Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« リリーズ スターダストショー@ホテルパシフィック東京終了報告 | トップページ | Mac G5 結果はメモリ増設、実質的には交換 »

2007年3月29日 (木)

また1店町からCDショップが消えるー

昨日のリリーズライブも無事終了、そして関わっていた映画の入選(最終的にどの賞かの発表は7月20日とまだ先)の吉報の余韻がまだ冷めないが、夕方駅前へ買い物に出かけていったらまたCDショップがひとつ閉店することがわかった。業界大手で楽器も販売している老舗チェーン。実際の閉店は5月だがこの店がなくなると自分の最寄の駅で残っているCD店は1店のみとなる

うちの駅は駅前に多摩地区でも最大のショッピングセンターがあるのだが、最盛期は4店あったCD店がこれで残るはアメリカの本体はつぶれてしまった某Tレコード一店のみになる。もちろん日本のその系列会社とて決して安泰ではない

CDが売れなくなって久しい。レコード会社にとっての頼みの綱のCDショップはどんどん店舗数が減っているのが実情。根本的対策を取るべきだとの声に業界の主だった人間は相変わらず耳を貸さずまったく無策の状況。なぜこうなっているのか真剣分析している人間はほとんどいない。

音楽は今やデータの一種に過ぎない。家電その他すべてがデジタル化された現在ではそれは時代の流れとして避けられないのだ。問題はその「音楽ファイル」がただのデータ以上の付加価値をいかにつけるのかということだが、私を含め音楽業界人はまったくその努力を怠ってきた。レコ協の爺さん連中のように「音楽をデータ化したから悪いんだ、音楽をフリーウエアのようにコピーするインターネットそのものが諸悪の根源だ」なんという考えでは何の問題の解決にもならない

CDがなくなることはないと思う。だがCDの存在意義、CDのありかたが変わることは避けられない。具体的にはCDはアーチストのファンの「グッズ」に既になってしまっているのだ。当然ファンでも何でもない人がそうした「グッズ」を率先して買うのは考えにくい。

では音楽配信がCDの替わりになるのか? たぶんならないだろうなというのが実感だ。もちろんそれなりの市場にはなるかもしれないがCDの売り上げの落ち込みを補うレベルまではとうてい行かないだろう。

だとすればそれ以外の新しい音楽のマーチャンダイスを考えないと駄目なのではと最近考え始めている、今商品化の過程で手間取っているが音楽ファイルをあるハードに組み込んで商品にするという試みを行っている。これが答えだというつもりは毛頭ないがヒントになればとも思っている。

そして何よりも音楽を単なるデータ以上の意味ー価値をどうやって生み世間に認識させるかだろう。単に消費されるためだけの音楽というのはフリーウエアかせいぜいシェアウエア程度の価値にしかならない。それ以上の価値をどうやって創るか。それクリエーターやプロデユーサーの仕事だろう。特に最近の若い人たちに顕著な貧しい音楽体験ー音楽で感動した経験が一度もない子が少なくないーまずこれを何とかしたいと思っている

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。