Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« Emuの名器、E III 昇天 | トップページ | CM音楽完成 »

2008年5月23日 (金)

直るかどうかわからないけど、診るだけで二万円-

昨日の話の続き、クリエイテイブジャパンにエミュの昔のハードの修理する会社があるというのでEmulator IIIの修理が可能かどうか電話してみたらそういう答えが返ってきた。

そして仮に直る可能性があるにせよ、費用は天井知らず、いくらかかるか想像もつかない、という。

確かにそもそも部品自体が存在しない可能性が高いし、昔の仕様(特に基盤関係)なので今の部品が代用品になる可能性も低いという。特にハードデイスクがやられていたらもうお手上げとのこと。

まあ何せ二十年前に発売されたハードなんで、そういうことだろうと予想はしていたが、それでも取り合えず診るだけみてみようかと思っている。このサンプリングマシンは私のここ二十年近い業務キャリアとともにあったものだけに他の機材と比べても思い入れが深い。1%でも直る見込みがあるのならかけてみてもいいと思っている。

たとえが悪いけど直る保証のない末期がん患者に手術を受けさせるようなものかもしれない。

今月はドタバタしているから月あけに考えようか。
2万円はポケットマネーから出して僅かな可能性にかけることにしよう。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。