Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »

2004年10月17日 (日)

ヒーリングCDとその効果について

よく私のヒーリングCDについて「本当に効果があるのですか?」とか「その効果は科学的に証明されているのでしょうか?」といった主旨のことを聞かれます。そういうときに私は「音楽を聴いて心が安らいだ経験はありませんか?」あるいは「音楽を聴いて感動した経験はないのですか?」と聞き返すことにしています。

  

”ヒーリング音楽について”の貢でも述べましたが美しい音楽を聴いて心が安らぐという現象は不思議なことでも何でもありません。ただ「CDの効果」となりますといささか複雑な議論になってしまいます。それには理由がありまして、ヒーリング音楽やそのCDについて2点、大きな勘違いが世の中にはびこっているからです。


  
「癒し」とその対象について 

  最近やたらに「癒し系グッズ」とか果ては「癒し系タレント」なる訳の分からないものまで出てきて、少々安直に「癒し」という言葉が使われている感があります。しかしこの「癒し」を受ける対象の人たちは実は大きく分けて2つのタイプがあることを御存じですか? そうひとくちに「癒し」といってもそう簡単な話ではないのです。ひとことでいえば「普通の人々」と「重い心の病」の人たちということになります。前者は普通に考えれば本来「癒し」など必要がないと考えられがちですが、そうでないのが今の世の中。しかもこのことが「癒し」というものを語る時に大きな勘違い、誤解のもとになっているのです。

 例えば職業で「癒し」をやっている人がいます。「催眠」CDでごいっしょに仕事をさせていただいた大塚慎吾さんなどがそうですが、彼の所にやってくる患者さんは「癒し」どころか、他のクリニックや療法をやっても直らなかった、深刻な症状の人ばかりで「藁をもつかむ」思いで大塚さんの所に来ているようです。中には自殺一歩手前まで行った人も少なくないと聞きます。さてこういう人たちには「癒し」なんて甘っちょろいものではとうてい効果がないのです。ハッキリいってこういう人たちを完治させようと思ってもいわゆる音楽療法だけでは無力なのです。

  「では全く効果がないのか? 単なる作曲家の思い込みか?」などと早とちりをする人が出てきそうですがそうではありません。実はヒーリング音楽やCDはそもそも「基本的には」こういった深刻な症状な人たちを対象にはしておりません。「基本的には」と銘打ったのは時と場合によってはこういう深刻な人たちに対して有効な場合もなくはないのですが、それは後程述べることにいたします。先程述べたいわゆる「癒し」ブームが出てきている背景にはごく一般のーしかし日常生活のストレスによって苦しんでいる人たちが非常に多いという点があります。いわゆる「病気」というレベルまではいかないが「疲れている」「癒されたい」と思っている人たちです。こういう人たちは町の療法師や精神科の医師などとうてい敷き居が高くて入れない、しかし「疲れている」といえば「気合いが足りないーたるんでいるからだ」とか「眠れない」といえば「疲れてないからだ」などと周囲から云われ、「癒し」が必要なのに周囲の理解が得られない、そういう人たちです。こういう人たちは皆さんの近くに大勢いらっしゃると思いますし、我々の試算では少なくとも世の中の人の半分が潜在的にこの例にあてはまると考えております。

 よく考えたらこの状況は異常です。現代社会は病んでいるといっていいでしょう。実際ある評論家が「これほど『癒しグッズ』が流行るのはどういうことなのか、そんなに我々は疲れているのだろうか。だとしたら実に気持ちが悪い現象だ」といっていますが全くその通り、実際私の音楽が「ヒーリング音楽」という形で売られていること自体今の世の中何かがおかしいと思うのです。

 もうおわかりですね? そう要は前者(症状が深刻な人)と後者(そうでない一般の人で「疲れている」人)が殆どの場合、全くごっちゃに論じられているのです。この両者は全く別の問題であるにもかかわらずです。そこがまず大きな問題であり、ものごとの本質を見誤らせる原因の1つにもなっていますが、実は問題はこれだけではありません。

続きを読む "ヒーリングCDとその効果について"

| | コメント (0)

« 2004年9月 | トップページ | 2004年11月 »