Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004年2月22日 (日)

奇人変人が多い大作曲家の人物像

ここでは珍しくクラシック音楽の話をしよう

  クラシック音楽というものは歴史の波に揉まれているだけあって当然のことながら名曲、名作が多い。しかし「こんな素晴らしい曲を書く人なのだからすごく立派な人でしょう?」などといった世間知らずのお嬢さんのようなことを云うなかれ。実はいわゆる大作曲家の多くは奇人変人の類いにあてはまることが多い。

  しかし大作曲家といわれる人たちは多かれ少なかれ伝記作家や音楽評論家たちによって美化されている。特にモーツアルトやシューベルトといった人たちは若くしてしかも貧乏のうちに死んだということもあって過剰なまでに美化されている。しかし実像は今あるイメージとはかなりかけ離れているのを御存じだろうか。

   20年近く前に映画「アマデウス」というのがあったが、その映画に描かれている破天荒なモーツアルトの姿に憤慨したモーツアルトファンが少なくなかったようだ。だが実際のモーツアルトは(たぶん)あれよりもっとひどかったようである。実はモーツアルトは手が付けられない程のイタズラ小僧で舞踏会で女の子のスカートをまくったり、ウイッグにイタズラをしたり等しょっちゅう女の子にチョッカイを出していた。そのことがザルツブルグ大司教の怒りを買ったわけだが、それだけではない。モーツアルトの友人の手紙を見るとまあシモネタ、ウ◯コネタがバンバン書き込まれていて、「紅顔の天才美少年」というイメージはこの手紙を読むともろくも崩れ去る。実際あまり知られていないが「オレのケツを舐めろ」という題名の曲すらある。もっともこれは日本でいうアカンベーと同じニュアンスで英語にも"Kiss my ass"という表現がある。

 そしてシューベルトの場合だがこれはモーツアルトよりもっと深刻だ。彼が31才という若さで極貧のうちに死んだという人生を後の伝記作家や音楽評論家たちがあまりに美化し過ぎた結果、主にクラシック系の作曲家の間に「シューベルトシンドローム」なるものがはびこってしまったのである。つまり「生前は殆ど認められず極貧にも負けず素晴らしい作品を残したーなんて素晴らしい作曲家なんだ」というわけである。おかげで「生前認められなくてもいずれはシューベルトのように評価される」などという馬鹿馬鹿しいことを考える人間まで出てきた。シューベルトのような生き方こそ作曲家の理想であると云わんばかりだが、作曲家の端くれである私からみれば冗談じゃない、ふざけるなといいたい。迷惑もいいところである。

   実際にはシューベルトは物凄くだらしない男であった。背も小さく服装にも無頓着、人つきあいも悪く無愛想な男だったという。当然映画「未完成交響楽」(すげえクサイ映画(-_-;))のような恋愛などできるわけはない。また極貧というけど高荻泉氏によると割と頻繁に売春宿に出入りしていたらしい。女遊びをするくらいの金はあったようである。一般的なイメージの「清貧」とも違う。おかげで梅毒にかかってしまい、精神的にも不安定になったようである。例の「未完成交響曲」が未完成に終わったのもこの辺りと関係があるという話もあるが真相はわからない。いずれにせよシューベルトも一般に知られているイメージとはかなり違う。

   ついでにいうならー話をモーツアルトに戻すがーモーツアルトの晩年も後世云われる程貧乏ではなかったという。確かに以前より大幅に収入が減ったのは事実らしいが一部に伝えられているような「餓死」するほど貧窮はしていなかったようである。少ないギャラだったが作品の依頼は結構あったようだ。これも音楽学者、音楽評論家たちが美化するあまり「モーツアルトは清貧のうちに死んだ」というイメージでなければならないという思い込みが「餓死説」まで飛び出させた要因であろう。

  これらはほんの一例に過ぎない。各作曲家に対してよいイメージを持ちつづけたいとお考えの方には申し訳ないが、しばしば事実は小説より退屈なのだ。(これって誰の言葉だったっけ?)歴史に残る大作曲家がどんなに偏屈で、決して友だちにしたくない人間が多いか以下に示そう。タイプとしていくつかに分類できる

かんしゃく持ちタイプ
ベートーベン

  -数々の名曲を残したベートーベンだがまさに「偏屈が服を着て歩いている」という言葉がぴったりの人物だったという。しばしばかんしゃくを爆発させしかも元来の一本気な性格が禍いして多くの友人や恋人が彼のもとを離れていった。極めつけは弟の子を弟の死後引き取ったのだがこの甥のカールはベートーベンの過剰なまでの干渉についには自殺未遂まで行い、その結果この数少ない肉親から絶縁状までたたきつけられた。またベートーベンは数々の良家のお嬢さんと派手な恋愛をしたがいずれも別れてしまった。おそらく女性の方がついていけなかったんだろうね。ちなみにベートーベンの臨終の言葉は「喜劇は終わった」ーふーむ自分でちゃんとわかってはいたようだ。

   マーラー
       武川寛海氏によると「マーラーは天才だったらしい」何の天才かというと「敵を作る天才」だったという。この人もかんしゃく持ちで、自分と思想や思考が合わない人物に対してはどんな温厚な人物も怒らせてしまったらしい。つまりケンカの天才だったわけである。おかげでマーラーは「反ウイーン楽派」から徹底的に攻撃されることになった。晩年マーラーは極端な厭世感にとらわれるがこの時は人をよせつけない雰囲気に満ちていたという。個人的には初期のマーラーは結構好きなのだが晩年の厭世感あふれる雰囲気の曲には正直ついていけないところがある。武川氏の話しを聞いて納得、なるほど友だちになりたくてもなれない人物のようだ。

バルトークー
       バルトークの作品は私自身結構好きなのだが、その音楽は決してお世辞にも親しみやすいとはいえない。人間的にもその通りだったようでコリンウイルソン氏によると「バルトークはまれなほど親しみにくい人間だった」という。プライドも高くかなりのかんしゃく持ちだったという。確かに何となくあの音楽を聴いているとわかるような気がする。



続きを読む "奇人変人が多い大作曲家の人物像"

| | コメント (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »