Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« ヨーロッパで演奏家の権利保護機関が延長を提案 | トップページ | 久々にこの話題ー 映画「俺たちの世界」 海外で大絶賛!! »

2008年2月25日 (月)

2008年アカデミー賞結果!! ノーカウントリー観てみたい!!

さて、先ほど2008年の映画のアカデミー賞、オスカーが発表された。音楽の人間とはいえ映画音楽の分野で少し映画の世界に関っているのと、個人的にやはり映画が好きなので毎年どうしても見てしまう。ある意味では先日のグラミー以上に興味を持って見ているかもしれない。

今年は第八十回のアカデミー賞ということで、先日のグラミーが五十回目と結構節目の年なのかもしれない。歴史のないアメリカだけに逆に歴史を大事にする国だから過去の受賞のシーンがふんだんに上映された。

全部書くと大変なので主な部門の受賞者は以下の通り。尚、原題は日本公開時に変わることがあります

作品賞 : ノーカウントリー (原題:No Country for old men) コーエン兄弟、スコットルーデイン

監督賞 : ノーカウントリー (原題:No Country for old men) コーエン兄弟

主演男優賞:ダニエル デイ ルイス ;原題:There will be Blood

主演女優賞:マリオン コッテイラール ;エデイットピアフ(原題:La vie in Rose (バラ色の人生))

助演男優賞:ハビア バルデム  ;ノーカウントリー (原題:No Country for old men)

助演女優賞:テイルダ スイントン ;フィクサー 原題:Michael Clayton

作曲賞 ; ダリオ マリアネッリ ;つぐない 原題:Atonement

主題歌賞: Falling Slowly(グレン ハンザード、マルケッタ イルグローバ) ; 原題:Once

メイクアップ賞:Didier Lavergne and Jan Archibald ;エデイットピアフ(原題:La vie in Rose (バラ色の人生))

最優秀外国映画; ヒトラーの偽札:原題The Counterfeiters (オーストリア)

これ以外の情報を知りたい方は英語ですが
http://www.oscar.com/nominees/index?pn=index#20_BestActressNominationCategory

作曲賞と主題歌賞は一応音楽家の端くれなのでどうしても関心を持ってしまいますが,今年の映画音楽のノミネーションはフィクサー(原題:Michael Clayton)のジェームス、ニュートン、ハワード以外はみんな始めて聞く名前だ。これは映画音楽家がだいたい特定の映画監督のお気に入りになっている場合が多いことも関係あるようだ。実際今年の監督賞の候補はコーエン兄弟以外はみんな若手監督であることも影響していると思われます。「映画音楽の仕事をしたければ映画監督と仲良くすることだ」という格言通りです。

主題歌賞は大本命の"Enchanted"というミュージカル映画ではなく映画"Once"のフォーク調の音楽が入賞しましたが、これは"Enchanted"のノミネート曲が3曲入り票が割れたことが原因だろう。昨年だったか"Dream Girls"でも3曲入ったにもかかわらず受賞できなかったたぶんあのパターンでしょうね。いくら曲が良くても5曲中3曲も入ったら、かえって不利である。最後は選ぶ人の単なる好みになってしまうから.. しかし一方ではインデイース系のアーチスト、グレン ハンザード、マルケッタ イルグローバがオスカーを取るというのはやはりアメリカのいいところでしょうね。今の日本だとこういうことはまずありえない。

さて、メークアップ賞は日本人の辻一弘さんがノミネートされたが受賞ならず、外国語映画賞も浅野忠信主演の”モンゴル"がノミネートされるも受賞ならず。それは残念でした。日本人の映画監督が監督賞を取る日は来るのでしょうか?

ちなみに主演、助演のダブル受賞の期待がかかったケイト ブランシェットは無冠。でもこの人最近女優の中での演技力は光ってますね。ちなみにインデイー4「(原題をそのまま訳すと)水晶どくろの王国」ではKGBの悪女を演じるそうです。「水晶どくろ」というだけで舞台がどこか想像がつきますね。しかし南米のマヤ遺跡になぜKGBがいるのかはよくわかりませんが、1958年のキューバ革命がらみなのでしょうか? いずれにせよこれも早く観たいですね。

大半の映画が日本ではまだ公開されていないけどやはり観たい!! という気にさせるのはなんといってもノーカウントリーでしょう。助演男優賞を取ったスペインの俳優ハビア バルデムの殺し屋役はちょっと見ただけでも強烈な印象を与えるし、助演といっても殆ど主役を食っている感じ。コーエン兄弟というニューヨークインデペンデント出身の2人はいつも独特の世界を作っている監督だけにこの映画の中で一番「観たい!!」という印象を持った。コーエン兄弟は「バートン フィンク」以来チェックしていた監督でもあります。

3月15日よりシャンテシネで公開らしいからみてみようと思ってます(別にシャンテからお金はもらってません(^^) あしからず..)


映画館で並ばずにチケットが買える!

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。