大野恭史 お知らせページ

■Now Playing at Spotify,Apple Music , Amazon Music

大野恭史のアンビエントアルバム!

 

ドキュメンタリー映画「涙の数だけ笑おうよ
のテーマ音楽だった曲がSpotifyとApple Musicでストリーミング開始!! いたしました。 ご存じ「金毘羅ふねふね」のジャズバージョンです。
2versionあります

 

 

大野作曲のポップス。CDはもう販売していませんがストリーミングで聴くことができます。

 

大野恭史のSpotifyのプレイリスト

| | コメント (0)

2020年9月12日 (土)

日本ではサブスクいまだ定着せず、プロモーションのためのストリームチーム構成断念。日本の音楽界の今後に懸念

コロナウイルスの影響で音楽の世界が大きな打撃を受けたこともあり、またここ1-2年で世界の音楽産業がCDからサブスクリプションによるストリーミングにパラダイムシフトが起きている一方、日本ではいまだCD中心の音楽のビジネスに固執する向きが強い。しかしコロナウイルスの影響でそれも変わるのではないかという期待もあり、日本でもミュージシャンがこのパラダイムシフトを乗り越えるためにfacebookグループの「サブスクリプション演奏回数増加、プレイリスト登録互助会」なるグループを3月に立ち上げた。
しかし実際にやってみて様々なことがみえてきた。

1.日本のミュージシャンで「サブスクリプション」のことをよく理解していない人が圧倒的に多いこと

2.したがってこの姉妹グループで何をしようとしているのか、意味を掴めていない人が大多数であったこと

そして何人かの音源でグループのプレイリストも作ったのだが、(現在は廃止)

Img_4623

しかしここから何かが発展することは残念ながらなかった。本当は海外でもはや当たり前になっている「ストリームチーム」にしようと思ったのだが、結局「ストリームチーム」でみんなでいっしょに曲をプロモーションをしようと同調する人は殆どいなかった。

1.「ストリームチーム」とはプレイリストに参加しているアーチストが最低1回Spotify ならSpotifyで演奏すること

2. そして「ストリーム」したPlayerを演奏したことを証明するためのスクリーンショットを投稿する

Img_4622Img_4621

この作業に何の意味があるかというとSpotifyもApple等のその他のストリーミングのプラットホームはストリーミングされている曲の再生回数を管理しており、再生回数が急速に増える曲はプラットホームのアルゴリズムを刺激し、プラットホームの有力プレイリストへの誘導等、さまざまな再生回数を増やすための作動をしてくれるからである。

私は4か月以上さまざまなプレイリストに参加することによってアルゴリズムのプレイリストで曲が入るところまで来た

続きを読む "日本ではサブスクいまだ定着せず、プロモーションのためのストリームチーム構成断念。日本の音楽界の今後に懸念"

| | コメント (0)

2020年8月29日 (土)

安倍政権7年8ケ月が芸術文化に与えた影響ー広がった表現そのものと表現の多様性に対する無理解

昨日安倍晋三総理大臣が辞任を発表した。

安倍辞任に関する情報の総括は私の「音楽ではない」ブログの方に書いているので興味ある方は参照されたい。

■日本をメチャクチャにした安倍首相辞任ー7年8か月の在任期間に日本が失ったもの
https://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2020/08/28/235157

こちらのブログは確かに音楽や芸術関係に関してのブログだが、安倍政権の7年8ケ月は芸術、文化に対してさまざまな悪影響を及ぼした。正直どこから話を始めたらいいのかわからないくらい深刻な状況をもたらした。
まずは安倍晋三とその支持者が芸術文化に対していかに酷い態度を取った象徴的なできごとだ。星野源が新曲#うちで踊ろう で「コラボしよう」と呼びかけたTwitterのアカウントに安倍晋三、当時の首相がやらなくてもいいことをしたのである。

7

これのどこが問題なのかはこちらの記事をよんでいただきたいが、
■安倍総理が星野源のネットジャムセッションを台無しにした件ー日本人の音楽文化の無理解と軽視、文化に対する民度の低さ
http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2020/04/post-87f0e4.html

つまり

1.星野源の提供したネットのジャムセッションを台無しにしたこと

2.世の中のミュージシャンのための自らのコンテンツの提供をした星野源の善意を踏みにじったこと

3.星野源の人気を利用しながら、引用しながら最低限のネットエチケットも守らず明らかに音楽文化を軽視するような行動を日本政府の代表が行っていること

そしてこれが安倍政権と安倍シンパの文化全般に対するリスペクトの欠片もない姿勢、人格の軽視ぶりを象徴するできごとである。

どうも安倍シンパーネトウヨや「ネットのヒマ人」が主なんだろうが、芸術家やアーチストを人間だとは思っていないのではないかと思う節がある。いい例がアーチスト、ミュージシャンが政治に関する発言を行うたびに激しいバッシングが起きていた、そして今も起きている、という点だ。

奴らの言い分は以下の一言に集約される

・芸能人は政治にはシロウトだから政治的発言はするな! 黙ってろ!!

以前も書いたが、この発言には

(1) 自分の意見と違うものであっても発言することを否定するのはそのタレントの人格否定そのものである

(2) どんな職業であろうが日本国民であれば自国の政治に物申す権利はある。それが自由と民主主義の国の常識であり、人が発信する自由を脅かす行為は発信しようとする人間の人権侵害に当たる。また芸能人だから政治発言はするな、と圧力をかけるのは職業差別にもあたる

ネトウヨや「ネットの暇人」にはそれを理解する頭などないかもしれんが、安倍政権に入ってこういう人間のいうことの方があたかも正論であるかのように広まっていたというのは問題である。

参考記事

■「芸能人は政治発言するな!」は民主主義を理解しないアホの発言!それがあたかも正論のように広まる日本社会の深刻度と民度の低さ http://kyojiohno.cocolog-nifty.com/kyoji/2020/05/post-b7465b.html<

そして安倍政権も入ってアーチストの表現に対しても政治や一般の人間が介入することが起きた。

続きを読む "安倍政権7年8ケ月が芸術文化に与えた影響ー広がった表現そのものと表現の多様性に対する無理解"

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

文化庁継続支援共同申請を申請、一連の文化庁関係の企画作業終了 さて結果は?? あとは天命を待つのみ

昨日文化庁の継続支援の「共同申請」の文化庁サイトへの申請がようやく終了いたしました。いやー10人揃えるのに予想以上に苦労しました。第一次募集時に提出したかったんですが、いろんな事情でなかなかできませんでした。(汗) 二次募集は明日で締め切られますが果たして企画は通りますでしょうか?

私は6月末以来、継続支援の共同申請と別枠の「収益力強化事業」の2点の企画提出を行いここ2か月くらい時間を取られました。(「収益力強化事業」は「継続支援」とは別枠なので応募可能です)。継続支援はA-①(個人20万円),A-②(個人150万円)、B(法人その他小規模団体150万円) そして共同申請(10人で1500万円)の各部門があります。原則1個人、1法人1回のみの申請ですが、個人に関しては複数応募可能です。但し一人当たりの支給額の枠は最大150万円までです。そのため共同申請の場合だと一人頭150万より少なくなります、

Bunkacho_shinsei_final

果たして企画が通るのかどうなるのか、わかりませんが大事なことはダメ元でやってみることではないでしょうか?

企画提出してダメだったら諦めがつきますからね。何もやらないとあとで「あの時出しておけばよかった」と後悔しても後の祭りです

折角こういう機会がありますし、今後もこういう機会があるかどうかもわかりませんのでとにかくチャレンジするだけチャレンジしてみる、という考えが重要だと思います。

ここ数週間で結果がわかりますが、果たしてどうなることやら

ちなみに当初はやらないかもしれない、といっていた三次募集、A-① A-②B 共同申請いずれも9月12日ー9月30日までの第三次募集を行うことを決定したようです。
https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/

ちなみに第一次募集の申請数ですが、文化庁の発表ですとトータル11239件(A-①(個人20万円)6815件,A-②3195件(個人150万円)、B1100件(法人その他小規模団体150万円)、共同申請129件(2人以上10人まで一人頭150万円)だそうです。

今回の二次募集はどれだけ申請があったんでしょうね

 

 

 

| | コメント (0)

2020年8月23日 (日)

2年以内に「ポストコロナ」時代というがコロナ収束しても「コロナ以前」のあの時代はもう戻ってこない(音楽編)

ニュースにも取り上げられているが、世界中でコロナ感染拡大が止まらない中、コロナウイルスのワクチンの開発が急ピッチで進行しており、WHOのご存じテドロス事務局長は2年未満でコロナは収束するという期待を表明した。

■コロナ終息は「2年未満で」 WHOテドロス氏が言及
https://www.asahi.com/articles/ASN8Q3FLDN8QUHBI00N.html

さて、仮に今から2年以内に収束したと仮定して、音楽、映画、演劇いずれも「コロナ以前」に果たしてもどるだろうか?

劇場、コンサートホール、イベントホールは最初は慎重にソーシャルデイスタンスを取りつつも次第に「コロナ以前」に戻るかもしれない。(時間はかかると思うが..)

だが今回のコロナ収束後に全てが本当に何もかもが「コロナ以前に戻る」だろうか?どうも日本人の中でそう考えている人が多いように思う。その人たちの失望させるのは申し訳ないが、おそらくそうはならないだろう。残念ながら

詳しくは私のもう1つのブログにも書いてあるが

■仮にワクチンが無事普及しポストコロナ時代になっても「コロナ以前」には決して戻らない理由
https://kyojiohno.hatenadiary.com/entry/2020/08/22/225316

具体的には1)リモートの推進2)配信事業の発展が社会にもはや後戻りできないほどの大きな変化をもたらすことになる。

リモートの推進は都市の空洞化につながる。既にニューヨークやLAでそれが起き始めていて「家賃が高すぎる」都市からみんな脱出して家賃の安い田舎に移動してテレワークしている。これがアメリカでは既に当たり前になりつつある。(不動産業は壊滅的な打撃を受けるだろう)]

英語だが今ニューヨークで何が起きているかを如実に説明している記事がある

Shutterstock_16882391111024x683

「NYは今度こそ永遠に死んだーコロナで元にももどらない」
https://jamesaltucher.com/blog/nyc-is-dead-forever-heres-why/

その都市の空洞化で世界の都市でおきていること、これは東京も例外ではない。確実に同じことがおきる。

そして音楽や映画といったコンテンツで最も如実な変化が起きるのは「配信事業の発展」である。

続きを読む "2年以内に「ポストコロナ」時代というがコロナ収束しても「コロナ以前」のあの時代はもう戻ってこない(音楽編)"

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

CDの時代が終了! もはや待ったなし!! 映画も音楽も100年に一度という大変革の時代が到来している

このブログで私は何度も書いた。そして確信どころかもはや誰の目にも明らかである(はずだ)

100年にに一度という大変革の時代が到来している。
そしてその大変革は避けることはできない 

日本人は国民性として変化を好まない傾向があるが、音楽界は特に「ムラ社会」的傾向が強く変化というものを極端なほどに忌み嫌う

■NiziUの大ヒットが日本の音楽産業を打開する――ジャニーズ事務所は既得権益に縛られたまま
https://news.yahoo.co.jp/byline/soichiromatsutani/20200731-00191043/

この記事、まあ一見私の論調ににているように見えるが、それでも私からすればいささか視点がずれているようにも見える。いや、CDという商品形態はもう終わる、そしてこのコロナウイルスの影響でアイドルの握手券はもはや成立しなくなる、それらはその通り、というか「今さら」といっていい見解だ。そしてCDにこだわる日本の音楽業界の多数を旧態依然というのはその通りではある。だがこの手の日本の記事で決定的に欠けている視点がある。それはパッケージではなく配信、ストリーミングという形だけの問題ではない。もっと本質的なところを切りこまないといけない。

具体的にはコンテンツのビジネスが100年に一度の大変革の時代に来ているー殆ど革命ーといっていい時代に入っているのだ。どうもこの手の記事をみるとそこまで切り込んだ記事が見当たらないのだ。産業を根底から覆すパラダイムシフトが起きており、価値観そのものも大きく変化しているのだ。

例えばCDからストリーミング、サブスクリプションに商品が変わるというだけでビジネスモデルがこれだけ変わる

1) マーケットが国内だけでなく全世界になる。そのため「ワールドマーケット」を想定したコンテンツ作りをしなくてはならない。リリースされた作品は全て「全世界発売」になる。

2) ストリーミングのチャンネルは全て「グローバル企業」を通じてのものになり、ビジネスは全て「全世界共通のルールのもとで管理され、ビジネスは全て「データ」中心に解析される

これを読んでもおそらく多くの音楽事務所関係者は「意味がわからない」かもしれない

(1)のマーケットが「全世界販売」にならざるを得ないのはストリーミングの一回の単価が極端に低いためである。Sporifyは年ごとにMAU(有料契約者数)によって違うが1回再生あたり0.3円ー0.4円 比較的高いApple Musicでも1再生1円である。そのため日本の音楽業界が従来の通りに国内市場しか発売しない発想にたつとビジネスとしてはあまりにも小規模になってしまう。

しかしこれが全世界だとどうなるか、途端に再生回数が2ケタくらいあがる。チャートでトップのアーチストは月Sporifyだけで1億4000万―5000万再生を得ることができる。ストリーミングはSpotify以外にApple Deezer Amazon, Google Play その他のプラットホームを合わせると全世界で一月数億回の再生回数を得ることができる。これは全世界だからこそ、この数字になる

今までのように日本国内だけみていてもこの数字には決してならない

これは音楽だけでなく映画、映像でも同じである。NetflixやAmazon Primeの存在で映画制作が自動的に「全世界」を対象としたものになる。もはやコンテンツ制作でボーダーレス、グローバルな影響を避けることは不可能である、

続きを読む "CDの時代が終了! もはや待ったなし!! 映画も音楽も100年に一度という大変革の時代が到来している"

| | コメント (0)

«文化庁の文化芸術活動の継続支援事業、文化芸術収益力強化事業への企画作業