Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 美の巨人ー石田徹也 | トップページ | IT産業もハードメーカーもクリエータへの思いやりがない »

2008年4月28日 (月)

フジは制作費5%カット テレビ局の大不況

個人的には今のテレビ業界の状況、12-13年前の音楽業界の状況にものすごく良く似ている、と思った。まず下請け、孫受けの会社の制作費カットから始まり会社自体の締め付けも強くする。まさに12-13年前にレコード会社が制作会社に対して行ったのと全く同じ状況、今のテレビ番組制作会社の現場の悲惨な状況は関連業界の私にも伝わっており、その詳細な状況を聞くと何か懐かしい話だ、あの時の音楽制作の現場と全く同じである。

今から10-12年前に音楽制作会社、プロダクションはバタバタつぶれていった。おそらくテレビ番組制作会社も同じことが起きるだろう。それにこんな状況で「優秀な人材」など業界に入ってくるわけがない。現場の人間も仕事への意欲が失せるだろう。

番組の質の低下ーこれはだいぶ前からいわれていたこと。「お笑いタレントにバカ騒ぎさせりゃ視聴率が稼げる」等視聴者をバカにしているとしか思えない安易な番組作り先日のTBSの「新世界遺産」の番組の質の著しい低下、公式BBSの視聴者をないがしろにする管理方法等。

テレビ産業がいよいよ本格的に斜陽産業の仲間入りしたということだろう。しかしこれによって日本国内でいまだ続く「地上波テレビの一人勝ち状態」が解消するとすれば非常に望ましいことである。是非ともこういう方向に進んで欲しい。その時初めて日本国内に真の意味の「情報革命」に移行するかもしれない。何よりも偏向報道やテレビ局によるあからさまな情報操作の社会に対する影響力が低下する。

最後にテレビ局の人間がもし改革をしようと考える人間が少しでもいるとすれば(たぶんいないと思うが) (1)現在の番組の質の向上方法をもう一度考えよ、(2)そして不当に高い社員の給与体制を見直せ。

・フジは制作費5%カット テレビ局の大不況(内外タイムズ)http://npn.co.jp/article/no/10113104/


|