Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 心に響く音楽を捜そう | トップページ | 「ゴジラ」のテーマ作曲家、伊福部昭先生 死去 »

2006年1月30日 (月)

ビデオアートの先駆者ナムジュンパイク氏死去

ビデオやメデイアアーチストの先駆者として活躍したナムジュンパイク氏が死去したそうです。73歳だという

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060130i515.htm?from=main5

S1103r01

ビデオアートの先駆者として、私もニューヨーク滞在時代に 実際にホイットニー美術館でのレクチャーやローリーアンダーソンとのパフォーマンス等を見て大きな衝撃を受けたことがある。そして印象深いのは私がニューヨーク滞在時に初めて衛星放送やミュージックビデオ等を組み合わせた伝説のビデオショー「Good Morning Mr.Orwell(おはよう、Mrオーウエル)」のオンエアをみたこと。これはものすごい衝撃だった。

メデイアを使った新しい表現を絶えず追及していた姿勢は私に とっても芸術家として生きた見本であった。

ミュージックビデオ、いや今はPV(プロモーションビデオ)というのか。それが当たり前になったが、彼のGood Morning Mr.Orwellから22年、あれから音楽のみならず芸術全般の表現は斬新になっただろうか。私は寧ろ後退、退化している気がしてならない。-特に音楽に関しては

私はしばらくビデオアートなるものに関わったことがあるがそれは取りも直さずナムジュンパイク氏の影響である。<./p>

とにかく1つの時代が終わった感じがする

ご冥福を心よりお祈りいたします。 合掌

|

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。