Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« Billboard Liveオープン記念ーステイーリーダンコンサートに行ってきました | トップページ | 映画「俺たちの世界」のぴあの審査員の反応について »

2007年8月23日 (木)

CDが売れなくなりCDを作る仕事も減ってきて..

さて、今日はちょっと暗い話になってしまいます。
このブログでも再三にわたって「CDが売れない云々」の話をしてきました。

私が経営している会社も本来の音楽制作以外にCDプレス、CD製作事業を行っていますが、「CDが売れない」という実情のため「CDを作る」仕事も必然的に減っております。特に今年に入ってからは実に深刻な状況で弊社もご他聞にもれず今年度はここ数年になく営業上苦戦を強いられています。

業界の状況が如何に深刻か、それは今年に入って大手メーカー系のCD工場が続々とうちのような会社に売り込みをかけていることからもわかります。以前だったらこういう会社はうちなど見向きもしなかったはずですがそういう会社がうちのような会社に売り込みをかけざるを得ない状況ほど事態は逼迫しているということでしょう。そうはいってもうちも今つきあいのある会社にも現在十分な発注をかけらない状況であります。(一応国内はJASRAC認定、Philips認定工場で業界ではそれなりに知られている工場ですが)

実は「CDを作る」大きな層として「メーカー系」以外にインデイース、個人の音楽層がいるのですが、この人たちが
「CDを作る」のに非常に慎重になってきています。それがメーカー系のCDが売れないという状況に輪をかけて事態を深刻にしています。理由は当然「CDを売るのが今までにまして大変だから」です

「流通に流せばたくさんCDを捌ける」というのは神話です。それはあくまでCDがそれなりのプロモーションをかけられたものに限ります。「TVのタイアップ」とか「どことこのタイアップ」とかレコード店がCDを買う口実にできる材料を提供しない限り売れません。それがないと「流通にかけた」としても悲惨な枚数しか売れません。(しかも定価の半分くらい持っていかれます) その事情はメジャーだろうがインデイースだろうが基本的に同じです。それを考えると結局こつこつ「手売り」が一番確実で利益を得られる方法になります。

みんなそういう事情がわかってきていますから「CDを作りたい」と思ってもいざやろうとすると二の足を踏む、そんな状況じゃないでしょうか? うちもノベルテイ関係のCDとかやりましたが、どちらかというと最近はCD製作事業以外の仕事を取っています。

加えてCDプレス事業はもうだいぶ前から過当競争、値段の激しい競争ですからCD製作は金額的にはそれなりにまとまっても利益は非常に少ないのが現状。低い利益率で仕事の数も減っているーこれじゃ業者もたまったものではない。だからプレス業者が今どんどんつぶれているのが実情。

うちもはっきりいってこの仕事「割に合わない」とだいぶ前から思っています。また現在の「CDが売れない」ことを考えるとこういう状況にいつかはなるのは予想していました。

だからこそ「音コンテンツ」をハードに内臓、あるいは装備する事業を一昨年あたりから本格的に水面下で動き始めていました。先日お知らせした「防犯BGM」のユニット発売はその中の一環でこの事業の第一歩となる商品です。正直いってもうこれを本格的に回していくほか活路はないと考えています。実は明日ですがこの件で重要なクライアントとなりうる会社と商談の打ち合わせに行き、何とか受注を得られるようがんばるつもりです

但し「音楽制作」の仕事は勿論、それが本職ですから続けます。うちの奥津恵を何とかしたいと思っていますが音楽プロダクション事業は結構それなりのリスクが伴います。そのためにもある程度収入源を確保しておく必要があります。引き受けた以上責任があると同時に、作曲家でもある以上一人くらいはヴォーカリストを育てたいですからね。

奥津恵のプロジェクトに関しても、少し戦略を練り直そうと思っています。声質は誰もが認めていますが何せ昨年のデビュー以前はバンド経験など皆無ですので、練習のためにも月に一度はどこかで歌わせようと思っています。しかしやみくもにライブをやるのではなくもう少し「意味のある」場所で歌わせようと思っています。本日島川万里奈さんのご紹介でメデイア業界関係者の交流会で恵を歌わせる予定です。歌うにしても「次につなげる」場所を捜してあげようと考えています。

とにかく業務状況は厳しいですが、そういう状況に対処するための下準備はしてきました。今は会社にとっても自分にとっても転機ですがここを何とか乗り切ることができれば道が開けると考えています。そのためには今は我慢の時です。

今晩の奥津恵のデモライブ、そして明日の「防犯BGM」の商談打ち合わせ、これから流れが変わってくれればという期待と希望を持っています。そうなって欲しいですが,,,

 

 iTunes Store(Japan)

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。