Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

ついにFinale 導入

遅まきながら、だがFinaleを導入した
今までノーテイングソフトは持っていたのだが、Composer's MosaicというMOTU(Mark of the Unicorn)を使っていた

なぜこれを使っていたかというとどちらもFree Midi(今となっては懐かしい言葉だ)で使える利点があり、Performerで打っていたものをmidi環境を変化させずに楽譜に変換できるからだが、ポップス系はともかクラシック系の人には極めてこれで作った楽譜は評判悪かった。どうも楽譜のフォントを気に入らない人がいたらしい。(特に芸大系の人はこれで作った楽譜をクソミソに云っていた。)

それに何よりもMOTUがMACのOSX用にComposer'Mosaicが出る見込みがない、つまりMOTUが事実上ノーテイングソフトの世界から事実上撤退したことが一番の理由だろう。まあとにかくFinaleのシェアは圧倒的なので遅かれ早かれこれにスイッチせざるを得なかったのだ。

まあギター、ベース、ドラムといった連中にはコード譜で事足りるのだがバイオリン、フルートといったクラシックオーケストラの人たちはそうはいかない。かなり綿密に丁寧に楽譜を書かないと駄目なのだ。前田憲男先生がおっしゃっていたが楽譜をきちんと用意しないと結局自分が困る。全て自分にふりかかってくるのは事実なので、まずは12/10のクリスマスプロモーション公演用に間に合うように用意しなくてはならない。

とはいえ、買ったばかりだから使い慣れるのに少し時間がかかるだろう。わからなければ聞けばいい。-実はFinaleのコミュには買う前から入っていた。というわけでしばらく勉強だ。

| | コメント (0)

2005年11月20日 (日)

クラシックアレンジ終了

サロンオーケストラジャパンの公演用のアレンジの最後に
当たるクラシックのアレンジ、バッハのシャコンヌのアレンジ
がつい先ほどようやく終わった。

とにかく大曲である。打ち込みでやって演奏時間は13分半
アレンジもいろいろ内容を検討しているうちに時間がかかってしまった。結構大変な作業だった。
編成はサロンオーケストラジャパンのいつものフルート、クラリネット、弦(ビオラなし、チェロ、コントラバス各1)ピアノ。
それ以外にエレキギターとドラム、ギターはデイストーションがギンギンにかかっている場所がある。(ソロあり)

大曲だけど、私自身が好きな曲なので長いという感じはしない。前にもいたが本当にいい曲である。ちなみに昔メニューインが生きていた頃、この曲の演奏を聴いた時は泣いた。

果たして私のアレンジが人を泣かせることができるか
この公演は来年の3月28不(火)19:00より 新宿の全労災スペースゼロにて予定している。

それ以前にリハやプロモライブがどこかであるかも,,
詳細は決まったらここでお知らせ予定


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

クリエーターと人間性

実は先ほどのアレンジをしながらその合間にmixiに某コミュ二テイに時々書き込みをしていた。

そのコミュ二テイ、某テレビ関係者の非常に傲慢な態度と言動によってものすごく荒れていた。mixiをやっていてあんなに荒れたのは見たことがない。具体的には「意見を聞く」と称してトピックを立て、みんながいろいろ意見の書き込みを書いた後「実はこの意見をある会合のための参考にする」などとマスコミの隠れ取材的な方法を取った。発言者がみんな怒り出しだのは云うまでもない。(しかも自分は「良識あるマスコミ人」と自称するおまけつき)

まあこの男、マスコミの傲慢さ丸出しで最後には「嫌なら訴えろ、できないんだったら黙っている」とか「コミュの人たちの誹謗中傷(と本人は主張、この人には批判や疑問は全て誹謗中傷になるらしい)により「精神的苦痛を受けた」ので警察に訴えるなどと脅迫すつ始末。まあやれるもんならやってみろという感じだが、mixiがさながら2ちゃんねる状態になった。

まあマスコミ人には時々傲慢な人間がいるし、私もずいぶんそういう人間に会ってきたがここまでひどいのはちょっと記憶にない。ちなみに経験上、地方新聞や地方局といった小さなマスコミ関係者はきちんとしている人が多いが、いわゆる大新聞や地上波キー局(勿論NHKも含めて)には時々「オレはマスコミだ。文句あるか!!」といった唯我独尊的な傲慢な人間がいる。全員がそうだとは言わないが、決して少なくないのが現実だ。

ちなみにこの男「フジテレビ社長賞も頂いてるし、報道局長賞もいただいている」と主張している。ある人によると業界では有名な人なんていう情報もあるが、勿論その事実を確認したわけではない。こういう人間のいうことはあまりあてにはならないし、だいたいそんなところでそういうことを持ち出すなんてどうかね。私なら「それがどうした」といってやるがまあこういう人物はあまり相手にしたくないので...
(ちなみに私はSigraphとNHKから賞をいただいてますけどねーいいたくないけど..)

