Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« リリーズライブ無事終了です | トップページ | いつのまにかつぶれていた音楽配信サイト »

2006年10月28日 (土)

Kurzweil K1200復帰

今月の18日に鍵盤部分の故障で修理に出したKurzweilが戻ってきました、何と10日ぶりの復帰。

故障の原因はやはり鍵盤と音源部分のワイヤーが断線、それと鍵盤の基盤のラバー(鍵盤を弾くときにベロシテイを感じる部分、ピアノタッチの部分)がいくつか断線のために交換で、修理費用、締めて2万円、これに自分の車で持ち込みー引取りでガソリン代、高速代とかかかり結構な出費になってしまった。

しかしこのKurzweil K1200ーもう15年も愛用しているマスターキーボードでやはりKurzweil ならではのピアノ音源を始め私が頻繁に使う多くの音源があり、私自身の音楽制作の核をなすものだけに私にとっては必需品ではある。一応無事電源を入れて動作を確認したので安心した。

これで中断していた映画「俺たちの世界」の修正(編集に伴う修正)等の作業に入れる。

K1200のマスターキーボードがないときは何か仕事場に大きな穴があいている感じだったがようやく10日ぶりに復旧した。まずは一安心

|

コメント

うちのKurzweil K1200Proも昨日、突然音が出なくなりました。うちにも無くてはならない19年使ってる機材です。
どこで修理出来るのか教えていただけますか?

投稿: 吉田 光宏 | 2011年8月25日 (木) 14時27分

吉田さん こんにちは
はじめまして

えー実は当記事は今から5年前近く前に書かれた記事ですのでこれが現状にあっているかどうかは正直なんともいえません。

私が修理を依頼したのはカーツエルジャパン、当時は株式会社ハーモニクスといっていまして原宿にありましたが今は千葉の船橋に移動したようです。

但し「修理不可能なものもある」とホームページに書いてありますので詳細は問い合わせてください

Kurzweil Japan
http://www.kurzweiljapan.jp/

投稿: Kyoji | 2011年8月25日 (木) 17時21分

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。