Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« パイプオルガン録音 | トップページ | 美の巨人ー石田徹也 »

2008年4月 6日 (日)

半ば「観光案内」化した!? TBS新世界遺産

さて、私が地上波のテレビで数少なくレギュラーで見ているTBSの番組「世界遺産」が日曜の夜十一時半から同じ日曜の午後六時からの放送に変わった。

90年半ばの番組スタートからの長寿番組でありくだらない番組が多い中で残っている数少ない内容ある教養番組の一つである。

日曜の6時というノンプライムとはいえゴールデンの時間帯に限りなく近い時間帯に放送されるためにある程度、予想通りというか危惧したとおりというか、正直番組のスタート同時から見続けている私としては番組の構成にやや違和感を覚えざるを得なかった。

先々週まで中村勘太郎の淡々とした、しかし説得力のあるナレーションに耳が慣れていた私としては今回の市村正親のナレーションに違和感を覚えずにはいられなかった。いや、市村のナレーションというよりナレーション原稿そのものが、「表情がありすぎる」というか何となく「世界遺産」をテーマとしたテレビによくある「観光案内番組」的な原稿の構成になっている。

「より多くの人に世界遺産を知ってもらう」という意味ではある程度仕方ないのかもしれないが「世界遺産の現状」を考えるとあまりそういったのんびりとした気分になれない。(実は世界遺産の大半が危機的な状況にあるのだー特に自然遺産が)

確かに若い人で「世界遺産」というもの自体を知らない人も少なくないことを考えると、より「わかりやすく」「興味を持たせる」構成にする必要はあるというのはわかるが、長年続いた番組の雰囲気とあまりに離れてしまうというのはいかがなものだろうか? 少なくともバラエテイの旅番組のナレーターよろしく感嘆詞や感想じみたコメントを原稿に入れてしまうと、「何もそこまで親しみやすくしなくとも」と思ってしまう。

個人的に結構好きだったテーマ音楽ー鳥山雄司さんの「THE SONG OF LIFE」がテーマ音楽でなくなったのも寂しい。イントロからかなり映像を盛り上げ、世界遺産の映像に引き込む音楽のもりあげ方はなかなかのものである。鳥山さんはアレンジャーというイメージが強かったが映像音楽作家としてもなかなかの才能の持ち主であることがわかる。新番組のイントロ映像に使われた音楽はそれと比べ何かあまり存在感のない音楽だった。(曲のクレジットもなかったー選曲?)

こういう方向に番組が作りかえられるのをある程度「予想」はしていたがやはり実際に見ると「何か違う」と思ってしまうのだ。

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。