しかしその中の話でクリエーターは人間性よりも作品で評価されればそれでいい。という話が出たとき確かに少し考えてしまった。いや、この男が本当にクリエータだったのかは知らんし、知りたくもない。だが確かに北大路魯山人、三島由紀夫、太宰治などは作品は評価されても人間性はお世辞にもいいとはいえない。彼らの人間性について読むと3人とも決して友達にはしたくない人物である。 (もっとも作品が評価されたのは彼らの作品が人間の一面を 深くえぐっていたからだが)

また音楽でいえば歴史に残る有名な作曲家などは奇人変人そろいである。これに関しては私はネットにコラムを書いているので興味ある人は読んで下さい

http://homepage1.nifty.com/hyb-music/composer.htm

確かにそういう面はあるかもしれない。でもだからといって作品さえよければ人間性が最悪な人物でよい、というのは何か免罪符のような気がして私は嫌だ。

勿論私はクリエータの端くれという自認はあるし、音楽家、作曲家である以上自分の作品が全てなのは確かだ。私は作ってきた作品の全てがそうだったかはともかく、どの作品を作るにしても誠心誠意取り組んでいるつもりである。しかしそれと人間性0でいい、というのは全く別の問題のはずだ。

過去には確かにそういう人間は多かったかもしれない。しかし私は他人は他人、自分は自分でやっていくつもりだ


| | コメント (0)

2005年11月 4日 (金)

楽器フェア2005

楽器フェア行ってきました。

昨年は何だかんだいろんな都合でいけなかったのだが今年は行くことができた。例によってパシフィコ横浜なのでうちからは遠くなった。個人的にはサンシャインのワールドインポートマートの方が行きやすくてありがたいのだが...

まずキーボード、midi関係は予想はしていたけど特に目新しいものはなかった。キーボードは多機能、ワークステーション化しているが、パソコンで打ち込んでいるとキーボードのシークエンス機能はかえって邪魔になる。Rolandのファントムシリーズはキーボードにリズムマシンが組み込まれているが、まあ新たな音源以上の意味はない。YamahaはまだM-LAN(知らない人のためにYAMAHAが作ったオーデイオトラックを伝送するコネクター規格)を出しているがこれがプロの標準規格になることはないだろう。

唯一ーデジデザインのブースでPro tools 7.0のデモを見れたのが収穫。プラグイン機能とmidi機能が強化されている。Pro tools6.0以降で購入した人は無償でアップグレード可能。但し新しいプラグインは有償だという。今月末リリース予定。


それ以外は特筆すべきものはない。

実は楽器フェアで本当に楽しみなのは楽器をさわれること
特に僕は一応ピアニストの端くれだから、ものすごくよいピアノを弾くことが出来る点にある。こんな機会はめったにない。

日本人はブランド志向は強いから高級ピアノというとすぐスタインウエイというが前にも言ったけどスタインウエイの高音部分、特に日本人の調律師がやる高音の調律が嫌いだ。あのキンキンした感じに高音を調律する調律師のセンスが理解できない。スタインウエイは特に構造上それが目立つ。

個人的にはベヒスタイン(映画「戦場のピアニス」トが愛用したピアノ)が好き。ーヨーロッパでは実はスタインウエイよりベヒスタインの方がメジャーなのだが日本では何故か知られていない。
そして1600万もするベヒスタインのグランドを弾いてきた。
やはり音色がいい。音も広がりがあって伸びも違う。こういうピアノを弾いていると本当に気持ちいい。ちなみにチックコリアはベヒスタインの愛用者

そしてザウター、今のピアノの原型を作った会社ーモーツアルトが愛用したピアノだ。これもいい。ザウターの現地の関係者が近くにいたのでSehr Gut (=Very Good)といったら喜んでいた。

ちなみにスタインウエイファンの方のために、展示ブースでは スタインウエイピアノの原型モデルを現代風に改良したピアノ(現代風だから88鍵ある)も弾いたがこれは流石にすばらしかった。なのに通常のスタインウエイの高音がどうしてこう耳につくのだろうか? ちなみに通常のスタインウエイは1100万、このスタインウエイ原型モデルは2100万、だけど原型モデルの方は充分にその価値がある。

ちなみにベーゼンドルファー、これは元々好きなピアノだから
弾けて満足。ドナルドフェイゲン先生はこれを自宅に持っているという。俺も何とか稼いでがんばろう(^^;;) 1000万、音色の割には安いと思う

こういったグレードのピアノでレコーデイングしたいものだ
聞き比べると差がわかる。ここ1-2年のうちに実現したい

| | コメント (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »