Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月11日 (土)

トリノオリンピック開会式

トリノオリンピックの開会式を見た。すばらしいものだった

どこかの国の浅○○太氏の演出など比較するのも失礼なくらい
センスのいい演出だった。何か文化の程度の差が見えてしまっている。

途中でオノヨーコが「平和のメッセージ」を訴えた後 何とPガブが「イマジン」を歌っていたのは驚いた。 しかもベースはトニーレヴイン、そしてドラムは帽子で よく顔が見えなかったがもしかしてブラフォード!? (もしそうだったとするとかなりおとなしめのドラムだったが)

なぜここで? と思ってしまったがそれにしてもピーガブ老け た。しかも声が全然出ていない。こんなところで衰えをみせないで欲しい

そしてクライマックスはオペラの国だ、パバロッテイの 18番、プッチーニのトウーランドッドより 「誰も寝てはならぬ」(おい、もう夜だぜ)
そうか、オリンピック見るために誰も寝ちゃいかん、というわけか

オリンピック旗の行進曲はご存じアイーダだし イタリアってみんなが知っている曲がたくさんあるから いいよな。イタリアのふところの深さを見た瞬間だった

競技は明日から、果たしてメダルをいくつ取れるか?

| | コメント (0)

2006年2月 9日 (木)

グラミー2005最優秀アルバム

WOWOWでグラミーをやっていたのでついつい見てしまった

マライヤキャリーの復活とかいろいろ話題が挙がったが いろいろ話題はあるにせよやはり注目は最優秀アルバム。
最近の傾向としてベテランに花をもたらす(?)感じが 多いが今年はU2"Dismantle the atomic bomb"が 受賞。

最優秀プロデユーサーにステイーブリリホワイトが受賞 したのでもしかして、と思ったらやはりU2だった。

U2にせよ、数年前受賞したステイーリーダンにせよ アルバムに「思想」がある。明確なメッセージと力強い 表現。まだまだ若いもんには、という気概が伺える

個人的にもU2だけでなくステイーブリリホワイトは好きな プロデユーサーなのですごくうれしい

ちなみに今回のグラミーアーチスト、受賞したのは全て I-tunes,で一位になったアーチスト、i-podのCMにも 出演したアーチストということで、やはりここにも 時代の流れが見える。音楽配信の先進国ならではの 傾向だが日本はまだこういった面では残念ながら遅れて いるが、果たしてどうか

まあ「日本レコード大賞」とやらの体質を考えると何か そういった傾向にならなそうな雰囲気があるが...

| | コメント (0)

「ゴジラ」のテーマ作曲家、伊福部昭先生 死去

作曲家の伊福部昭先生がご逝去されました。 91歳

http://www.asahi.com/culture/update/0209/001.html

私が映画音楽作家としてとても尊敬する先生です。

名前を聞いてわからなくても「ゴジラ」シリーズのテーマ音楽 の作曲家といえばわかると思います4。300本以上の映画音楽を 担当した日本の映画音楽作家の大家です。特に「ゴジラ」の テーマは誰でも一度は耳にしたはず.. 早坂文雄、武満徹と ともに日本の映画音楽の黄金期を支えた人物です。

Img_9e24ab00e978682b5f44374dcf76df7

東京音大の学長も勤めた人。普通音大の先生というと アカデミズムがちがちの人が多いですが、伊福部氏は職業音楽家 としての生き方も重視した教育を行った日本で数少ない音大関係者の一人 でもありました。 特に東京音大にポピュラーの音楽語法のコースを四年生の音大で初めて導入したという画期的なことを行った方です。<.p>

心からご冥福をお祈りいたしますと同時に伊福部先生の多大な功績にたいして最大限の敬意を表させて頂きます

| | コメント (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »