Kyoji "metanature"
i-tunesでも好評配信中!!
i-tuneページを表示するにはお客様のPCにi-tunesとquicktimeがインストールされている必要があります。 i-tunes及びquicktimeのダウンロードはこちら





2016年11月27日 (日)

オムニバスCD「Love and music and animals」発売記念ライブー盛況のうち終了ーペットを愛するメッセージが世界に届きますように

犬や猫の殺処分ゼロと人と動物との共生を目指したオムニバスCD「Love and music and animals」の発売記念ライブが下北沢のComCafe音倉にて開催されました。

Live11261600

オムニバスCD "Love and music and animals "

~犬や猫の殺処分ゼロと、人と動物の共生を目指して~

Love_music_animals
Love and music and animals (BSLE-003)¥2000

CD発売記念ですから、CDも販売しています。

Live1126

今回は入場のチャージの一部(500円)を緊急災害動物支援ネットワークで熊本地震で住む家の無くした犬や猫を支援するNPOに寄付されます。

それ以外にもアーチストその他の動物保護団体への募金活動も行われました

Live112616

拙作ペットミュージックの横に募金箱が於いてあります

今回の主催者の一人であるバジルのShinoさんの挨拶に続きまして

Img_0015

続きを読む "オムニバスCD「Love and music and animals」発売記念ライブー盛況のうち終了ーペットを愛するメッセージが世界に届きますように"

| | コメント (0)

2016年11月25日 (金)

アンテイークな雰囲気のカフェでラグタイムコンサート、スコットジョップリン148回目のBirthdayー終了報告

今や恒例となっています東京阿佐ヶ谷の名曲喫茶ヴィオロンでのラグタイムコンサート

Violon112416

20世紀初頭のアンテイークがいっぱいある空間にあるピアノでラグタイムを演奏するコンサートシリーズですがこの日はそのラグタイムの王といわれているアメリカのアフリカ系アメリカ人の作曲家スコットジョっプリンの誕生日でした。

Scottjoplin

スコットジョっプリン 1868-1917

まあ生きていれば148歳ということで、んナわけないか(笑)

しかしなぜラグタイム王のスコットジョっプリンを取り上げるかというと、単に来年が没後100年、再来年が生誕150周年、というだけではありません。

実はラグタイムというのはジャズの前身の音楽といわれますが、ラグタイムからブルース、ブギウギといった音楽の流れができたわけで、結局、ブルース、R&B,ロックンロール(ブギウギ経由ですが) そして勿論ジャズ、それら現代のポピュラーミュージックの流れとなっている全ての音楽の苗床となったのがラグタイムなのです。

云ってみれば現代のポピュラーミュージックのご先祖様といってもいい音楽がラグタイムなのです。

しかしこれほど音楽史上では重要な位置を占めるはずのラグタイムも作曲家のスコットジョっプリンも特に日本では決して知られているとはいえない存在になっています。

それはおかしいだろ? と考えていたところにヴィオロンという素晴らしい空間で定期的にラグタイムを演奏する、ということを一昨年からやってきました。

今回はそのラグタイムをより世間に認知されるように「スコットジョップリン148回目のBirthday」と打ち出したコンサート

しかし東京はなんと11月では54年ぶりといわれる雪!!  嘘だろ? マジか、と思いましたが(-_-:)

112601

だんだん積もってきて、私の住んでいるところは間違いなく3cm以上積もったでしょう

112602

というわけで一時はそもそも会場に移動できるのか、それすら不安でしたが何とか無事開催。

Ragtime112405

無事誕生パーテイーということでケーキも用意

Ragtime112406_2

ケーキでお客様といっしょに祝いました(^_^)

続きを読む "アンテイークな雰囲気のカフェでラグタイムコンサート、スコットジョップリン148回目のBirthdayー終了報告"

| | コメント (0)

2016年11月12日 (土)

冨田勲追悼公演「ドクターコッペリウス」のコンサート鑑賞ークリエーターの生き様を作品で教示していただきました

今日は今年の5月に逝去された日本のシンセサイザーの先駆者であり、映画、アニメ音楽の作曲家でもあった冨田勲先生の追悼公演「ドクターコッペリウス」の公演を見に行きました。

Tomita_tribute1

このブログの記事にも投稿していますが昨年の11月に先生の国際交流基金受賞記念講演会にてこの「ドクターコッペリウス」の内容について紹介が行われ、今回晴れてその公演日となったのですが、残念ながら結果的に遺作であり未完の作品となってしまいました。それでも作品は十分に楽しめました。
コンサートでは「初音ミク」とオーケストラの競演ということもあり、多くの人が来場しました。グッズ販売は長蛇の列

Tomita_tribute3

大半の人のお目当ては今回の公演に合わせて手塚プロが書いた「手塚治虫風初音ミク」でしょう。

News_header_miku_teduka1

これが印刷されたTシャツが販売されていました。でもさすがに私は恥ずかしくて買いませんでした。(^_^;)
長蛇の列でしたがプログラムはゲットしました。(^^)

Tomita_tribute2

本日のプログラムですが

1. イーハトーヴ交響曲
  昨年北京で初演された新バージョンの初音ミク(*)とオーケストラを宮澤賢治の詩や小説をモチーフに使った作品 

2. 惑星 Planets Live Dub Mix
  DJエイドリアンシャーウッドによる冨田勲の「惑星」のリミックス
3 ドクターコッペリウス
  冨田勲先生が昨年の講演の時に概要を話された作品。結果的に未完におわり遺作となってしまった作品、

指揮:渡邊和正
東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:混声合唱団イーハトーヴシンガース
シンフォニーヒルズ少年少女合唱団

システムアーキテクト;ことぶき光
マニュピレーター;漢那拓也、百々政幸、山口慎一
キーボード演奏:氏家克典 高橋ドレミ
ライブダブミックス:エイドリアン・シャーウッド
パーカッション:松本正
ダブストリングス:神田珠美、穴田貴也、大庭美由子、宗村北斗

ヴァーチャルシンガー;初音ミク

ダンサー(バレエ)
コッペリウス役;風間無限
小江役;秋山桃子
博士役:和中和央
ラグランジュの子供達:佐々木三夏バレエアカデミー

*:イーハトーヴ交響曲ならびに「ドクターコッペリウス」の中での「初音ミク」について

本公演での初音ミクは市販されている「初音ミク」とは根本的に違う面があります。

それは

続きを読む "冨田勲追悼公演「ドクターコッペリウス」のコンサート鑑賞ークリエーターの生き様を作品で教示していただきました"

| | コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

楽器フェア2016年のレポート(鍵盤関係)

二年ぶりですがアコ―ステイックと電子楽器全てそろった楽器フェアが今年は東京ビッグサイトで開催され、昨日行ってきました。

Gakkifair

Gakkifair201601

Gakkigair201600

前回では高級ピアノの試弾会の予約をやりそびれてしまいましたが、今回はあらかじめウエブ予約をしておきました。

一応メイン会場でもスタインウエイ、ベーゼンドルファー、べヒシュタインという三大ピアノの展示があったんですが、予想通りビッグサイトのこの会場、音が回りまくっていて訳の分からない状態。この環境ではせっかくの高級ピアノも音がじっくり聞こえないだろうと思うのであらかじめ予約して正解でした。

Gakkifair201602

Gakkifair201603

楽器フェアでは一応取引先のブースにも顔を出さないといけませんが。知り合いの担当者はブースにはおりませんでした。まあ皆さんお忙しいでしょうしね。

Gakkifair201604

そして今回の目玉である高級ピアノの試弾ープレミアム・コンサート・グランドピアノ試弾会ー たった30分で5000円という少々割高とも思える料金でしたが、やはり楽器フェアの醍醐味はこういうピアノを弾くことができるという面もあるので、少々奮発して予約しました。
料金を払った人でしか入れない空間なので、試弾の部屋をここで提示します

Shidan01

ここで、世界三大ピアノであるスタインウエイ、ベーゼンドルファー、べヒシュタイン以外に河合とYAMAHAのグランドピアノが試弾できますが、メインは世界三大ピアノであることはいうまでもありません。但し、日本人が世界に誇れるといっていい高級ピアノのShigeru Kawaiについては後で述べようと思います。勿論試弾室で弾きました。

まずは世界三大ピアノから

Gakkifair201607

ベヒシュタイン

ナチスのお気に入りピアノという不幸な歴史から工場も徹底的に破壊され、長らく再起不能の状態だったため三大ピアノの中では知名度という点で今一つになってしまいましたが、第二次大戦以前では世界のナンバーワンピアノの名声をほしいままにしていました.。

昨年も汐留のべヒシュタインサロンでライブを行いましたが、三大ピアノでも私のお気に入りのピアノです。
このピアノは1300万円です (^^;)

Gakkifair201608

Gakkifair201609

ベーゼンドルファー

やっぱりいいです。
このピアノの音のなんとも言えない柔らかさ、まろやかさ
たまんないです。

このピアノで私の癒し系ナンバーレコーディングし直そうかな?

2100万のピアノです

続きを読む "楽器フェア2016年のレポート(鍵盤関係)"

| | コメント (0)

2016年9月18日 (日)

セプテンバーコンサート2016ー趣きは変わったものの参加者の平和への思いは途切れず

ニューヨーク同時多発テロ 911をきっかけに始まったセプテンバーコンサートト 今年はあの911から15年目、体調を崩して入院した2012年をのぞいては毎年参加しています。
今年はだいぶ雰囲気変わったような気がしますね

Sepcon1600

まず従来はセプテンバーコンサート専用のurl等があったのですが、それもなくなりました。まだ各地で開催されてはいるものの、各会場ごとに参加条件も微妙に違ったりしてかなり私が当初参加した時とは趣が変わりました。結論からいいますと全国の規模からすればかなり小規模になった感は否めません

以前ならセプテンバーコンサート用にこういうフライヤーが全国に配られたのですが

Sepcon_flyer

今年はそういうものもありません。

大野が参加した会場はComCafe音倉ー最近はイベントその他でもずいぶんお世話になり実質的に私の本拠地に近い状態になっています。ここ数年ずーっとこの会場ですが、なぜかこの会場に来ると落ち着くので今年もこちらでセプコンに参加させていただきました。

確かにフライヤーその他もなくなって趣きは大きく変わりました。

しかし参加されたミュージシャン(プロ&アマチュア)の方たちの平和への祈り、思いが低下しているわけではありません。

続きを読む "セプテンバーコンサート2016ー趣きは変わったものの参加者の平和への思いは途切れず"

| | コメント (0)

2016年9月14日 (水)

「戦士たちの憂鬱」観劇ー昨今の日本の風潮ー無関心,思考停止,自分の好きな情報しか見ない自分だけがよければいいという風潮の風刺劇,

ある映画関係者 の誘いで映画監督の窪田将治監督が演出する劇があるということで新宿のシアターモリエールに行った。『涙の数だけ笑おうよ 林家かん平奮闘記』が上映されている角川シネマ新宿から歩いて数分の場所である

映画音楽に関わるようになってから映画だけでなくこういう演劇を見に行く機会も増えてきている。これは必然的な流れといっていいだろう、

Morieere01

Morrierre2

実は演劇の内容は事前にあまり聞かされていなかったのだが観劇して驚いた。

かなり昨今の安倍政権のタカ派、秘密保護法、憲法改正で緊急条項を目論む、その動きに対して殆ど危機感も持たず、政治に無関心、選挙にも行かない昨今の日本の風潮を強烈に風刺、批判した劇である。ポリティカルなテーマをコミカルに描いた意欲作だ。

題して「戦士たちの憂鬱」

舞台は防衛庁の架空の外郭団体である「地球防衛軍」の基地

勿論ウルトラ7の「地球防衛軍」とは別物である。台詞には「国家機密保護法」「防衛予算」「憲法改正」そして「緊急事態条項」などという言葉がバンバン飛ぶ。

しかしそうした安部政権の暴走に対し、昨今の日本国民は驚くほど寛容で芸能人のスキャンダルには目の色かえて正義面して叩くが、安倍政権の政治家の不祥事にたいしては驚くほど寛容になっており、政治や安部政権の政策に対しては驚くほど無関心、である。

この舞台はそういう昨今の日本社会の風潮に対して激しい警鐘をならしている。私ももう1つのブログでこういう昨今の日本の風潮に対し警告をしてきたが、選挙の投票率も一向に上がらない、日本の平和憲法が危機的な状況に陥っているのに国民の危機感0 国民の大多数が無関心 という傾向が一向に変わらず私自身はただひたすら空回り、

正直挫折感を味わっている

続きを読む "「戦士たちの憂鬱」観劇ー昨今の日本の風潮ー無関心,思考停止,自分の好きな情報しか見ない自分だけがよければいいという風潮の風刺劇,"

| | コメント (0)

2016年8月13日 (土)

コンサートイベント三連チャンが終わって

8月10日から昨日の12日までライブイベントが3連チャン
10日、11日は私が管理人をしているFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」のイベントでMusic Session Vol2として開催。10日は音楽異種コラボレーションセッションと題してマルチメデイアなステージを開催し、11日は極上女性シンガーソングライターセッションと題して美貌、歌唱力、音楽性3拍子揃った女性アーチストによるイベント

もっとも11日は主催者ではあっても演奏はしなっかたけど、10日、11日ともに手前味噌だがとても内容のあるライブイベントだったと思う。天候による不運(10日に小田急線と井の頭線が豪雨で両方止まる)もあったがいろいろと反省点や課題は個人的にはあるけど6月のイベントと違い今回、イベントの内容には満足している。但し今回やったことはこれで終わりではなくこれからのいろんなことへの始まりであるという点は強調しておきたい

そして昨日は恒例のラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン 暑い中大勢の方にご来場いただきました。

Violon01

セットリストは以下のとおり

続きを読む "コンサートイベント三連チャンが終わって"

| | コメント (0)

2016年8月 5日 (金)

新宿サンモールクレストでのゲームアニメ交流会ー音楽家ミュージシャンの出席増加の映像系交流会

しばらくとあることでブログ更新のエネルギーが削がれていたんですが、今日は楽しい交流会でもあったので少し書く気になりました。また別件で書きたいこともあるので、それは追々更新、書いておきます

二か月に一度行われる「ゲーム・アニメ交流会」
今回は夏ということもあって場所を変えなんとプールがあるサンクレストモールの9階ーシアターサンモールの上が会場です。

Anime080404_2

何でも旧市川昆監督邸だったそうです、こんな豪華な家に住んでいたんですね。なんでも後で聞いた話では元々はタレントの山田邦子がオーナーでビルにはテレビ業界人なら誰もがしっている「サンモール・ビデオスタジオ」があったそうです。そして最上階に市川昆監督が住んでいた、ということらしいです。かなり豪華な一室で、どれだけ豪華かは早めに会場にいったので始めは閑散としていた時の写真でわかると思います

Anime08040

これがしばらくするとこのとおり

Anime080402

Anime080401

我々フリーランスの人間にとって、こういう交流会は「営業活動」の機会でもあります。確かに飲んだりはしますが、やはり真剣勝負です。

特にこのアニメ交流会はかなりのレベルのアニメ、ゲームの業界人が参加されるアニメ交流会、アニメの分野で仕事したい方はおすすめの交流会です。

続きを読む "新宿サンモールクレストでのゲームアニメ交流会ー音楽家ミュージシャンの出席増加の映像系交流会"

| | コメント (0)

2016年7月18日 (月)

ご当地ソング盆踊り「サンシテイ音頭」 お披露目に立ち会い

正直、私が盆踊りの曲のアレンジ(編曲)をやる、などとは考えもしませんでした

最近「映画つながり」で音楽の仕事の依頼を受けることが多いのですが、今回もそのつながりで東京板橋区中台にあるサンシテイという団地の管理組合からの依頼でサンシテイのご当地ソング「サンシテイ音頭」の編曲をやらせていただきました。
レコーデイングの模様は当ブログの記事に書いてあります。
■ご当地ソング(盆踊り)レコーデイングを行いました  
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2016/03/post-6f55.html

Suncity01

Suncity02

高速道路が近くに通ってはいるものの閑静な団地で「中庭」には東京ドーム一個分の広さの「森」のような空間があります。緑豊かな団地です

Suncity03

1915世帯、約5000人が住んでいる地域らしいですが、コミュニテイ意識が強く団地で活発にサークル活動に行っているようです。そんな中、この団地のご当地ソングの編曲の依頼を受けました。

団地の広場にイベント会場が設置されておりました。

Suncity00

続きを読む "ご当地ソング盆踊り「サンシテイ音頭」 お披露目に立ち会い"

| | コメント (0)

2016年6月28日 (火)

ライブしながら映画撮影ーに参加しました

日曜日はシンガーソングライターの白井愛子さんのピアノサポートとしてライブに参加しましたが、このライブが一風変わったものでした。

何でも映画「陽光の木の下で」の1シーンの撮影がライブのようで、しかもお客様が監督の指示でアーチストの応援歓声をあげる等、観客参加型公開撮影というものでした。

13330476_863434797134669_805097376_

結構映画には多く関わっているんですが今回は映画音楽の作曲ではなく、本職の音楽家のキャストとして撮影に参加します。こういうのって初めてじゃないかな?、と思います。 エキストラとか鼻歌指導とかで撮影現場に行ったことはありますけどね

私がサポートした白井さんはキングレコードからCDを出しています

Asu

撮影は順調すぎる、くらいに進みました。映画での白井さんのコスチュームです

Shirai_aiko01

ところで開場の「赤坂ピアノラウンジBフラット」は赤坂にあるんですが、我々業界の人間が赤坂のBフラットといいますと老舗のジャズハウスになりますが、実はてっきり会場がそちらだと思っていました。

赤坂ビーフラットに行ってみたら、ビッグバンドがステージにいて、お店の人がお客さんからオーダーを取っている、とてもリハなどしているようには見えない。だいたい撮影チームなんてどこにもいやしない。 で白井さんに連絡してみたら 赤坂ビーフラットではなくて「赤坂ピアノラウンジBフラット」、同じ赤坂でも全く方角が違ってしまい焦りました

まあこんな感じの会場でした(^^;)

Pianolounge_bflat

あと何も聴いてなかったんですが突然イベントの最後に出演者全員が「おーシャンゼリゼ」を歌うことになり、なりゆきでそちらのピアノもやることになった(^_^;)  まあ簡単な曲だからこの程度はすぐできますけど、まあいろいろあった一日でした。

| | コメント (0)

2016年6月24日 (金)

没後100周年カウントダウンスタートライブ  ラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン

本日も無事終了いたしました。

これから1年にわたってスコットジョっプリン没後100周年に向けたカウントダウンをを始めます。再来年は生誕150周年になります

Scottjoplin

              

Scott Joplin  1868-1918

062316_ragtimeconcert

セットリストは以下のとおり
前半
1. Georgia on my mind
(Carmichael)
2. Original Rag     (S. Joplin)
3. Maple Leaf Rag(S. Joplin)  
4. The Entertainer (S. Joplin)
5. Modern Times (C. Chaplin)
6. As Time goes by(Hupfeld)
7. Heliotrope Bouquet (S. Joplin) 
8. Chrysenthumum  (S. Joplin)
9. Easy Winner(S. Joplin)
10. Short Story (Kyoji Ohno)

後半
11. Cascade     (S. Joplin)
12. Wall Street Rag     (S. Joplin)
13. Humoresque (A. Dvorak)
14. I got rhythm (G. Gershwin)
15. Summertime (G. Gershwin)
16. Bethena (S. Joplin)
17. Pleasant Moments(S. Joplin)
18. Gotham City Waltz(Kyoji Ohno)
19. Scott Joplin's New rag     (S. Joplin)
20. Magnetic Rag (S. Joplin)
21. Lost Forest(Kyoji Ohno)
22. Ragtime Sonatine(Kyoji Ohno)
  

次回のラグタイムコンサートは8月12日 同じ阿佐ヶ谷ビオロンにて行います。

| | コメント (0)

2016年6月 3日 (金)

アニメマンガゲーム中心エンタメ親睦会二回目の参加

今年の3月31日に初めて参加した「アニメマンガゲーム中心エンタメ親睦会」 今日で二回目の参加です。場所は代々木アニメLive ステーションにて行われました

Animekoryukai06021600

平日ということもあって出足は少し鈍かったですが

Animekoryukai060201

Animekoryukai06021602

会場は定員240名のイベントで最終的にはほぼ満員になりました。

今回は私のFacebookグループでもイベントのシェアをしましたが、結構ミュージシャン,音楽関係者が多かったですね。この手の集まりですとちょっと 前でしたらミュージシャン、音楽業界関係者は数えるほどしかいなかったのですが、やはりそれだけ音楽業界以外に活路を求めている人が多いということでしょ う。前回も同じことを書きましたがもはや「業界」というのもおこがましいほど機能していない音楽業界とはあまりにも対照的に活気があるのがゲーム、アニメ 業界。 知り合いで参加して音楽関係者には「圧倒された」という感想がありました。まさにその通りでしょうね

続きを読む "アニメマンガゲーム中心エンタメ親睦会二回目の参加"

| | コメント (0)

2016年5月 6日 (金)

当事者でもないくせに当事者面する不謹慎厨など吹き飛ばせ!! イベント交流会に参加

少しキツイ表現がこの記事に出てきます。そういう表現が苦手な方はスルーして下さい

熊本大地震から3週間経ったが、別ブログでも書いたが今回のネットのバカによる不謹慎厨、不謹慎狩りには本当に心の底から腹を立てている。ボランテイアや寄付行為をしている芸能人(一般人まで)を「売名行為」などと難くせをつけて叩くなどもはや狂気の沙汰である。このネットの暇人バカ連中は今回は超えてはならない一線を越えたと考える。特に紗栄子を始め井上晴美など芸能人に「荒らし」行為を行った輩はIPを記録⇒通報し、プロバイダー契約解除等を含むネットから追放する措置を取るべきである。

こいつらは現代のネット社会、情報社会にとって極めて有害百害あって一利ない連中であるからだ。

こういう「荒らし」の常習犯である「ネットのバカ暇人」はネトウヨと同じで卒業することを知らない、自らの責任も非も絶対認めない(したがって反省しない)輩である。問うて話す相手ではないので、このような輩はネット社会を健全化する意味でもこういう有害なユーザーをネットから永久追放することを提言する。

そして昨日日本イベント協会の定期的な交流会に参加した。前回の東日本大震災の時にもネット暇人バカ連中による不謹慎厨が吹き荒れ、多くのイベントが「自粛」の名目で中止に追い込まれた。だがそれらの「自粛」というのは実際の被災者の声に基づいた動きではなく、被災者とは全く無関係の第三者によって判断されたものである。実際の被災者は励ましてもらいたいのであり、明るい気持ちになりたいのである。元気になりたいのである。これは実際に被災者に接した人からの声である。

それゆえ災害時にイベントを行うのは不謹慎という不謹慎厨は当事者でもなんでもないバカが当事者面して、それに難くせをつけて他人を叩くという、挙句の果てはボランテイアや寄付行為をした芸能人や一般人まで「売名行為」などといって攻撃するというエセ正義の味方面して極めて非道な行為を行っているのだ。もはや偽善者などというレベルではない。どちらが被災者のことを本当に考えているかいうのもバカバカしいくらいだ

Eventkoryukai

実際それはイベントの現場にいる人たちのほぼ一致した見解である。

ちなみに今回の「日本イベント協会」(JEA)の会長は熊本出身であり、今回の交流会では被災者への募金活動も行われた。私も本当にささやかではあるが募金させてもらった。

続きを読む "当事者でもないくせに当事者面する不謹慎厨など吹き飛ばせ!! イベント交流会に参加"

| | コメント (0)

2016年4月15日 (金)

音楽家&音楽及び関連業界キャステイング第三回業界交流会 超満員の中無事終了

交流会のレポートをする前に交流会の最中に九州、熊本を中心に震度7の地震の報があり大変驚きました。既に9人の方が亡くなったようで被害状況も心配です。被害に遭われた方お見舞い申し上げます。
幸いFB等、ソーシャルネットでつながっている九州方面在住の方の全員の無事が確認されました。よかったです。まだ余震等があると思いますのでくれぐれもお気をつけください

私が管理するFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」の第三回の交流会、音楽関係者だけでなく音楽を使う関連業界の方を始め、音楽もジャンルに全く関係なく新たなコラボレーションを誘発できるような環境作りを目的としています。

今回は参加予約があらかじめ会場のキャパを上回るくらいに来ていました。

Koryukai00c

交流会は勿論通常の歓談もあるんですが、やはり目玉は参加アーチストによるライブショーケース 今回はおそらく今まででもっとも内容が充実していたように思います。
今回は今までと違い少しライブショーケースの趣向を変えました。
管理人の私の「なんちゃってーバンド」であるジャンブルというユニットで交流会とライブショーケースのイントロダクションの演奏を行いました。

Jumble

今回は入場者が多くかなりドタバタしてかなり仲間に助けられました、感謝です。

Utensei01

トップバッターは台湾と日本のハーフの張愛ちゃんのユニット雨天晴(うてんせい) 愛ちゃんは台湾でモデルもやっており、現在ボーカリスト、女優として修業中です。今後の活動に期待です。

Tani01

シンガーソングライターだけでなく映画俳優としても活躍の谷洋幸君。 彼と私とはニューヨークつながりでもあり、映画の世界にもお互い近いことから身近な存在でもあります。(^^)

続きを読む "音楽家&音楽及び関連業界キャステイング第三回業界交流会 超満員の中無事終了"

| | コメント (0)

2016年4月 2日 (土)

日中文化交流公演で二胡のコンサートに行ってきました。

さる人のお誘いで東京亀戸のカメリアホールにて東京中国文化センター主催の中国民族楽器による「二胡縁」というコンサートに行ってきました。実は映画関係のつきあいなのですが、最近不思議なことに音楽関係のつながりよりも映画関連の人経由で音楽のコンサートに行ったり、音楽制作の案件が来たりします。

Niko_concert01

Niko_concert02

二胡というのはご存じの方もいらっしゃると思いますが、中国の民族楽器で2本の弦を間に挟んだ弓で弾く楽器です。よく胡弓と混同される方がいますが、胡弓は日本の伝統楽器として定着したもので、二胡に似てはいますが直接のつながりはないようです。文字通り2本の弦で奏でる楽器です。

2012110810870606

非常に繊細な楽器で音の強弱もかなり幅広くあり、表現力がある楽器だと思いました。実際に本物を目の前で見たのは初めてですが、非常に音色、音質、いろんな面で興味深い楽器だと思いました。

続きを読む "日中文化交流公演で二胡のコンサートに行ってきました。"

| | コメント (0)

2016年4月 1日 (金)

アニメ・マンガ・ゲーム・エンタメ業界親睦会に参加しました

ご当地ソングの案件も終わり、すべてが一段落したこともあり今回初めてアニメ・マンガ・ゲーム・エンタメ業界親睦会」に参加させていただきました。

Animekoryukai01

会場が代々木アニメliveステーションということもあり、アニメ、ゲームの業界関係者、声優、ライターそして私のような音楽関係者が多数出席していました。

しばらく実写の映画やドラマの仕事ばかりでゲーム、アニメ系とは離れていたのですが、やはりアニメ業界もゲーム業界も活気がありますね。どこかの某音楽業界とはえらい違いです。

この様子を実感して再びこちらの分野のお仕事もさせていただければ、と思い今回参加させていただきました。

他のブログ記事にも書きましたが21世紀は間違いなく映像コンテンツが主役の時代、それもシロウトのような低クオリティの映像コンテンツではなくプロフェッショナルな映像コンテンツがこれから重要になってきます。日本という国の持っている強みとしてやはりマンガ文化ーアニメ、ゲームコンテンツが世界的に評価されているという点は21世紀に入りやはり大きな武器になりうると思います。

続きを読む "アニメ・マンガ・ゲーム・エンタメ業界親睦会に参加しました"

| | コメント (0)

2016年2月22日 (月)

久々の「映画人交流会」@お台場ー参加者の皆さんお疲れ様でした

昨年はなかったので何と一年三か月ぶりになるお台場「東京カルチャーカルチャー」での「映画人交流会」に行ってきました。

Odaiba_koryukai1

Odaiba_koryukai4

場所はお台場の大観覧車の真下にあります。Zepp Tokyoの二階です

Odaiba_koryukai2

以前も書きましたようにこの交流会は映画に携わるスポンサー、プロデューサー、監督、スタッフ、キャストが総勢100人以上集まりわいわいやる「映画人交流会」です。交流会は数多くあっても映画関係でこれだけの関係者が揃う交流会は他にないと思います。

実は映画音楽作家として本格的に活動することを決意して6年、おかげさまで現在は劇場公開の映画を定期的にさせていただくところまで来ました。この交流会に出席していなかったら現在の自分はなかったといっていいと思います。
この私にとっていわば「恩人」に近いということもあるので非公式なボランテイアをかなりやりました。具体的には私が管理するFacebookグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」でも告知し、音楽関係の人でも映画関係に関わりたい人への参加を呼びかけました。そのせいかたぶんいつになく音楽関係者が多かったと思います。

会場には映画プロデユーサー、監督、女優、俳優、カメラ、メイクさん、プロダクション関係 キャステイング関係者、そして今回当グループで告知した関係でしょうか? 音楽プロデユーサー、作曲家、声楽家、その他ミュージシャンも参加しました。

音楽の世界もそうですが映画の世界もどんどん良くなってほしいと思いますからね。

続きを読む "久々の「映画人交流会」@お台場ー参加者の皆さんお疲れ様でした"

| | コメント (0)

2016年2月19日 (金)

ラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン ご来場ありがとうございました

今や恒例となりました。東京阿佐ヶ谷にある名曲喫茶ヴィオロンでの「ラグタイムコンサート」

Cbfcvl1uuaaorhv

Rgtime02181602

アンティークがいっぱいあるこんな感じのお店です。

Violon01

今や恒例化しましたこのアンテイークな空間でラグタイムでの演奏。ラグタイムは以前も書きましたが1890年頃から1910年末くらいまでアメリカで流行した音楽ジャンルでジャズやブルース、ブギウギの前身といっていい音楽です。こういう空間だからこそ20世紀初頭にタイムスリップした体験ができます。

Rgtime02181601

続きを読む "ラグタイムコンサート@名曲喫茶ヴィオロン ご来場ありがとうございました"

| | コメント (0)

2016年1月 8日 (金)

イベント主催者交流会に参加しました

昨日Facebookを通じてある人から招待を受け「イベント主催者交流会」に出席しました。

Event_party0

私も知らなかったんですがこういう団体があったんですね。日本イベント協会の主催の交流会です。

Event_party1

協会のトップは皆若い人で何でも一般社団法人を目指しているようです。
主旨としては私が管理しているFacebookのグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」と同じく横のつながりとビジネスマッチングとかを目的としているようです。イベント主催者、企画者、会場を提供する人(店舗)そしてパフォーマーですね。
やはりどの業界もやろうとしていることは同じだと感じました。

音楽の世界は非常に縦割り的な性格が強いんですが、イベントや他の業界も同じようです。これだけニーズが多様化している現代では積極的に横のつながりを作らないとどの業界も駄目だ、ということには気が付いているようです。

正直、参事や協会の代表を見ると失礼ながらあまり社会経験があるように見えないんですが、主旨は十分に理解できます。

Event_party2

Event_party3

会員でないとパフォーマンスのデモンストレーションできないそうなんですがヨーヨーとジャグリングが行われました.

名刺交換した人の数、名刺交換した人と今後どのようなおつきあいや案件が発生するかわかりませんが、まあとにかく我々のようなフリーランスは

人脈は財産

ということはいえますね。

演奏とかの仕事もやっていますので、今後何かでおつきあいする可能性はあるでしょう

| | コメント (0)

2015年12月27日 (日)

虫プロ主催の清水マリさん、橋本一郎さんの鉄腕アトム関連本の出版記念会に出席しました。

とある映画プロジェクトでごいっしょしているキャステイングの方に誘われて虫プロ主催の夕食会イベントに出席しました。

場所はかつて手塚治虫先生が生前常連にしていた食堂「えちごや」です。

会場には手塚治虫先生直筆の絵が沢山飾られていました。

Mushipro_bonen01

Mushipro_bonen02

Mushipro_bonen03

特にセル画は貴重です。日本の財産といっても過言ではありません。

Mushipro_bonen05

Mushipro_bonen06
出席者は全員アニメ制作関係者、出版関係者です。

Mushipto_bonen00

今回は元祖鉄腕アトムの声優でした清水マリさんの自叙伝鉄腕アトムと共に生きて―声優が語るアニメの世界 出版の記念イベント、同時に手塚先生のアニメの制作でサポートされていた元朝日ソノラマプロデューサー 橋本一郎氏の鉄腕アトムの歌が聞こえる ~手塚治虫とその時代~ (少年画報社創業70周年記念出版) の出版記念パーテイーも兼ねていました。


続きを読む "虫プロ主催の清水マリさん、橋本一郎さんの鉄腕アトム関連本の出版記念会に出席しました。"

| | コメント (0)

2015年12月17日 (木)

千代田テクノル社主催チャリテイーコンサート出演しました。

先々月に出演依頼を受けました東京御茶ノ水にある千代田テクノル社が主催するチャリテイーコンサートに昨日出演しました。同社はなんともう20年もこのチャリテイーコンサートを主催しており、殆どはクラシック系のアーチストなのですが、今回私のようなポピュラー肌の音楽家にも声をかけていただきました。

場所は千代田テクノル社の本社ビルの一階ロビーでPAもプロのスタッフを呼ぶほどで、会社の対応の仕方を見てもきちんとした会社であることがわかります。ピアノはYAMAHAのおそらくはC3クラスのグランドピアノです

Charity_con12161501

何でも同社の会長が無類の音楽好きで高級オーディオメーカーであるオルトフォンの日本法人前社長(前園俊彦氏)とが、さる会合でアナログ談義を交わし意気投合し20年前から始まったらしいです。20年もこれを続けることがすごいとは思いますね.企業の利益を社会に還元する活動の一環のようです。

Charity_con12161502

会場はこんな感じです。ロビーということで心配しましたが思ったほど音が回らないですね。 寧ろ壁の何処かに吸音材があるのかどこか音がこもって聞こえましたのでPA側で調整してもらいました。

続きを読む "千代田テクノル社主催チャリテイーコンサート出演しました。"

| | コメント (0)

2015年11月20日 (金)

Interbeeープロオーデイオ2015年に行ってきました

毎年恒例ですが、INTER BEE 2014年のプロオーデイオに今年も行ってきました。

毎年同じことを言っていますが家から幕張まで遠い(汗) どうがんばっても二時間以上はかかります(汗)

Interbee2015_00

プロオーディオってだいたい会場の端の方にあるんですよね(汗) 結構中央の受付口からも遠いんです(^^;)

Interbee2015_01

Interbee2015_02

Interbee2015_03

やはりメインはpro toolsのAvid 。まずはここに行かないと始まりません。

Interbee2015_04

Interbee2015_05

相変わらずすごい人です。

プロオーデイオ部門の主役であることは間違いありません。

もっとも最近MA(マルチオーデイオ) ポストプロダクションは最近pro toolsではなMERGING Pyramixを使うスタジオも増えていますが...

ちょうど会場に入ってAvidのブースに行った時にスターウォーズ「フォースの覚醒」の録音ミックスを担当したウィル ファイルズのデモンストレーションが始まっていました

Interbee2015_06

続きを読む "Interbeeープロオーデイオ2015年に行ってきました"

| | コメント (0)

2015年11月18日 (水)

冨田勲先生 国際交流基金受賞記念講演会ー高齢ながら最先端に飽くなき挑戦する真の意味の「クールジャパン」アーチスト

本日は日本のシンセサイザーの先駆的存在の作、編曲家の冨田勲先生が国際交流基金賞を受賞されたということでその記念講演会があるとのことで竹橋まで行ってきました。

Tomita_lecture01

Tomita_lecture02

冨田勲先生といえば映画、ドラマ、アニメの音楽の作家として手塚治虫作品のジャングル大帝やリボンの騎士やNHKの「新日本紀行」そして多くの大河ドラマの音楽も担当されていましたが(個人的には大河ドラマの「勝海舟」の音楽がすごく好きでした)、いうまでもなく月の光 ホルストの惑星(プラネッツ) のシンセサイザー編曲でアメリカでグラミーでノミネートされた実績を持っていらっしゃる方です。まだシンセサイザーが単音(^_^)しか出なかった時代にこれだけのサウンドを作るのは気が遠くなる手間だったと思います。どんなお話が聞けるか楽しみでした、

いろんなお話を聞きましたが結論から先いいますと、もの凄く感動した。今日は本当に来てよかった。というのが感想です。

と同時に今の日本のクリエーターの現状を見ると自分を含めて本当に情けない、という気持ちでしたね。

結論からいいまして日本じゅうの殆どのサウンドクリエイターは83歳のお爺さんにクリエイティブな面で完璧に負けているという点。今のクリエイターはどこから上手にパクるとかくっだらないことばっかり考えてますが富田先生はあの年齢でも果敢に新しいことに挑戦しようとしているという点に感心しました。

どう果敢に挑戦したかを説明しましょう

続きを読む "冨田勲先生 国際交流基金受賞記念講演会ー高齢ながら最先端に飽くなき挑戦する真の意味の「クールジャパン」アーチスト"

| | コメント (0)

2015年10月25日 (日)

第二回Facebook「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」音楽業界交流会開催 大勢の方のご来場ありがとうございました!!

昨日新宿のJazz Spot Jにて「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング 業界交流会」が盛況のうちに開催されました。

Koryukai201510

Jazz Spot Jといえばタモリが経営に加わる等老舗のジャズハウスとして知られていますが今回はあえてこの会場にしました。そのせいか、毎回希望者がグループ内で殺到するライブショーケースはインストが多かったです。

私がFacebookで管理人を務める「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」は音楽家がもっと新たな仕事、ビジネスチャンスにむすびつけられることを目的としたグループで、厳しい音楽業界の環境の中で少しでも音楽家にとって恩恵をもたらすグループとして機能しようという意図があります。特に音楽業界人って「カタチ」というものに異常に固執する傾向がありますからね。しかし「カタチ」にこだわって業界がよくなるのならばとっくに改善しています。それが理解できない人間が多いんですね。

この交流会は前回の交流会時も書きましたが単に音楽家の交流促進を目的としただけではなく、音楽家と他の業界、関連業界とのつながりの促進を目的としたものです。それは前回も書いたように私が時々参加する映画交流会が俳優さんだけでなく、メイクさん、衣装さんとさまざまな分野の人が参加し横のつながりが活発な点と比べると音楽業界は本当に横のつながりがない。特にジャンルが違う人同士との交流の機会が極端に少ない、という現状があります。海外では異ジャンルのコラボレーションって結構当たり前なのに日本はなかなかそういうコラボレーションの機会がない。私が管理するグループ「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」はそういう現状を少しでも打破したい、という意図があり「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング 業界交流会」がその一翼を担えればと考えております。

実際今回ライブショーケースの前半のあと業界の関係者をトークで紹介し、とかくシャイな人間の多いミュージシャンが名刺交換しやすい雰囲気を作りました。

続きを読む "第二回Facebook「音楽家&音楽及び関連業界キャステイング」音楽業界交流会開催 大勢の方のご来場ありがとうございました!!"

| | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

阿佐ヶ谷ヴィオロン「アンテイークな空間でラグタイム/サテイ/大野作品のカフェライブ」ご来場ありがとうございました。

別記事で詳細を話しますが昨日午前中は現在手掛けている長編映画のMA、午後は今や恒例となった阿佐ヶ谷ヴィオロンでのライブということでメチャクチャ濃い一日を過ごしました。

朝からMAスタジオにいた関係でリハーサルはMAスタジオの近くにあったベヒシュタインサロンの貸し練習スタジオでリハしました。

Riha1017

当たり前ですけどやっぱり音はめっちゃいいです、夜はホンキートンクだっちゅうのに何たる落差(笑) でもどちらも普通のピアノ弾くより遥かに味がありますけどね(^^)

天気が心配されましたが、夜になると雨もやみました。しかし日が短くなりましたね。会場に着いたらもうこのとおり。ヴィオロンの看板には電燈がついていました。

Violo101700

今回はいつもはラグタイム中心のプログラムでしたが、先日の「サテイ展」に行った影響もあるのか、没後90年ということもあってこの空間でサテイの演奏も行いました。

ラグタイムもサテイも19世紀末から20世紀初頭の音楽なので、その時代のアンテイークがいっぱい展示されているヴィオロンの雰囲気にはぴったりだと考えました。
ちなみに再来年はラグタイム王のスコットジョっプリンの没後100周年にあたります。その時までにこの一連のラグタイムシリーズのライブをどうせなら続けようと考えております。

Violon101702

続きを読む "阿佐ヶ谷ヴィオロン「アンテイークな空間でラグタイム/サテイ/大野作品のカフェライブ」ご来場ありがとうございました。"

| | コメント (0)

2015年9月 6日 (日)

セプテンバ―コンサート2015年@ComCafe音倉 初日出演

緊急入院した3年前を除き毎年参加しているセプテンバーコンサート

Kyoji_20150905

今年も参加させてもらいました。

Otokurasepcon1

昨年は安倍政権の集団自衛権の問題でいつになく緊張した趣きで取り組みましたが今年は昨年よりも状況が悪くなっています。
いわゆる「戦争法案」は14日の週にも強行採決される可能性があります。

日本が「普通に戦争できる国」になる日が近づいているだけに危機感はさらに高まりました。

Kyoji_sepcon201501

出演者
木村真紀
かなりやとうばん
大野恭史
はまたく51&fei fei
エリオン

続きを読む "セプテンバ―コンサート2015年@ComCafe音倉 初日出演"

| | コメント (0)

2015年8月29日 (土)

「この坂道」主演女優の安住麻里さんの劇団「秘密兵器」の舞台に行ってきました

下北沢の「劇」小劇場にて音楽を担当した短編映画「この坂道」Short Short Asia Film Festival入選作品) の主演女優の安住麻里さんの舞台に行ってきました

思えば昨年の今頃も劇団「秘密兵器」見に行ったんですね。演技力が強烈についたので驚いた記憶があります

Tsukon5

今年の安住さんの役柄は「絵描き歌のお姉さん」役です。よくtwitterでご自分の書いた絵(似顔絵)とかアップされているので、絵が上手なのは知っていましたが

Azumimari1

Azumimari2

それにしても安住さん 結構シュールな絵を描ける人なんですね。

今回も大いに笑わせてもらいました。

続きを読む "「この坂道」主演女優の安住麻里さんの劇団「秘密兵器」の舞台に行ってきました"

| | コメント (0)

2015年8月22日 (土)

Guelb er Richat ensemble presents 8月のミスラ 第2夜終了

昨夜今年から時々関わっている音楽のキャラバン「ラバラッカ」シリーズの一環のコンサートで戦後70年の8月の祈りと抵抗の夜 「Guelb er Richat ensemble presents 8月のミスラ 第2夜」と題したコンサートに参加しました。

場所は初めて来た「ひかりのうま」という喫茶店なんですが、ちょっと場所が分かり辛いのですが

Hikarinouma0

総武線大久保駅から新宿に向かって総武線沿いに歩いて5分くらいです。
入り口は「キューピッド」と書いてありますがそこが本日のライブ会場の「ひかりのうま」です。

Hikarinouma1

こんな感じの場所です

Hikarinouma2

ピアノはカワイのアップライトです。ホンキートンクではありませんでした(笑)

Hikarinouma3

さて、今回のセットリストですが、実は一曲だけ秘密です。(笑)

実は比較的有名なスタンダードナンバーの曲を「安倍晋三に捧げる」といってライブで演奏したらばかうけでした。あまりに受けたの9月5日の音倉でのセプテンバーコンサートでも弾きます。スタンダードナンバーの題名はそのレポートの時に発表いたします。(^○^)

というわけでセットリストは取りあえず

・Improvisation
・Lost Forest

・ひ・み・つ
・Aura Lee(アメリカンフォーク)
・Short Story
・ラグタイムソナチネ

というわけで次回の私の抵抗は9月5日のCom Cafe 音倉でのセプテンバーコンサートにて行います

       
OPEN 18:00
START 18:30
CHARGE 入場無料(ご飲食代は別途)

| | コメント (0)

2015年8月11日 (火)

業界BBQ大会@晴海埠頭

以前NHKでいっしょに仕事をした映像デイレクター主宰のBBQ大会に出席しました。

Bbq201500

Bbq201501

毎回人がごった返しで会場内の移動もままならない状態なんですが、今回は前日に東京湾花火大会があった関係で当日午前10時まで会場に入場できなかったこと、お盆期間に入ったこと、そして例によって灼熱の暑さ、ということもありやや拍子抜けするほど人が少なかったですが..

その分交流は中身のあるものでした、

Bbq201510

記念写真ー (^^)

続きを読む "業界BBQ大会@晴海埠頭"

| | コメント (0)

2015年7月20日 (月)

ラグタイムコンサート@ヴィオロン ご来場ありがとうございました。

土曜日に雨が止むという予報でしたが、あいにくの雨、にも関わらずご来場ありがとうございました。

Cklkeiuaaawik

今回もラグタイムやそれにちなんだ曲を沢山演奏しました。勿論私のオリジナルもたくさんやりましたが、セットリストです 青文字がラグタイム王のスコットジョっプリンの作品、*が私のオリジナル曲です

1. Improvisation *
2.  Maple Leaf Rag
3.  Original Rag
4.  Scott Joplin's New Rag
5.  Humoresque
(Dvorak)
6.   Summertime  (G.Gershwin)
7.   Aura Lee
8.   Lost Forest 
*
9.   Gotham City Waltz
*

      
ー 休憩  -

1. The Entertainer
2.  Heliotrope  Bouquet
3.  Theme from "Samelome"   
 *
 4.  鉄子の育て方 メインテーマ     *
 5  Time goes by
6   Theme from Modern Times
(Chaplin)
7   Magnetic Rag
8   Short Story   
 *
9   Georgia on my mind
10  Ragtime Sonatine 
 *

このアンテイークな雰囲気で演奏されるラグタイム、毎回好評ですっかり定着してきたといっていいと思いますので、ここまでくれば再来年の2014年4月1日スコットジョっプリン没後100周年まで続けようかな、とも思っています

尚、今回ラグタイムにちなんだ新作を発表いたしました。
題名は「ラグタイム ソナチネ」

ピアノを中学生くらいまで続けた人ならだれでも一度はやるあのソナチネをモチーフにラグタイム調に作り上げた作品です。よろしければご覧ください


続きを読む "ラグタイムコンサート@ヴィオロン ご来場ありがとうございました。"

| | コメント (0)

2015年7月11日 (土)

ベヒシュタインサロン大野恭史 「癒しフェーズ+ダイナミ ックフェーズ」ライブ ご来場ありがとうございました。

今から10数年前に楽器フェアにてベヒシュタイン Bモデルを試弾して以来、
その音色の聞き惚れた私で、いつかこのベヒシュタインを使ったライブを行いたい、と思っていました。

00bechstein_2

その念願が昨日かないました。

皆さんご来場ありがとうございました m(_ _)m

Bechstein_salon_2

実はこれだけの高級ピアノが演奏できるホール、小ホールとはいえ結構安かったのです。それでこれはライブを企画しない手はない、と思いました。

Bechstein01_2

今回のコンサートで使ったピアノ ベヒシュタインD-280 フルコンサートグランド 2000万くらいします。

Bechstein_embrem

ピアノの中にはベヒシュタインのエンブレムがきちんと入っています

開場してからはBGMに私のアンビエント環境音楽を流しました。このベヒシュタインサロンで演奏される殆どのコンサートはクラシックコンサートですが、今回はクラシックコンサートと差別化させる意味合いもありました。

続きを読む "ベヒシュタインサロン大野恭史 「癒しフェーズ+ダイナミ ックフェーズ」ライブ ご来場ありがとうございました。"

| | コメント (0)

2015年7月 2日 (木)

クリエーターズEXPO & プロダクションEXPO 2015

今年で三回目になる「コンテンツTOKYO」の展示会、で今年もクリエーターズEXPO

プロダクションEXPOに行ってきました。

Proexpo201501

Proexpo201502

今年も盛況のようですね。

この展示会の1つの大きな特徴である個人のクリエーターが出展するプロダクションEXPOは例によって知り合いが出展していることもあって顔を出しました。今年は会場からあふれるくらい多くの各方面のクリエーターが出展してました。

Proexpo201504

音楽関係者も出展していましたが、やはり写真、デザイン、ライター等の他の分野のクリエーターと比べると少ないですね。

Proexpo201504_2

まぁ出展していないお前が言うな、といわれそうですが、音楽だけ他の分野のクリエイターたちから置いていかれているという印象です

私のメインはプロダクションEXPOですが、あらかじめ訪問ブースを決めておきました。持ってきたデモ資料は全部配り終えましたが果たして成果はどうなりますことやら

開催は明日の3日までです。まあクールジャパンの一環の動きとも思われますが実際のところどの程度機能しているんでしょうね? 私は3年いって一部当たりのあるところはありましたが、結局までここ経由では成約していません。

まあそれでもこういうことを続けていくしかないんですけどね。

実は今日来たのは株式会社KADOKAWAの角川歴彦会長の基調講演を聞きに行くという目的もありました。そちらは長いので別記事にアップします

| | コメント (0)

2015年5月24日 (日)

Mr.Kenji Nakai レコーディング/ミキシング セミナーに参加

今月初めのMPJでのデモテープ審査会の記事にてお知らせした、世界のビッグアーチストの音楽プロデユース、やエンジニアとしてアメリカで活躍するKenji Nakaiさんのレコーディング/ミキシング セミナーが都内某所のスタジオで昨日行われた。

Kenji_seminar01

Kenji_seminar02

レコーデイングセッションは卓はNeve (SSLに似ているので間違えた(⌒-⌒; ) でpro toolsで録ることで進められるが、最近自宅スタジオでの作業ばかりしているせいか都内のスタジオ事情に疎くなっているのを実感した。もしかしたら浦島太郎状態かも (^^;)

そんな感じでセミナーはスタート

11265295_496439423840449_4038701151

このセミナーは完全予約制のはず、だったのだが当日近くになって「どうしても参加したい」という人が殺到!! 結果として出席予定者が30名だったのが40名くらいになった。

中には関西からこのセミナーに参加するために新幹線で上京した人もいたという。

実際そこまでしてでもこのセミナー、参加する価値は十分にあると思う。

改めてKenji NakaiさんのプロフィールがWikipedeiaに書かれているのでよろしければご覧いただきたい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Kenji_Nakai

続きを読む "Mr.Kenji Nakai レコーディング/ミキシング セミナーに参加"

| | コメント (0)

2015年5月17日 (日)

演劇集団「小さな翼」の「病は気から」を見に行きました。

既に当ブログで多くの劇公演について書いていますが、映画や劇伴音楽を書いている関係で女優さん、俳優さんとのお付き合いも増えてきた関係で、演劇の舞台を見に行く機会も多くなりました。今日は拙作"So Happy Dream"を歌っていただいた吉田裕美さんが参加した舞台「病は気から」(演劇集団「小さな翼」)を見にティアラこうとうに行きました。

Yamai_kikara03

Yamai_kikara0
手前左が吉田裕美さんです。

Yamai_kikara01

劇団は1995年設立だそうで、ベテラン俳優の戸丸悟さんと姫野真由美の二人で設立されたようですが、かなり固定客がいるようで商業的にもなりたってるようです。

ジャンルはコメデイといってよくかなり笑えました。歌あり、踊りありでしたが、音楽もなかなか凝っていて劇の健康体操のコード進行が「カルメン」と同じものになっていて、両方同時に歌ったり、極めつけはプッチーニのトゥ―ランドッドの「誰も寝てはならぬ」と「エンヤ―トット(いわずもがな、ですがトゥ―ランドッドのパクリ)を合わせるというミスマッチのパロデイによる歌は抱腹絶倒ものでした。あれ結構片方につられて間違えてしまいそうなので難しいと思いますけどね。

いやーなかなか楽しませてもらいました。内容は誰でも楽しめる昭和な舞台、といっていいかもしれません。

吉田さんがこういうコメデイの舞台で演じるというのは初めてみましたがなかなかよかったですね。

「病は気から」 5月14日(木)~17日(日) ティアラこうとう小ホール

一般¥3000  学生 ¥2000  本日千秋楽!!

最近の吉田さんはCMやテレビでの活躍で演技力もついたし、ますますキレイになってますね。 引き続き活躍を期待しています

Yamai_kikara02

ちなみに私の曲を吉田さんが歌った"So Happy Dream"のPVです。

吉田さんが出演した【アクアクララCM】水にこだわるかっぱちゃん~ポーター篇です。お母さん役で出ています。

| | コメント (0)

2015年5月 5日 (火)

久々参加ー業界BBQ大会@晴海埠頭

以前NHKのEテレで仕事をしたプロデユーサーIさん主宰のBBQ大会に久々に参加しました。

Bbq1501

Bbq1502

今年のGWは特にどこに行く予定もないんですが、せめてGWの気分だけでも味わおうと本当に久々に参加しました。とはいえテレビ関係者、映画関係者はそんなに多くなさそうでしたので今回は名刺交換よりも食べる方に専心しました。(^^)

Bbq1503

イベリコ豚

Bbq1504

山形牛のサーロインステーキ

Bbq1505

すごい霜降り  (^_^)

続きを読む "久々参加ー業界BBQ大会@晴海埠頭"

| | コメント (0)

2015年5月 2日 (土)

Mr. Kenji Nakai デモテープ審査会 世界レベルを注入して日本の音楽業界のぬるま湯体質を変えたい

ラグタイムコンサートに先だって先日4月30日にいろんな意味で連携を取っているMPJオフィスにてLA在住の音楽プロデューサー サウンドエンジニアKenji Nakaiさんのデモテープ審査会兼講演のお手伝いをしてきました。

Kenji Nakaiさんは多くの海外のビッグアーチストともお仕事をされた方で,海外で活躍している日本人のお話を聴ける機会は滅多にないと思い、今回のセッションを企画いたしました。WikipedeiaにKenjiさんのプロフィールが書かれていますのでよろしければご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Kenji_Nakai

会場には世界レベルでの自分の力を試してみたいという多くの方が参加しました。元々会場狭いんですがもう部屋のキャパシテイいっぱいの人が入ってます。 Kenji Nakaiさんのお話は私も大いに参考になりました。

Kenji01

国内のレコード会社の人間とは全く違った見解や世界を体験できるとは思ってはいましたが今回のデモテープ審査会、私が予想した以上の充実した内容でした。はっきりいって日本の音楽業界関係者からはあの内容のコメントが出てくることは100%ないと断言していいと思います。今回参加した方は本当に得したと思いますし、貴重な体験になったと思います。

Keinji02

デモテープは一人一人丁寧にKenjiさんによって聴かれ、且つ一人一人に向き合って丁寧にアドバイスをして、1つ1つに奥深いコメントが出てきました。そのため通常より1時間以上オーバーで延々3時間!音楽ジャンルのJ-POPのみならず、クラシックからジャズオーケストラまで、それが全て私が聴いていて的確でなおかつ深いアドバイスなので本当に傍観者として聞いていて感心いたしました。

続きを読む "Mr. Kenji Nakai デモテープ審査会 世界レベルを注入して日本の音楽業界のぬるま湯体質を変えたい"

| | コメント (0)

ラグタイムコンサート@ヴィオロン 満員御礼!! ご来場ありがとうございました

今年の3月に「ラ・バラッカ」のメンバーとしてここでコンサートして以来、すっかり気に入った阿佐ヶ谷のこのお店

Ragtimeconcert00

このアンテイークがたくさん置かれているお店にあるホンキートンクピアノによるラグタイムコンサートが行われました。

19世紀から20世紀初頭、アメリカの多くのバーにはBGM演奏用にアップライトピアノが置いてありました。しかしその時代のアメリカはピアノの調律師が深刻に不足しており、大都市部以外の地域では調律師がそうしたバーに出向くことは殆どなく、そのため自然にピアノのチューニングがずれていきました。しかしそれが独特の表現をする楽器に変化していきました。その楽器が醸し出す音空間、雰囲気はいつしかホンキートンクと呼ばれアメリカにあるバーの通称になっていきました。その後この言葉は併せて20世紀のアメリカ音楽の様々な様式につけられ、そのバーに置いてあるピアノを一般的にホンキートンクピアノと呼ばれることになりました。

ちょうど同じ頃、ラグタイムという新しい音楽がアメリカで流行初め、ラグタイムとホンキートンクピアノはセットでアメリカ全体に広がっていきました。

そしてこの名曲喫茶ヴィオロンの雰囲気、アンテイークがいっぱい置いてある一度来たらやみつきになる空間です。

Ragtimeconcert02_2


続きを読む "ラグタイムコンサート@ヴィオロン 満員御礼!! ご来場ありがとうございました"

| | コメント (0)

2015年4月12日 (日)

Facebook「作曲家アレンジャーミュージシャン演奏家キャステイング」音楽業界交流会 ご来場ありがとうございました!!

私はfacebookのグループ「作曲家アレンジャーミュージシャン演奏家キャステイング」の管理人でもあるんですが、かねてより参加メンバーより要望がありましたオフ会兼音楽業界交流会が昨日下北沢のCom Cafe「音倉」にて行われました。

Kouryukai01

こういう交流会を主催するのは初めての経験なので、いろいろと至らないこともあったでしょうし、いろいろと突発も起きました。(汗) 交流会は一般の歓談以外にライブショーケース、そして告知、トークタイムによって構成されていたんですが、前日にショーケースの1アーチストがドタキャン(!)  急遽応募時次点だった音樹真輝にお願いしたところ快く引き受けてくれました。

Kouryuukai05

急遽、代役で入ってくれた音樹君は身長  1m95 !! 存在だけで十分インパクトあります。

ちなみに足の大きさ馬場何と16文(!!!) 
ジャイアント馬場 できます。(笑)

過去、私はいろんな交流会に参加してきましたが、今回の交流会開催にあたり一番心がけていたのは、

出来るだけオープンな交流会にすること。  でした。

そのため建前上はfacebookのグループ交流会ということになっていますが、できるだけ多くの方に参加していただける交流会にしたかったので一般の方でも参加できるようにしました。

続きを読む "Facebook「作曲家アレンジャーミュージシャン演奏家キャステイング」音楽業界交流会 ご来場ありがとうございました!!"

| | コメント (0)

2015年3月21日 (土)

昔のアバンギャルドを今風のテーストに仕上げた演劇集団OM-2公演

映画音楽、劇伴音楽とかやっている関係で最近演劇とかも見る機会が増えていますが、今回は友人の女優さんが出演しているちょっと変わった演劇集団OM-2の公演を見に行きました。

Chirashi_no9_01

演劇集団と書きましたが、いわゆる劇ではありません。一応台詞のようなものがありますが劇というよりはパフォーマンスです。上のフライヤーではパーカッション集団のように見えますが、確かに最初から最後までパーカッションです。それも普通のパーカッションではありません。

それでも会場には大勢の人がいました。まあ会場の箱が小さいというのもあったんですが
立ち見でした

Om2_01

この空間では出演者は机を敲くパフォーマンス、これは昔のアバンギャルトミュージックに詳しい人ならわかりますが、コンセプトはジョンケージリビングルームミュージックです。
但しリズムはさすがに60-70年代のものではなく今風にしてありますが、..

まあ、そりゃそうですよね。
60年代、70年代のアヴァンギャルドの手法を今そのまま持ってきて、それを最先端の音楽だ、なんてもし本当に云っていたらアホです。

この公演でぶっとんでいたのはそれだけではありません

何と、途中で観客が、そうです。観客が別会場に移動しました。 こういうのは聞いたことありません。60年代―70年代の唐十郎さんや寺山修二の天井桟敷、あたりでもこういうのが果たしてあったのか、私はわかりません。もしご存じの方はご教示ください。

続きを読む "昔のアバンギャルドを今風のテーストに仕上げた演劇集団OM-2公演"

| | コメント (0)

2015年3月15日 (日)

LA Barraca @ヴィオロン ご来場ありがとうございました

先日より始まりました、暗い時代に突入した日本を芸術文化で明るくする「La Barraca(バルラッカ)」キャラバンの第二回目より参加

大勢の方にお越しいただきありがとうございました
。立ち見がでるほど盛況でした。とても雰囲気のいいライブでした。

Violon031401

まずは仕込みから、ですが

一応リハはやりましたが、完全アンプラグド(un plugged)なのでいわゆるサウンドチェックの必要はありませんが...(^^)

今回はギター+バイオリンのユニット、主催者の一人で演出家でもある二瓶龍彦さんのゲルブ、そして舞台俳優さん、女優さんの詩の朗読、そして私のピアノソロという盛りだくさんの内容でした、

しかも

Violon031402

いやー驚きました。

このピアノ、
ほんまもんのホンキートンクです。

つまりピアノの弦のチューニングをわざとずらしたピアノで、独特の音がします。
19-20世紀初頭のタバーン(居酒屋)やサイレント映画館などに置いてあり、それらのピアノは多くの場合長期間調律せず、置いてあるために、チューニングがずれてしまうのです。

そのホンキートンクのピアノによる演奏を行いました。

Kyoji03141501

続きを読む "LA Barraca @ヴィオロン ご来場ありがとうございました"

| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

遅い新年会@ComCafe音倉

小生もセプテンバーコンサート等でだいぶお世話になっている国境なき楽団が運営する下北沢のComCafe音倉でもう2月の下旬に入っていますが遅い新年会が開催されました。

Otokura0

Otokura1

一か月遅い新年会ですが、おもちをついています。気分は一気に一か月前に逆戻り(笑)
まあ中国は春節でお正月真っ最中だからいいでしょう(^^)

Otokura2

Otokura3

実は私が管理人をしているfacebookのグループのオフ会ー音楽業界交流会が再来月ここで行われることになっています。

続きを読む "遅い新年会@ComCafe音倉"

| | コメント (0)

2015年1月25日 (日)

暗い時代に突入した日本を芸術文化で明るくする「La Barraca(バルラッカ)」キャラバン@阿佐ヶ谷ヴィオロン

昨日は友人に誘われとあるライブに行きましたが、それは単ににライブに出かけるという以上の意味がありました。

結論からいってこれからある文化芸術のムーブメントに参加しようと思います。
といっても20世紀の即物主義とかシュールレアリズムのような芸術表現のムーブメントではなく、昨今の暗い世相、停滞した文化の状況を活性化すべく音楽家、演劇、映像等が創造の機会をもつ「キャラバン」を全国に広げようというものです。

演出家の二瓶 龍彦さんの呼びかけでスペインの詩人ガルシア・ロルカ率いる移動劇場 「La Barraca(バルラッカ)」を現代によみがえらせようというムーブメントで二瓶さんの主旨説明をそのまま掲載しますと

世界が暗くなってゆく1930年代、スペインに現われた詩人ガルシア・ロルカ率いる移動劇場 「La Barraca(バルラッカ)」
80年の時を越えて、暗い時代に突入した日本に、音楽のサーカス小屋として「La Barraca」が蘇る。
36年、ロルカはオリーブ畑で銃殺されますが、だれも殺されないために、人々の生きる営みとしての表現をのせて、caravan 「La Barraca」は全国をまわります。

この音楽のサーカス小屋は、音楽家に限らずあらゆるジャンルの表現者をのせることができます。
そして、caravan 「La Barraca」は、ただ回るのではなく、開催される各都市の表現者、会場となるお店などの人たちとの共同作業によって、はじめて立ち上がります。
それぞれの都市で、それぞれの音楽のサーカス小屋が生まれます。

音楽家をはじめとする全国の関係者のみなさん、この暗い時代に生きる営みの表現を通じて、ぜひともに希望の炎を灯しつづけましょう。

10896898_1592388620984830_417653645

ロルカのLa Barraca(バルラッカ)」は結果的にロルカがフランコ政権に銃殺されてから、ダリ、ミロ、ピカソ 音楽ではパブロカザルスたちの芸術運動を誘発させました。

私もその主旨に賛同し、この運動に参加することにしました。

昨夜はその「キャラバン」の第二回目に当たるそうですが阿佐ヶ谷のヴィオロンという喫茶店が会場でした。こんな素敵な空間でのアコ―ステイックライブです。

Violin0

中央線沿線にはこういういい感じのお店があるんですね。

何でもこのお店は映画の撮影ロケや演劇とか毎日必ず何か行われている知る人ぞ知るお店だそうです。Facebookにアップしたら私の友人関係からたちまち多くの反応を得ることができました。

その意味でも今回の「キャラバン」の会場としてはうってつけだと思います。

この喫茶店の特徴は他にもあります。

続きを読む "暗い時代に突入した日本を芸術文化で明るくする「La Barraca(バルラッカ)」キャラバン@阿佐ヶ谷ヴィオロン"

| | コメント (0)

2015年1月18日 (日)

映画交流会+新年会@吉祥寺に出席して映画の世界と音楽の世界の違いを感じた次第

新年会 たけなわのシーズン。
昨日はいつもとは別の映画関係交流会が吉祥寺で行われたので友人といっしょに行ってきました。

Koryukai_kaijo

この手の交流イベントでよく顔をあわす個性派俳優の廣田トモユキさんと同じく俳優の水野哲さん主宰の映画関係交流会です。

Koryukai011700

会場では参加者の作品発表やデモ等が水野さんとの会話で進行しました。

Koryukai011702

出席者は映画監督、プロダクションのマネージャー、アーチスト、ミュージシャン、女優さん、俳優さん、ダンサー その他のクリエーター等多彩でした。

Koryukai011703

上の図ではアコ―ステイックギターでクラプトンの"Tears in Heaven"と"アメージンググレース"をこの方は歌いました。なかなかいい声のボーカリストの方でした。

交流会、というのは勿論基本的には飲み会ではありますが、我々のような人間にとっては「営業」する絶好の機会ということができます。ですからパーテイ―ではありますが、ある意味クリエーターにとっては真剣勝負の場所でもあります。

続きを読む "映画交流会+新年会@吉祥寺に出席して映画の世界と音楽の世界の違いを感じた次第"

| | コメント (0)