Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« PUFFYのアメリカでの人気について | トップページ | コラム「音楽業界の現状と将来、そしてある取るに足りない者からの業界への提言」(長文注意) »

2006年7月 9日 (日)

久々にLTJ ブケムを聴く

B00005g8lk09

自分でもなぜかわからないが急に無性にある音楽が聴きたくなるということがある。というわけでレビューにも書いたがLTJブケムの"Earth Vol1&2"をCDの棚から出して聴いた。

癒し系とかアコーステイックなイメージが強い私だが実はこういう音楽も結構好きなのである。反対にエレクトロニカ系が好きな人はアコーステイックを聴かないなどという俗説を唱える人がいるが全くのナンセンスである。その逆も同じ。それに元々私はYMOはじめBイーノやローデリウス等のエレクトリック系もよく聴いていたからこういうのを僕が好んで聴いても少しも不思議ではない

ちなみに少々ポップすぎているかもしれないが僕自身も自主制作ながらエレクトロニカのアルバムを出している

http://homepage1.nifty.com/hyb-music/metanature.htm
理由あってわざとJASRAC登録していない音源である。
興味ある人は聴いてみてください

このLTJブケムの"Earth Vol1&2"、いわゆるドラムンベースが 注目浴び始めた頃のアルバムで既に発表から8年もたっている。しかしドラムンベースというよりは寧ろアンビエントに近い。Vol1が動としたらVol2は静になるだろう。8年前に作られたアルバムだが今聞いても新鮮である。クラブ系お勧めのアルバム。Earthシリーズの原点がここにある。
時々テクノでありながらジャズ的なエッセンスが多分に入っているのがさすがアメリカ人のユニットだ。ヨーロッパのテクノユニットとは明らかにテクスチュアが違う

ちなみにうちの小学生一年の娘は結構これを聞いてノリノリだった。こいつ大きくなったらクラバーにでもなるのかな? ちょっと困るかも..(^^:)

興味ある方はこちら
LTJ ブケム Earth, Vol. 1

|