況になります。しかし一方で事前のデモで事務所側から「テンポが遅い」という情報もあり変だなとは思っていたのですが原因はそれだったんですね。非常にうかつではありました。pro toolsとデジタルミキサーを組み合わせる場合気をつけないとこういうことが起きるんですね。

あとの2曲は2年前のリメークということもあり、順調に進んだのですがこれからあと一曲、やや強行スケジュールで望まなければなりません。まあ原因がわかり昨日帰りに設定に気をつけたら正常に動作したのが確認できましたので今度は大丈夫だと思います。

最近pro toolsはへたすりゃ96KHZなんていうサンプリング周波数もありますからね、ダビング作業を行う前に必ずそこを確認するクセをつけた方がよさそうです。

ということで今日はお恥ずかしい失敗談でした。

|

2008年6月 3日 (火)

ヒーリングミュージックの元祖はロックだった!?

Head_4_hyosi

という名前で私がインタビュー受けた記事が日経BP社出版の「大人のロック」という雑誌で発売されました。

http://ent.nikkeibp.co.jp/ent/rock/

これは先月に取材を受け「癒し系ヴォーカリストを探せ!!」という特集で私に白羽の矢が当たってしまいました。業界で「癒し系」というと私のところによく来ます(^^:)

もともと「ロック音楽」と「癒し系」というのは相容れない部分もあるので最初は悩みましたが,「環境音楽」のブライアンイーがもとロキシーミュージックだった、という観点から「ヒーリングミュージックの元祖はロックだった!?」という記事になりました。

記事では12人の皆さんよくご存じのロックボーカリストとその曲に私がコメントをつけています。どんなアーチストでどんな曲が出ているかは読んでのお楽しみ... まあ異論がある人もいるかもしれませんが..

というわけで全国の書店の音楽雑誌のコーナーで販売しています(^^)

|

2008年6月 2日 (月)

Your Favorite Enemies-彼らがグラミーをもし取れば音楽業界にとって「革命」になる

さて、先日当ブログの記事で「オバマ流の「草の根の広がり」のメソードを音楽プロモーションに応用できるか。」という記事でカナダのバンドyour favorite enemies" がmysapaceを通してファン層を広げ世界ツアーを開催するまでに発展したということを書いた。 

http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2008/04/post_a8a8.html

Your favorite enemies(音楽が聴けます)

http://www.myspace.com/myfavoriteenemies

公式サイトhttp://hometown.aol.com/__121b_erR4BR9l8Q83Dz5bx2/RRfM2suOVFCaGoqGGRcoVYofgkcecjd3wEw==

mixiを通して知り合った人から説明を受けたのだが、正直始め話を聞いていた時は半信半疑だった。勿論、インターネットが普及し個人が情報を発信する場合「理論的には」こういうことがありうる、とネット草創期からいわれていたことだし、一時私はそれに大きな期待もかけていた時があった。しかし殆どの場合は期待を裏切られることが多かった。特に魑魅魍魎、海千山千といった感じの人間が多いIT業界の人間層が余計にこの業界に対するある種の不信感を増大させたのである。それだけにこの話を聞いて「ホントかな」と思ってしまった。

具体的には専属のスタッフ(ボランテイア)が20名以上いて"your favorite enemies"のメンバー含め、全員がmysapaceでバンドをpromoteしており、そこでプロモートスタッフとバンドのファンが友達になってファン 全員に違うコメントと付け、個人的関係性をあくまで保ち続けている という方法。今日、本来はグループのリーダーでヴォーカリストのAlex Foster本人に会う予定だったが、プロモーションスケジュールの調整がつかず、残念ながら本人には会えなかったが、スタッフで元ボランテイア、そして今や彼らのマネージャーをやっている人に会うことができ、実際どういう風なことをやったのか直接聞いてみた。

彼らの音楽を聴いていて、実に強いメッセージ性がある音楽である。(英語だからわかり辛いだろうけど) バンドのリーダーAlex Fosterは音楽を通じて自分のメッセージを伝えたいという意思を強く持っており、彼のメッセージに共感して次から次へと「ボランテイア」も増えていったという。詳しい話を聞いていると今20-30人くらいのプロモートスタッフが各自「コミュニテイ」を形成して、"your favorite enemies"の音楽に共感した人と意見交換をきっかけにそのファンの人の悩み事等の「相談」の面まで行うことによってファンベースを築いていったという。それを2年間続けて、現在、ツアーを行うところまでになっている。

だが、彼らは決していわゆるメジャーにはいかない、メジャーに行けば自分たちのクリエイテイビテイがコントロールされてしまうことを知っているので、各方面からオファーがあるにもかかわらず自分たちのポリシーとしてそういう世界を忌避している。音楽の世界はどこの国でも多かれ少なかれ事情は同じなのだ。私も二十年くらいこういう世界で闘っている。今の世の中、アーチストが自分たちのクリエイテイビテイを維持するのは至難の業なのだ。彼らはそれをよく知っていた。

こういうやりかたは日本では勿論、世界的にもまだ稀有な例である。これが発展し彼らが本格的なスターアーチストとしての地位を築き、ましてグラミーなんか取ろうもんならこれは音楽業界にとって革命的なことになるのは間違いない。是非とも彼らにはがんばってもらいそういう例を作ってもらいたいと思う。

それにしても彼らと同じことを果たして日本でできるだろうか。正直難しいとも思った。特に昨今の日本社会全体にはびこる「思考停止」の風潮、そしてこういった「社会派」的なものー重い話というものが日本では忌避される傾向が強いこと、それらを考えるとどうなんだろう? でも彼らの音楽やメッセージは非常にシンプルでもある。要は音楽の持っているパワーが人を動かすという面がある。

ちなみにyour favorite enemies"のヴォーカリストのAlex Fosterはこういっていたという

「俺は、16歳から35歳までの自殺率が一番高い日本という国の問題を

どうにかしたいんだ。例え、俺にそれが出来る可能性がなくても、俺は

どうしてもやってみたい」と。

今回直接話せなかったが、彼はものすごい親日家で、世界ツアーの最初の地に日本を自らの希望で選んだという。彼のメッセージが日本人にわかりやすい形で果たして伝わるだろうか? 少なくともAlexは自分のメッセージを真剣に音楽を通して伝えたいと考えているようだ

しかしすごい参考にはなったし、ある意味ショッキングな出会いでもあった。今の音楽文化停滞の時代に少しでもこの流れを変えられる可能性を感じた。さて自分はこれをどのように吸収して自分のものにしようか、思案が必要だ。

ちなみに自殺者が多いというのと、若者がなかなか希望を持てないのは失敗者に冷酷な今の日本社会に起因している。

自殺大国と失敗に不寛容な社会は連動している

http://d.hatena.ne.jp/KyojiOhno/20080527

|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »